バイオマスとは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 産業 > 農業 > バイオマス > バイオマスの意味・解説 

バイオマス [1] 【biomass】

ある時点にある空間内に存在する生物の量。重量またはエネルギー量で表す。生物量生物体量
エネルギー源または化学・工業原料として利用される生物体。また、生物体をそのよう利用すること。

バイオマス(ばいおます)(biomass)

生物体を原料にしたエネルギー資源総称

現在主流化石燃料対比する形で、植物動物(特に、微生物)などの生物体を原料にするエネルギー資源のこと。生物資源と訳されることが多い。

石油石炭などの化石燃料普及する以前は、「まき」や鯨油のようなバイオマスの利用が多かった。化石燃料は、現在の埋蔵量から推定すると、数十年後の将来に底をつくと考えられていることから、バイオマスの利用熱い視線が集まっている。

バイオマスは、そのまま燃焼させて利用する「まき」をはじめ、生ごみなどの廃棄物発酵させてアルコール取り出したり、熱化学変換によってガス化させたりしてエネルギー源とする。自動車メーカーの間では、穀物発酵させて抽出しエタノールガソリンに混ぜて自動車燃料使用するといった高度な研究開発進んでいる。

(2002.07.05更新


バイオマス

 「再生可能な生物由来有機資源で、化石資源を除いたもの」。バイオマスは、地球降り注ぐ太陽エネルギーを使って、無機物である二酸化炭素から、生物光合成によって生成した有機物であり、私たちライフサイクルの中で、生命太陽エネルギーある限り持続的再生可能な資源である。

バイオマス

英語 biomass

もともとは生物学用語。バイオマスエネルギーという場合は、光合成によって生物が生み出し物質原料としたエネルギーをいう。植物内の成分は、発酵作用バクテリア分解作用で、メタンガスエタノールなどを生み出す原料となる。このバイオマスから生まれ燃料バイオ燃料という。石炭石油などの化石燃料同じく燃やせば二酸化炭素発生するが、もともと植物大気中から光合成取り込んだものなので、植物資源再生すれば大気中の二酸化炭素濃度は上がらない。そのため地球温暖化化石燃料枯渇に対応したエネルギー資源として注目されている農林水産省では、2002年12月バイオマス・ニッポン総合戦略策定し、バイオマスの総合的利活用をはかることになった。

※「大車林」の内容は、発行日である2004年時点の情報となっております。

バイオマス

読み方ばいおます
【英】: biomas energy

バイオマスとは、元来生物量」を意味する生態学用語であるが、最近では、まとまった量を集積してエネルギー化学工業原料などに使うことができる動植物資源指している。
従来から燃料としても利用されてきたが、化石燃料枯渇認識されるようになって注目されるようになった太陽エネルギー植物の光合成作用により変換し、貯蔵利用する一つ方法考えることができる。現在利用可能なバイオマス資源は、さとうきびとうもろこし、いもなどのでん粉糖質作物海藻クロレラなどの水生植物天然ゴムなどのゴム植物、やしなどの油脂植物アオサンゴユーカリなどの石油植物および木材が挙げられる。これら栽培植物のほかに、農林畜産廃棄物産業廃棄物利用できる。栽培植物からは糖・でん粉発酵によるエタノール抽出分離化学処理による炭化水素などが生産され、廃棄物からはセルロース発酵によるエタノールメタン発酵メタン生産される。現在、地球上には約2兆トンのバイオマスが賦存しており、毎年 2,000トン再生産されている。世界のどの地域でも生産が可能で、比較手近技術により利用可能な資源であるが、実用化するには燃料にするまでの収獲集荷、処理、輸送などへの投入エネルギーコスト差し引いて考え必要がある

バイオマス

エネルギー利用できる生物体量Biomass)のこと。言い換えれば太陽エネルギー貯え種々の生物体の総称。バイオマスのエネルギーへの種類については、大きく分けて栽培作物系(陸域系と水域系)と廃棄物系(農林水産畜産系と廃棄物系)がある。その利用方法には、燃焼して発電を行うほか、アルコール発酵メタン発酵などによる燃料化がある。

バイオマス

【英】:biomass

太陽エネルギー植物の光合成によって生体内固定蓄積されたもの。具体的には,生物の体やふん尿などを意味する。バイオマスには,炭素水素含まれるため,燃やせばエネルギー源となる。木炭などはこのバイオマスの一種おがくずなどの廃棄物ペレット燃料化するものやふん尿などを発酵させてメタンガス取り出すものなどがあり,代替エネルギーとして注目を浴びている。

バイオマス

英訳・(英)同義/類義語:biomass

環境中の生物由来有機物産物副産物廃棄物を含む。単に生物由来材料エネルギー資源的な意味で使うこともある。

バイオマス

【英】: Biomass
一般的に植物の光合成によって作り出される再生可能な生物由来有機資源のこと。化石資源を除いたものを指す。

バイオマスには生ゴミ家畜排泄物などの「廃棄系バイオマス」、もみ殻稲わらなどの「未使用バイオマス」、トウモロコシなどの「資源作物」に分類される。

バイオマスは、エネルギープラスチックなどの製品農作物作る肥料など、様々な形で利用することができる。また、二酸化炭素を増やさないなど環境へのメリット大きい。しかし、バイオマスを集めるのに手間がかかるため、十分に利用されていない

バイオマス biomass

全体 ★☆☆☆ 60歳以上 ★☆☆☆

凡例

生物由来資源

稲わらはもちろんおがくず米ぬかなど様々なバイオマス生物由来資源原料として利用できることと

意味説明

エネルギーなどとして利用することができる,生物由来する資源

その他の言い換え語例

植物由来資源


バイオマス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/01/17 00:13 UTC 版)

バイオマス (biomass) とは生態学で、特定の時点においてある空間に存在する生物bio-)の量を、物質の量(mass)として表現したものである。通常、質量あるいはエネルギー量で数値化する。日本語では生物体量、生物量の語が用いられる。植物生態学などの場合には現存量(standing crop)の語が使われることも多い。転じて生物由来の資源を指すこともある。バイオマスを用いた燃料は、バイオ燃料(biofuel)またはエコ燃料 (ecofuel) と呼ばれている


[ヘルプ]
  1. ^ 「バイオマス・ニッポン総合戦略」本文 1ページ - バイオマス・ニッポン - 農林水産省
  2. ^ NEDO海外レポート No.994、2007年2月7日
  3. ^ Technobahn、2008/1/15 05:18の記事
  4. ^ バイオマス情報ヘッドクォーター
  5. ^ 資源エネルギー庁が木質バイオマス混焼発電を推進(新エネルギー財団)
  6. ^ 政府バイオマス関連事業、8割以上効果なし 総務省”. 日本経済新聞. 2011年2月15日閲覧。
  7. ^ a b バイオマスの利活用に関する政策評価<評価結果及び勧告>、総務省、2011年3月
  8. ^ http://www.civil.miyazaki-u.ac.jp/~dyken/ronbun/ronbun/01baba.pdf
  9. ^ バイオ燃料用作物、無秩序栽培は生態系破壊…国連報告書 読売新聞、2008年(平成20年)5月4日。
  10. ^ レスター ブラウン「フード・セキュリティー―だれが世界を養うのか」、ワールドウォッチジャパン、2005年4月ISBN 978-4948754225
  11. ^ 三菱総合研究所、バイオ燃料とライフサイクルアセスメント〜良いバイオ燃料、悪いバイオ燃料の選別〜、2007.12.25
  12. ^ " WiredVision、2006年2月8日の記事
  13. ^ セルロースを分解しディーゼル、アルコール等を作る新しい微生物
  14. ^ 正念場を迎えた米国の第二世代バイオエタノール(2)
  15. ^ 食料と競合しないバイオ燃料
  16. ^ シロアリによるバイオエタノール製造に弾み
  17. ^ シロアリがエタノール生産の救世主に? 代替燃料技術の現在
  18. ^ シロアリの腸からバイオ燃料生産効率を高める新酵素を発見
  19. ^ 国エネルギー省(DOE: Department of Energy)の共同ゲノム研究所
  20. ^ “廃材をバイオ燃料に”. 沖縄タイムス ( 沖縄: 沖縄タイムス): pp. 1面. (2008年7月3日) 
  21. ^ シロアリの新しい利用法
  22. ^ シロアリ腸内共生系の高効率木質バイオマス糖化酵素を網羅的に解析
  23. ^ バイオエネルギー生産のためのシロアリ共生系高度利用技術の基盤的研究
  24. ^ 三菱総合研究所、バイオ燃料とライフサイクルアセスメント ~良いバイオ燃料、悪いバイオ燃料の選別(2)~、2008.3.7


「バイオマス」の続きの解説一覧

バイオマス

出典:『Wiktionary』 (2009/07/08 14:00 UTC 版)

バイオ マス

名詞

  1. 植物総量
  2. 生物エネルギーとして利用すること。

語源

英語:biomass音写

関連語

  • 熟語:バイオマス・アルコール





バイオマスと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

バイオマスに関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「バイオマス」の関連用語

バイオマスのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

エンジン回転数感応式パワーステアリング

非爆薬震源

プレマシー

二項分布

リチウムイオン電池

ディシジョン・ツリー

新井敏弘

キー・シート





バイオマスのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2017 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
時事用語のABC時事用語のABC
Copyright©2017 時事用語のABC All Rights Reserved.
農林水産省農林水産省
Copyright:2017 The Ministry of Agriculture, Forestry and Fisheries of Japan
三栄書房三栄書房
Copyright c San-eishobo Publishing Co.,Ltd.All Rights Reserved.
JOGMECJOGMEC
Global Disclaimer(免責事項)
本資料は石油天然ガス・金属鉱物資源機構(以下「機構」)石油・天然ガス調査グループが信頼できると判断した各種資料に基づいて作成されていますが、 機構は本資料に含まれるデータおよび情報の正確性又は完全性を保証するものではありません。 また、本資料は読者への一般的な情報提供を目的としたものであり、何らかの投資等に関する特定のアドバイスの提供を目的としたものではありません。 したがって、機構は本資料に依拠して行われた投資等の結果については一切責任を負いません。 なお、本資料の図表類等を引用等する場合には、機構資料からの引用である旨を明示してくださいますようお願い申し上げます。
※Copyright (c) 2017 Japan Oil, Gas and Metals National Corporation. All Rights Reserved.
このホームページに掲載されている記事・写真・図表などの無断転載を禁じます。
プラスチック処理促進協会プラスチック処理促進協会
Copyright(C) Plastic Waste Management Institute All Rights Reserved.
社団法人日本造園組合連合会社団法人日本造園組合連合会
JAPAN FEDERATION OF LANDSCAPE CONTRACTORS 2017 All rights reserved
JabionJabion
Copyright (C) 2017 NII,NIG,TUS. All Rights Reserved.
バイテクコミュニケーションハウスバイテクコミュニケーションハウス
copyright© communication house of biotechnology
農林水産省
独立行政法人国立国語研究所独立行政法人国立国語研究所
(c)2017 The National Institute for Japanese Language
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのバイオマス (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのバイオマス (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2017 Weblio RSS