上限とは?

じょう げん じやう- [0] 【上限】

上の方の限界。 「必要経費は,一〇〇万円を-として認める」
時代の,古い方の限界。 「この種の石器紀元前一万年を-とする」
〘数〙 実数集合の上界の最小元
▽↔ 下限


上限(じょうげん)

その機体サイズ飛行できる上の限界、つまり最大飛行重量のことを口語にした場合表現
「上限で乗っている。」「上限いっぱいで乗っている。」「上限はいくつ?」など。

上限

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2015/08/18 23:21 UTC 版)

上限(じょうげん)




「上限」の続きの解説一覧

上限

出典:『Wiktionary』 (2011/06/18 18:08 UTC 版)

名詞

(上限)

  1. 限界
  2. 時代古い限界
  3. 数学用語
    1. 上界のうちで最小。もとの集合に対していう。
    2. 定積分で、積分区間限界上端。⇔下限

対義語

翻訳

語義1

語義3






上限と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

上限に関連した本

「上限」に関係したコラム

  • FXのブレイクアウトの見方

    ブレイクアウト(break out)とは、為替レートが一定期間に一定の方向で推移していた状態から逸脱することです。ブレイクアウトの典型的なパターンとしては、FXで為替レートが長期間、上がったり下がった...

  • FXのレバレッジ規制とは

    FX(外国為替証拠金取引)のレバレッジ規制とは、2009年8月3日に公布された「金融商品取引業等に関する内閣府令」を根拠法として、金融庁がFX業者のレバレッジを規制することです。金融商品取引業等に関す...

  • FXのチャート分析ソフトMT4のRVIの見方

    FX(外国為替証拠金取引)のチャート分析ソフトMT4(Meta Trader 4)のRVIの見方について解説します。RVIは、MT4のナビゲーター画面の「罫線分析ツール」に登録されています。チャート画...

  • FXのチャート分析ソフトMT4でサポートラインとレジスタンスラインを自動で表示するには

    サポートラインとレジスタンスラインは、為替レートがレンジで推移している時にレンジの下限と上限に水平線を引いたもので、ブレイクアウトを見つけるために用いられます。FX(外国為替証拠金取引)のチャート分析...

  • 株式のストップ安・ストップ高の値幅制限は

    日本の証券取引所に上場している株式の株価には、投資家の利益を保護することを目的として値幅制限が設けられています。値幅制限の値幅は、前日の終値を基準とした上下の一定範囲で、終値の値段により異なります。ス...

  • 株365の必要証拠金額は

    株365の必要証拠金額は、株365を取り扱う証券会社が東京金融取引所の算出した株価指数証拠金基準額を参考に設定しています。東京金融取引所の株価指数証拠金基準額の算出方法は次の通りです。各銘柄について、...

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「上限」の関連用語

上限のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

チェストベルト

揚力

エンジンユニット

ウイングオーバー

リッジソアリング

ウインドソック

ヘルメット

アマチュア無線





上限のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2016 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
浜名湖パラグライダースクール浜名湖パラグライダースクール
Copyright (C) 2016 浜名湖パラグライダースクール All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの上限 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの上限 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2016 Weblio RSS