レアとは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 生物 > > > レアの意味・解説 

レア [1]ラテン Rhea】

ダチョウ目レア科ダチョウに似るがやや小さく体高約1.2メートル多く灰褐色で,白色のものもある。足指は三本。翼は退化して飛べない。雄が地上に巣をつくり,複数の雌が集まり産卵抱卵もひなの世話も雄がする。ブラジル・アルゼンチンのパンパ生息

レア 【Rheā】 ○

ギリシャ神話女神ウラノスガイア娘。兄弟クロノスの妻となって,男神ハデス・ポセイドン・ゼウス・女神ヘスティア・デメテル・ヘラを生む小アジア大母キュベレ同一視された。

レア [1] 【rare】

ビーフ-ステーキ焼き方で,強火で肉の両面をさっと焼いただけの,中はほとんど生のもの。生焼き。 → ウエル-ダンミディアム

レア [1] 【rare】

形動
きわめてまれなさま。非常に珍しいさま。 「 -なケース

レア 【Rhea】

ギリシア神話で、ゼウスポセイドンらの母神。レイア(Rheia)とも。弟のクロノス夫婦になったが、クロノス生まれてくる子を飲んでしまうため、末子ゼウスだけはひそかにクレタ島育てた。ローマ人豊穣女神オプスOps)と同一視する。

レア 【Leah】

古代イスラエル族長ヤコブの妻。ヤコブはラケル愛したが、彼女の父の計略ベールで顔を隠したレアをめとらされた。目が弱くラケルより美しくなかったが、ユダをはじめ六部族名祖次々に産んだ(『創世記』)。

レア(一般和名); アメリカダチョウ

商業名:Common Rhea
学名Rhea americana

アメリカ大陸棲む鳥の中では最大です。外観アフリカダチョウ似ているところから、アメリカダチョウ異名あります
体高は1.2~1.5メートル体重2040キログラム位です。羽根を抜いた後の軸痕の突起模様小さく、皮の面積小さく皮質も薄いのが特徴です。
ブラジル北東部からアルゼンチン中央部にかけての、パンパス地帯生息しています。この他には、ペルー南部からアルゼンチン南部にかけてのアンデス高原みられるダーウィンレアがいますが、小型過ぎて革としての需要はありません。

レア

レア

名前 LéaReaLeaLeahLairLearLehrLeiaRhea

レア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2015/12/30 18:24 UTC 版)

レア

Leah
Rare
Reah
  • レア - 日本ファルコムのコンピュータRPG『イースI』の登場人物。時折 Leah や Lair と綴られる事もある。
Rhea
Lea
その他






レアと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

レアに関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「レア」の関連用語

レアのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

ビルマニシキヘビ

ニューギニアワニ

ナイルワニ

シャムワニ

ミシシッピーワニ

アオザメ

タテゴトアザラシ

アミメニシキヘビ





レアのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2016 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
中経出版中経出版
Copyright (C) 2016 Chukei Publishing Company. All Rights Reserved.
全日本爬虫類皮革産業協同組合全日本爬虫類皮革産業協同組合
Copyright 2016 ALL JAPAN ASSOCIATION OF REPTILES SKIN AND LEATHER. All Rights Reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのレア (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2016 Weblio RSS