生命の階層とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > 生命の階層の意味・解説 

生命の階層

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/02/03 00:59 UTC 版)

生命の階層(biological organization)とは、還元主義によって生物を定義するのに用いられるヒエラルキーで、生物学的構造および体系を複雑系科学に基づき階層付けるものである[1] 。一般的に、その階層は原子から生物圏に及ぶ。生命の階層の上級部にある考え方として生態の階層、派生として階層的生態が挙げられる。




出典

  1. ^ a b Solomon, Berg & Martin 2002, pp. 9–10
  2. ^ Pavé 2006, p. 40
  3. ^ Postlethwait & Hopson 2006, p. 6
  4. ^ Montévil, Maël; Mossio, Matteo (2015-05-07). “Biological organisation as closure of constraints”. Journal of Theoretical Biology 372: 179–191. doi:10.1016/j.jtbi.2015.02.029. https://www.academia.edu/11705712/Biological_organisation_as_closure_of_constraints. 
  5. ^ Mossio, Matteo; Montévil, Maël; Longo, Giuseppe (2016-10-01). “Theoretical principles for biology: organization”. Progress in Biophysics and Molecular Biology. From the Century of the Genome to the Century of the Organism: New Theoretical Approaches 122 (1): 24–35. doi:10.1016/j.pbiomolbio.2016.07.005. https://www.academia.edu/27938405/Theoretical_principles_for_biology_organization. 
  6. ^ Huggett 1999
  7. ^ Pavé 2006, p. 39
  8. ^ Postlethwait & Hopson 2006, p. 7
  9. ^ Witzany, G (2014). “Biological Self-organisation”. International Journal of Signs and Semiotic Systems 3 (2): 1–11. 
  10. ^ Evans 1951
  11. ^ Evans 1956
  12. ^ Margalef 1975
  13. ^ O'Neill 1986
  14. ^ Wicken & Ulanowicz 1988
  15. ^ Pumain 2006
  16. ^ Jordan & Jørgensen 2012
  17. ^ Simon 1969, pp. 192–229
  18. ^ Simon's texts at doi:10.1207/S15327809JLS1203_4, polaris.gseis.ucla.edu/pagre/simon Archived July 5, 2015, at the Wayback Machine. or johncarlosbaez/2011/08/29 transcriptions
  1. ^ 「生物体は個体群を構成する要素である」という言い方は、一見して上位概念を用いて下位概念を説明できているように見えるが、「個体群は生物体によって構成されるものである(下位概念で上位概念を説明している)」と同義であり、生物体が何によって構成されているかを説明できていない。
  2. ^ 例えば、ヒトの脳細胞に消化酵素を分泌する機能を付け加えようとすると(細胞の階層)、「脳で食物を消化できる」という事実が発生する。しかし脳は本来消化器官ではないため、その器官について脳ではない何かを指すものとする新たな定義が必要となる(器官の階層)。更に、その新器官が神経中枢だけでなく消化機能も持つことから、新器官を消化器系に組み入れる必要があるほか、口から頭へつながる食道に相当するものの存在や、元々ある胃との関係まで説明しなければならなくなる(器官系の階層)。すると、神経系の中枢と消化機能を同時に果たす器官を持つ生物は生物学的に明らかに特異な性質を持っているため、その生物についてヒト以外の新たな定義を加えなければならない(生物体の階層)。これらの問題はヒトについて「神経の中枢機能と食物の一次消化を同じ器官で果たす動物」という客体を設定(客体の変更)すれば済む話だが、この場合、元々ヒトと呼ばれていた動物との整合性が発生する。


「生命の階層」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「生命の階層」の関連用語

生命の階層のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

ミクロゲオファーガス・アルテスピノーサ

イロロ

三津谷祐

ヒオドシユビウミウシ

高浜海水浴場

ナンキョクオキアミ

繻子貼りゲス

孟宗竹





生命の階層のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの生命の階層 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS