ナビ派とは?

Weblio 辞書 > 文化 > 美術用語 > ナビ派の意味・解説 

ナビ は 【ナビ派】 〔Les Nabis〕

ゴーガン芸術観の影響下に,1890年代フランスでドニ・セリュジエを中心に結成された画家集団神秘主義的かつ装飾的画面構成特徴

ナビ派

近代美術史の中にたびたび現れる~派という名称の大半は、第三者グループ化して命名したものだが、ナビ派は、グループ化命名も。参加した画家一定の方向模索して表現する目的自発的に行った。「ナビ」というのは、ヘブライ語で「予言者」を意味し、代表的画家は、ボナールヴュイヤールドニなど。

ナビ派

読み】:ナビハ
【英】:NABIS

ポン=タヴェン派一人ポール・セリュジエ中心となって、ゴーギャン様式基礎パリで結成したグループナビという語はヘブライ語の「預言者」を意味する言葉である。理論的リーダーモーリス・ドニは、主観的態と客観的形態交感、すなわち感情等価物、一種心理的事実あらわれとして芸術作品をとらえている。それに加えてナビという語に端的にみられるように、彼らはゴーギャンのやり方を一種宗教啓示として受けとめており、彼らの作品いきおい象徴的要素秘めている上記2人の他ボナールヴュイヤールなどが参加し、トゥールーズ・ロートレックマイヨール一時期彼らと関係があった。また作曲家ドビュッシー小説家プルーストらもかかわりをもっていた。彼らの間には、印象主義への反動や、色彩歪曲した線の装飾的使用など、共通点があるものの、強いまとまりはなく、1899年のデュラン・リュエル画廊での展覧会以降は、ばらばらに活動した。

ナビ派

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2015/10/20 09:29 UTC 版)

ナビ派(ナビは、Les Nabis)は、19世紀末のパリで活動した、前衛的な芸術家の集団。「ナビ」はヘブライ語預言者を意味する。




  1. ^ 高階・上 (1975: 186-87)。
  2. ^ 高階・上 (1975: 188)。
  3. ^ 高階・上 (1975: 185-86, 189-90)。
  4. ^ 高階・上 (1975: 188)。
  5. ^ 高階・上 (1975: 192)。
  6. ^ 高階 (2008: 130-31)。
  7. ^ 高階 (2008: 211-12)。
  8. ^ 高階 (2008: 146-47)。
  9. ^ 高階 (2008: 108-09)。


「ナビ派」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

ナビ派に関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「ナビ派」の関連用語

ナビ派のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

灰バナジンざくろ石

アセビ

グラファイト シャフト

コーヒー博物館

W56T

2000系

RF-4E

Yラグ





ナビ派のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2016 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
横浜美術学院横浜美術学院
Copyright © 2016 横浜美術学院 AllRights Reserved.
徳島県立近代美術館徳島県立近代美術館
Copyright:徳島県立近代美術館.2016
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのナビ派 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2016 Weblio RSS