独占禁止法とは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 方式・規則 > 法令・規則 > 法令 > 経済法 > 独占禁止法の意味・解説 

独占禁止法

正式には「私的独占の禁止及び公正取引の確保に関する法律」といい、公正で自由な経済競争促進目的とした経済憲法といえる基本理念は3つあり、(1)私的独占トラスト)の禁止、(2)不当な取引制限カルテル)の禁止、(3)不公平な取引方法禁止、である。

独占禁止法(どくせんきんしほう)


特許法発明独占を許すものであるのに対し、独占禁止法は私的独占禁止するものである。したがって、両者の間になんらかの調整が必要となる。そのため、独占禁止法では、著作権法特許法意匠法商標法による権利行使には、独占禁止法を適用しない旨の規定がされている(独占禁止法第23条)。


独占禁止法

この法律はその名前が示す通り市場における公正かつ自由な競争促進し、国民経済の健全な発展消費者利益を守ろうとするもので、簡単に要約すると次のような行為を禁止している。 1.独占寡占、 2.カルテル、3.不公正取引き方法で、このうち最後の「不公正取引き方法」については、公正取引委員会がその内容指定しており、業界別になされるものと、全企業対象とするものの二種類がある。前者を「特殊指定」、後者を「一般指定」と呼ぶ。そして「一般指定」には全部十六項目があり、そのうちいくつかフランチャイズに関係してくる。具体的には公正取引委員会が「フランチャイズガイドライン」を発表し、本部加盟店間のフランチャイズ契約に於いて、独占禁止法に抵触する契約取引行為を明確にしているので、本部自己のフランチャイズパッケージ内容に、このガイドライン抵触する部分がないかどうか、よくチェックしておく必要がある。 関連用語→公正取引委員会フランチャイズガイドライン

独占禁止法

正式にいうと、「私的独占禁止及び公正取引確保に関する法律」であり、1947年制定企業行動憲法ともいわれている。公正で自由な競争促進消費者利益確保目的とし、広告直接関連する項目としては、同法規定する「公正な取引法」で「ぎまん的顧客誘引」と「不当利益による顧客誘引」がある。独占禁止法の特殊指定には「オープン懸賞告示」があり、同法補完法には景品表示法下請法などがある。

独占禁止法

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2014/02/12 08:49 UTC 版)

独占禁止法(どくせんきんしほう)または競争法(きょうそうほう)とは、資本主義市場経済において、健全で公正な競争状態を維持するために独占的、協調的、あるいは競争方法として不公正な行動を防ぐことを目的とする法令の総称ないし法分野である。「独占禁止法」では、法律の略称と紛らわしいため、区別を明確にする際には「競争法」との呼称が用いられることがある。


[ヘルプ]
  1. ^ a b 小瀧麻理子「M&Aに中国独禁法の壁 過剰気味の親心、外国勢ピリピリ」『日経ビジネス』2009年7月6日号 株式会社日経BP
  2. ^ a b 柏木理佳「【5】人脈作りのために国営企業を望む学生が増加」『日経ビジネスオンライン』日経BP社、2008年5月29日付配信
  3. ^ 中国;外資に関する規制日本貿易振興機構(JETRO)


「独占禁止法」の続きの解説一覧





独占禁止法と同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

独占禁止法に関連した本

独占禁止法に関係した商品

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「独占禁止法」の関連用語

独占禁止法のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す




独占禁止法のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2014 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
JERICHO CONSULTINGJERICHO CONSULTING
Copyright (C) 2014by Jericho Consulting Co.,Ltd. All Rights Reserved.
特許庁特許庁
Copyright © Japan Patent office and INPIT. All Rights Reserved.
古谷国際特許事務所古谷国際特許事務所
(C)1992-2014 FURUTANI PATENT OFFICE
フランチャイジングJPフランチャイジングJP
Copyright(C)1999-2014 franchising.jp All rights reserved
広告転職.com広告転職.com
Copyright(C) 2014 Total Brain co., ltd. All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの独占禁止法 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2014 Weblio RSS