風とは?

かぜ [0] 【風】

( 名 )
空気動き一般に気圧の高い方から低い方に向かう平方向の空気流れをいう。 「 -が吹く」
人に対す社会全体態度。 「世間の-は冷たい」
ならわししきたり風習。 「芦原正しき国の-として/新千載 慶賀
名詞の下について,接尾語的に用いる。
様子態度素振りなどの意を表す。 「先輩-」 「役人-」
人をある気分にさせることを表す。 「臆病-に吹かれる」 → かぜ(風邪

【風

〔「風(ち)」の転〕
かぜ。他の語と複合して用いられる。 「疾(はや)-」 「追い-」

【ふ】[漢字]

【 不 】 [音] フ ・ブ
打ち消しの意を表す。 「 《 フ 》 不可不孝不在不日 ・不正 ・不法不明不用 ・不利 ・不和不合理 」 「 《 ブ 》 不恰好(ぶかつこう)不器量不作法不用心
【 夫 】 [音] フ ・フウ
おっと。 「 夫君夫妻夫婦(ふうふ)情夫夫唱婦随一夫多妻
おとこ。成年男子。 「 夫子(ふうし) ・丈夫 ・匹夫凡夫偉丈夫大丈夫 ・美丈夫
公共労役に出る男。また,一般に労働する男。 「 夫役(ぶやく)(ふえき)) ・駅夫漁夫工夫(こうふ)坑夫水夫人夫農夫
【 父 】 [音] フ
ちち。男親。 「 父兄父子父祖父母岳父義父厳父慈父祖父
ちちおやのような人。 「 国父神父
年とった男。 「 父老漁父(ぎよふ)
【 付 】 [音] フ
あたえる。 「 付与給付交付
よせる。たのむ。 「 付議付託
つける。つく。そえる。 「 付加付記付箋(ふせん)付則付属付着付録添付
【 布 】 [音] フ ・ホ
ぬの。 「 布衣(ふい)(ほい)) ・布巾(ふきん)布帛(ふはく)絹布湿布上布綿布毛布
配置する。 「 布陣布石布置
一面に散らす。並べる。散布塗布分布
広く行きわたらせる。 「 布教布告布施(ふせ)公布弘布(こうふ)(ぐぶ)) ・宣布頒布(はんぷ)流布(るふ)
おしひろげる。 「 布衍(ふえん)
【 巫[音] フ
みこ。かんなぎ。 「 巫覡(ふげき)巫蠱(ふこ)巫術巫女
【 扶 】 [音] フ
たすける。ささえる。 「 扶育扶助扶養扶翼
【 府 】 [音] フ
役所。 「 府中府庁官府政府幕府
みやこ。中心となるところ。 「 在府出府首府都府
人の集まるところ。 「 学府
ものの集まるところ。 「 怨府(えんぷ)
くら。文書財宝を入れるくら。 「 府庫秘府
地方公共団体の一。 「 府下府政
国の行政機関。 「 内閣府大宰府だざいふ鎮守府
【 怖 】 [音] フ
おそれる。おののく。こわい。 「 畏怖(いふ)恐怖
【 斧[音] フ
おの。まさかり。 「 斧鉞(ふえつ)斧鑿(ふさく)石斧雷斧
【 附 】 [音] フ
つく。つけ加える。 「 附加附記附言附箋(ふせん)附則附帯附着附録
つき従う。 「 附随附属附和親附 」 〔「付」とも書く。法律官庁などの表記では「附則」「附属」などには「附」を用いる〕
【 俘[音] フ
とりこ。捕虜。 「 俘囚俘虜
【 訃 】 [音] フ
人の死の知らせ。 「 訃音(ふいん)訃報
【 負 】 [音] フ
戦いにまける。まかす。 「 勝負
おう。せおう。 「 負荷負薪(ふしん)負担
こうむる。身にひきうける。 「 負債負傷
たのむ。たよりとする。 「 自負抱負
より小さい数。また,物理学で,電位の低いほう。マイナス。 「 負数正負
【 赴 】 [音] フ
向かって行く。おもむく。 「 赴援赴任
【 風 】
⇒ ふう〔風〕 [漢]
【 俯[音] フ
うつむく。ふせる。 「 俯瞰(ふかん)俯仰俯伏
【 浮 】 [音] フ
うく。うかぶ。 「 浮沈浮標浮遊浮揚浮力
はかないよりどころがない。 「 浮言浮世浮説
一定ていない。 「 浮動浮浪
【 埠[音] フ
はとば。船着き場。 「 埠頭
【 婦 】 [音] フ
結婚した女性。 「 賢婦産婦主婦新婦妊婦夫婦
おんな。女性。 「 婦女婦人毒婦裸婦
【 符 】 [音] フ
わりふ。文字を記し,二つに割って後日証拠したもの。 「 符契符合符節節符
証拠となる券や。 「 切符(きつぷ)免罪符
神仏守り札。 「 護符呪符(じゆふ)神符
記号。 「 符号符丁音符
【 傅[音] フ
もり。もりやくつきそうかしずく。 「 傅育師傅太傅
【 富 】 [音] フ ・フウ
とむ。ゆたか。 「 富家(ふか)(ふうか)) ・富強富国富有富裕富貴(ふうき)(ふつき)) ・貧富 ・豊富 」
とみ。財産。 「 巨富国富
富士」の略。 「 富岳
【 普 】 [音] フ
多くのものに通じている。並み。 「 普段 ・普通 」
普魯西プロシア」の略。 「 普墺(ふおう)戦争普仏戦争
【 腑[音] フ
こころ。心のなか。 「 肺腑
【 孵[音] フ
卵をかえす。卵がかえる。 「 孵化孵卵
【 腐 】 [音] フ
くさる。くさらす。 「 腐朽腐臭腐食腐肉腐敗腐爛(ふらん)防腐
ふるくさい。 「 腐儒陳腐
心をなやます。 「 腐心
大豆加工した食品。 「 豆腐
【 敷 】 [音] フ
しく。ならべる。敷設
ひろく行きわたらせる。おしひろげる。 「 敷衍(ふえん)
【 膚 】 [音] フ
はだ。からだの表皮。 「 完膚肌膚(きふ)雪膚髪膚皮膚
うわつらだけの。あさはかな。 「 膚浅
【 賦 】 [音] フ
わりあて。 「 月賦年賦
与える。さずける。 「 賦与
天からさずかるうまれつき。 「 賦質賦性天賦稟賦(ひんぷ)
詩歌作る。また,詩や歌。 「 早春賦
漢文文体一つ。 「 詩賦辞賦
【 譜 】 [音] フ
物事系統だてて書き並べたもの。 「 譜図印譜家譜棋譜系譜年譜皇統譜
音楽曲節符号で書いたもの。 「 暗譜音譜楽譜曲譜採譜

ふう [1] 【風】

( 名 )
ある範囲土地社会みられる生活様式ならわし。 「婚家の-になじめない」 「都会悪しき-に染まる」
性格的・精神的傾向。 「彼には生活を楽しむという-がある」 「小成に安んずる-がある」
方式。やり方。 「どんな-に説得するか悩む」 「私の発言そんな-にとらないで下さい
様子。状態。ふり。 「あんな-では,また,失敗する」 「何気ない-を装う」 「誠に-の悪さうな人体で/金色夜叉 紅葉
世間評判。 「隣家(となり)近所へ-の悪い思ひをする/疑惑 秋江
名詞の下に付いて,それに類する,その趣おもむきがある,などの意を添える。 「中国-の料理」 「西洋-の建物」 「勤め人-の男」 「職人-」
よくないにあたって起こるとされる病気風病。 「越後乳母,-いたみける頃/今鏡 御子たち
詩経」の六義(りくぎ)の一。各地方の民謡をいう。
形動ナリ
趣のあるさま。しゃれているさま。 「必ず女郎に-なる仕出しして見せて/浮世草子・禁短気
[句]

【ふう】[漢字]

【 封 】 [音] フウホウ
ふうじる。とじる。 「 封印封緘ふうかん封書封筒封入封蠟ふうろう開封厳封同封密封
とじこめる。 「 封鎖
ほうずる領地与え諸侯とする。 「 《 ホウ封建封侯封地封土封邑ほうゆう移封素封
さかい。境界。 「 《 ホウ封境
【 風 】 [音] フウ ・フ
かぜ。かぜがふく。 「 風雨風雲風化風向風雪風船風波風力風鈴強風薫風順風台風微風防風暴風涼風
ならわし。 「 風紀風習風俗風潮遺風校風古風弊風洋風
すがた。ありさま。 「 風格風采ふうさい風姿風体ふうていふうたい) ・風貌ふうぼう
けしき。 「 風景風光風物
味わいおもむき。 「 風韻風雅風趣風致風味風情(ふぜい)
様式。 「 洋風和風現代風 」
〔「諷」に同じ〕 あてこする。 「 風刺
うわさ。 「 風説風評風聞
なびかせる。おしえ。 「 風教風靡(ふうび)
病気。 「 風邪(ふうじや)中風
[音] フウ
カエデモミジ。 「 楓樹楓葉楓林
【 諷[音] フウ
それとなくいう。あてこする。 「 諷意諷戒諷諫ふうかん諷言諷刺諷喩(ふうゆ)
そらんずる。そらでよむ。 「 諷詠諷誦(ふうじゆ)(ふうしよう)(ふじゆ)) 」

ふり 【振り・風

[0][2] ( 名 )
振ること。振り方。 「バットの-が鈍い」
動作仕方様子。また,姿・容姿。 「知らない-をする」 「腰附,肩附,歩く-/歌行灯 鏡花」 「天性-よく見事に生(そだち)たるのごとし/耳塵集
踊りのしぐさ。また,歌舞伎などで,俳優所作。 「 -を付ける」
料理屋遊女屋などで,紹介予約のないこと。 「 -の客」
女物和服の袖の,袖付け止まりから袖下までの縫い合わせてない部分
方位角度をずらすこと。また,ずれていること。振れ。 「建ては建てたが,ちつくり笠に-がある/浄瑠璃一谷嫩軍記
下帯猿股などをつけてないこと。 「帯ひろ前の-になつて居るやうな/志都能石屋
分担負担させること。 「そんならなほしてそつちが-だぞ/洒落本三人酩酊
振り売り」の略。 「織る笠を市に-する(羽笠)冬の日
振袖」の略。また,「振袖新造」の略。 「片町の-を内へ呼び入/浄瑠璃夕霧阿波鳴渡
振り回し」の略。 「借銀かさみ,次第に-につまり浮世草子永代蔵 6
接尾
助数詞
振る動作回数を表すのに用いる。 「バット一-二-してからバッター-ボックスに立つ」
刀剣数えるのに用いる。 「太刀一-を贈る」

ぶり 【振り・風

名詞またはそれに準ずる語の下に付いて複合語をつくる。
状態・動作仕方あり方を表す。 「-」 「勉強-」 〔「歩きっぷり」 「男っぷり」 「飲みっぷり」のように「っぷり」となることがある
数量を表す語に付いて,分量それだけに相当することを表す。 「大-」 「五軒-もある家/鹿狩 独歩
時間を表す語に付いて,それだけ時間経過して,再び同じ状態になることを表す。 「五年-の帰郷」 「三日-の晴天
歌・和歌曲調調子を表す。 「万葉-」
古代歌謡,特に雅楽寮に伝わる歌曲曲名を表す。多く歌詞冒頭の語に付ける。 「天田(あまだ)-/古事記 下訓


(南の)風

分野
風向に関する用語
意味:
予報間内および予報区内の平均風向が(南)を中心に45度の範囲にあるとき。

(南よりの)風

分野
風向に関する用語
意味:
風向が(南)を中心に南東)から(南西)の範囲でばらついている風。
備考
a) 東、西、南、北の4方向のみに用いる。
b) 予報文には用いない。注意報警報情報文でも必要最小限とどめる

(東または南の)風

分野
風向に関する用語
備考
a) 音声伝達では「東の風または南の風」を用いる。
b) 予報区域内で、場所によって東の風が吹くところや南の風が吹くところがあるときに用いる。
c) 風向大きくばらつく予報好ましくないので多用しない。

英訳・(英)同義/類義語:wind

地表上の大気動き

中島 牧:風

英語表記/番号出版情報
中島 牧:風Vent

作者伊藤整

収載図書少年少女日本文学館 19 母六夜おじさんの話
出版社講談社
刊行年月1986.6


作者井上靖

収載図書井上靖全集 第4巻 短篇 4
出版社新潮社
刊行年月1995.8

収載図書井上靖全集 第7巻
出版社新潮社
刊行年月1995.11


作者内海隆一郎

収載図書島の少年
出版社河出書房新社
刊行年月1997.9


作者壺井栄

収載図書壺井栄全集 6
出版社文泉堂出版
刊行年月1998.4


作者赤江瀑

収載図書恋物語
出版社朝日新聞社
刊行年月1998.12


作者高畠

収載図書高畠初期作品集
出版社大阪文学学校葦書房
刊行年月1999.4


作者瀬戸内寂聴

収載図書
出版社新潮社
刊行年月2000.1

収載図書瀬戸内寂聴全集15みみらく風のない日々・髪 他
出版社新潮社
刊行年月2002.4

収載図書
出版社新潮社
刊行年月2002.8
シリーズ名新潮文庫


作者大城立裕

収載図書大城立裕全集 第9巻(短編 2)
出版社勉誠出版
刊行年月2002.6


作者堀田善衛

収載図書歯車至福千年堀田善衛作品集
出版社講談社
刊行年月2003.1
シリーズ名講談社文芸文庫


作者新木伸

収載図書あるある!夢境学園 4 恋の季節
出版社エンターブレイン
刊行年月2003.12
シリーズ名ファミ通文庫


作者小沼丹

収載図書小沼丹全集 第3巻
出版社未知谷
刊行年月2004.8


作者阿刀田高

収載図書猫の事件
出版社講談社
刊行年月1987.9
シリーズ名講談社文庫


作者竹久夢二

収載図書童話集
出版社小学館
刊行年月2004.8
シリーズ名小学館文庫

収載図書春―童話
出版社日本図書センター
刊行年月2006.4
シリーズ名わくわく!名作童話館


作者樋口郁恵

収載図書21人の四季ものがたり
出版社新風舎
刊行年月2005.2
シリーズ名新風舎文庫



作者幸田文

収載図書さざなみの日記
出版社講談社
刊行年月2007.4
シリーズ名講談社文芸文庫


作者林守

収載図書おやじの背中短編小説
出版社徳孤書房
刊行年月2007.12


作者徳永直

収載図書徳永直文学選集
出版社熊本出版文化会館
刊行年月2008.5


作者中野ユウキ

収載図書現在進行
出版社文芸社
刊行年月2008.10


風―勝負の日々

作者

収載図書飛車を追う
出版社健友館
刊行年月2001.11


作者西村望

収載図書消えない焔 下
出版社徳間書店
刊行年月1988.12
シリーズ名徳間文庫


作者筒井康隆

収載図書串刺し教授
出版社新潮社
刊行年月1988.12
シリーズ名新潮文庫

収載図書座敷ぼっこ
出版社出版芸術社
刊行年月1994.4
シリーズ名ふしぎ文学館

収載図書懲戒の部屋自選ホラー傑作集 1
出版社新潮社
刊行年月2002.11
シリーズ名新潮文庫


作者北方謙三

収載図書棒の哀しみ
出版社新潮社
刊行年月1990.10


作者増田みず子

収載図書夢虫
出版社講談社
刊行年月1991.5


作者皆川博子

収載図書愛と髑髏
出版社集英社
刊行年月1991.11
シリーズ名集英社文庫

収載図書皆川博子作品精華幻妖」―幻想小説
出版社白泉社
刊行年月2001.12

収載図書日本怪奇小説傑作集 3
出版社東京創元社
刊行年月2005.12
シリーズ名創元推理文庫


作者村松友視

収載図書桃のシャンパン―女の物語
出版社河出書房新社
刊行年月1994.10


作者斉藤

収載図書銀河鉄道からす座特急
出版社ポプラ社
刊行年月1995.5


読み方:かぜ

  1. 風俗専門巡査、又風俗壊乱取締りを厳重にする事を「けいはちふう」又は「けいはちかぜ」(警八風)と云ふ。警視庁第八項に其項あるより来る。
  2. 刑事のこと、又は、路上ででんすけ賭博などの一斉取締にあうこと。用例「かぜをくって、やくだった」(取締にあたってさいなんだった)。〔一般犯罪
  3. 刑事のこと。または、路上賭博一斉取締に会うこと。〔香具師不良

分類 犯罪香具師不良


読み方:かぜ

  1. 警官追跡せらるるを云ふ、「きたかぜ」の略。

読み方:かぜ

  1. 風俗専務巡査警視庁管内)。〔第二類 人物風俗
  2. 刑事多治見 不良仲間
  3. 風俗係の警官。〔死〕〔掏摸
  4. 風紀巡査語頭字のみをいう。〔不〕

分類 不、不良仲間掏摸


読み方:かぜ

  1. 扇のこと。〔芸能寄席落語)〕
  2. 隠語〕扇のこと。
  3. 扇子

分類 寄席寄席落語芸能


読み方:ばらみ,ぱらみ

  1. 途上掏摸犯。〔朝鮮人隠語
  2. 掏摸をいふ。〔朝鮮人語〕
  3. 途上掏摸犯を云ふ。

分類 朝鮮人朝鮮人

隠語大辞典は、明治以降の隠語解説文献や辞典、関係記事などをオリジナルのまま収録しているため、不適切な項目が含れていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

読み方
かぜ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/07/30 07:35 UTC 版)

(かぜ)とは、空気流れのこと、あるいは流れる空気自体のことである。




[ヘルプ]
  1. ^ 出典:広辞苑
  2. ^ 地形等の影響とは、風の中に物体があるとカルマン渦という乱流が生じるが、不特定多数の障害物によって複雑な乱流が生じて、突発的に風速が増すことである。


「風」の続きの解説一覧

出典:『Wiktionary』 (2012/02/12 10:35 UTC 版)

読み

名詞

  1. かぜ空気流れ
  2. かぜ)ある勢力勢い

翻訳

接尾辞

  1. フウ)(特にある地域の)特徴を有した。
  2. かぜ)ある身分仮託して、居丈高になる様子
    先輩風

関連語

熟語


※ご利用のPCやブラウザにより、漢字が正常に表示されない場合がございます。
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence. Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.





品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「風」の関連用語

1
100% |||||


3
100% |||||


5
92% |||||

6
92% |||||

7
92% |||||

8
92% |||||

9
92% |||||

10
92% |||||

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

洗桶

スジナツメ属の1種

広島ラーメン

キハ2501

軌道敷内通行可

CNG 船

ダブ南

なわ編み針





風のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2016 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
気象庁気象庁
©2016 Japan Meteorological Agency. All rights reserved.
なお、「気象庁 予報用語」には、気象庁の「気象庁が天気予報等で用いる予報用語」に掲載されている2009年11月現在の情報から引用しております。
JabionJabion
Copyright (C) 2016 NII,NIG,TUS. All Rights Reserved.
社団法人全日本ピアノ指導者協会社団法人全日本ピアノ指導者協会
Copyright 1996-2016 PianoTeachers' National Association of Japan
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
皓星社皓星社
Copyright (C) 2016 株式会社皓星社 All rights reserved.
EDRDGEDRDG
This page uses the JMnedict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの風 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
漢字辞典
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence.
Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Distributed under the Terms of Use in http://www.unicode.org/copyright.html.
Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.

©2016 Weblio RSS