デカルトとは?

デカルト 【René Descartes】 ○

1596~1650) フランスの哲学者・数学者自然学者機械論自然学体系化幾何学代数学総合に努め,それらの基礎づけとしてスコラ哲学にかわる新し形而上学構想方法的懐疑をくぐり抜けコギト-エルゴ-スム発見に至った。純粋知性たる人間精神延長体としての全宇宙を数学的把握できるとし,徹底した物心二元論哲学を展開した。哲学論文方法序説」「哲学原理」「省察」など。

デカルト (Descartes, Rene)

デカルトという人は

ルネ・デカルト ルネ・デカルト

フランス中部トゥーレーヌ地方のラ・エイに、高等法院評定官で法服貴族家系として生まれ10 歳でイエズス会ラ・フレーシュ学院入学してスコラ的学問飽き足らず思い卒業後は「世間という大きな書物」において学ぼうと決意して旅に出る。 1618 年志願将校としてオランダ軍入りオランダ医師イサーク・ベークマンと知り合い物理数学研究への刺激を受け、やがて「普遍数学」の構想達する。 32 歳のときオランダに移住する。

地動説を重要な内容とした『宇宙論』の構想をもつが、 1633 年地動説唱えガリレイローマ宗教審問所で有罪になったことから公刊断念する。 いざ印刷というときであった。

我思う、故に我あり」とはデカルトの残した名言である。

デカルトの主な経歴

1637年オランダライデンで”方法叙説”を発刊する。 正式な書名は「理性正しく導き学問において真理探究するための方法序説加えてその方法試みである屈折光学気象学幾何学」である。

屈折光学」では光の性質について触れているのだが、この問題は後にニュートン粒子説ヤングホイヘンス波動説激し論争が展開される。 嫌気がさしたニュートン最終的に光の研究から身を引くことになるのだが、 デカルトの説は粒子説とも波動説ともとれる内容であるため、玉虫色と評されることがある

ルネ・デカルト

方法叙説”はヨーロッパ近代思想的な地平開き精神物質二元論意識自然観などの概念とともに当時思想的な著作ラテン語で書かれるのが常であったのを、初めフランス語で書かれた哲学書としても評価されている。

キリスト教教義弁証するため、 アリストテレス哲学を用いた形式的論法発展させたスコラ的学問呼ばれるものがヨーロッパ席巻していた。 アリストテレス哲学当時では大前提であり、無批判受け入れ長い歴史があった。 このような時代背景のなか、デカルトはこれを超える考え方、 つまり「我思う、故に我あり」といった、世間どうあれ自分はこう考えるという哲学は、教会にとっては危険なものであったといえるオランダに隠れ、やがてはデカルトの考え賛同する人が現れていく。こうして新し時代生まれていった


デカルト

名前 Descartes

デカルト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2013/05/06 01:40 UTC 版)

デカルト (Descartes)




「デカルト」の続きの解説一覧





デカルトと同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「デカルト」の関連用語

デカルトのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

画像から探す

モールス

ゲーリッケ

カルノー

ミュッセンブルーク

カルノー

ファラデー

アラゴ

デービー





デカルトのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2017 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
電気史偉人典電気史偉人典
Copyright(C) 2017 電気史偉人典 All rights reserved
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのデカルト (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS