狂牛病とは?

きょうぎゅう びょう きやうぎうびやう [0] 【狂牛病】

牛海綿状脳症うしかいめんじようのうしよう)

狂牛病(きょうぎゅうびょう)

動物から人間にうつる感染症のひとつ

牛が狂牛病に感染すると、脳を冒され、歩くことさえできなくなる。その後は、死に至る。牛が狂ったように見えることから、「狂牛病」と呼ばれる

狂牛病は、プリオンという特殊なたんぱく質病原体となって感染する。脳に小さな穴が無数に開き、その様子スポンジ状に見えるのが特徴だ。そのため、狂牛病の正式名称は、ウシ海綿状脳症となっている。新たな感染を防ぐため、狂牛病が確認された牛、またはそのおそれのある場合処分される。

1986年イギリス初めて狂牛病が見つかった発見された当時は、人への感染はないと考えられていたが、1996年になって、クロイツフェルト・ヤコブ病との関係が指摘された。その後牛肉安全性を不安に思う消費者心理もあって、EU諸国中心に社会的大問題となった。

牛から人への感染により、イギリスでは、すでに死亡例が出ている。まだ狂牛病の研究進んでいるとは言えないため、感染経路解明するとともに、必要な対策早急に取る必要がある専門家によると、普段食べている牛肉乳製品などから人へ感染するリスクきわめて低いとされている。

農林水産省厚生労働省は、人獣共通感染症としての狂牛病が日本にも上陸したことを受けて、その対応に追われている。

関連キーワード「クロイツフェルト・ヤコブ病

(2001.09.27更新


ウシ海綿状脳症

同義/類義語:狂牛病
英訳・(英)同義/類義語:bovine spongiform encephalopathy, BSE , Bovine spongiform encephalopathy (BSE), bovine spongiform encephalopathy, Prion protein (PrP)

ウシの脳組織変性萎縮する疾患で、病原性プリオンタンパクの感染で引き起こされる。

狂牛病[Mad cow disease]

 牛に認められるプリオン病で、運動神経が犯されます。数年前から英国の牛に発生し、既に17頭の牛が殺処分されました。この病気類似のスクレイピーという病気が昔から英国の羊に存在します。スクレイピーの羊は、殺され焼却処分されています。しかし、焼却後に残った羊の骨を栄養添加剤として、牛の飼料配合されていたのです。この病気伝達するプリオンは、熱や物理化学要因に対して非常に抵抗性が強いので、骨にプリオンが残っていたようです草食動物の牛に動物性飼料与え天罰みたいなもので、現代経済学が生んだ不幸でしょう

牛海綿状脳症

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/10/05 10:04 UTC 版)

(狂牛病 から転送)

牛海綿状脳症(うし かいめんじょう のうしょう、英語: Bovine Spongiform Encephalopathy, 略語: BSE)は、の中に空洞ができ、スポンジ(海綿)状になる病気である。「ぎゅう かいめんじょう のうしょう」とも読む。一般的には狂牛病(きょうぎゅうびょう, Mad Cow Disease)として知られ、1986年にイギリスで初めて発見された[1]




  1. ^ 『牛丼のひみつ』72頁。
  2. ^ Inta I, Vogt MA, Vogel AS, Bettendorf M, Gass P, Inta D. (2015-10-19). “Minocycline exacerbates apoptotic neurodegeneration induced by the NMDA receptor antagonist MK-801 in the early postnatal mouse brain.”. w:European Archives of Psychiatry and Clinical Neuroscience.: 1-5. doi:10.1007/s00406-015-0649-2. PMID 26482736. https://link.springer.com/article/10.1007/s00406-015-0649-2. 
  3. ^ 医薬品インタビューフォーム(2016年4月改訂 第14版)ミノマイシン (pdf)”. 医薬品医療機器総合機構 (PMDA) (2016年4月). 2016年10月1日閲覧。
  4. ^ 医薬品インタビューフォーム(2013年5月改訂 第7版)テトラサイクリン塩酸塩 - アクロマイシン末 (pdf)”. 医薬品医療機器総合機構 (PMDA) (2013年5月). 2016年10月4日閲覧。
  5. ^ Takahiro A. Kato, Motoki Watabe, Sho Tsuboi, Katsuhiko Ishikawa, Kazuhide Hashiya, Akira Monji, Hideo Utsumi, and Shigenobu Kanba (2012-7-13). “Minocycline Modulates Human Social Decision-Making: Possible Impact of Microglia on Personality-Oriented Social Behaviors”. PLoS One. 7 (7): e40461. doi:10.1371/journal.pone.0040461. PMC 3396661. PMID 22808165. http://journals.plos.org/plosone/article?id=10.1371/journal.pone.0040461. 
  6. ^ Pereira RV, Siler JD, Bicalho RC, Warnick LD. (2014). “Multiresidue screening of milk withheld for sale at dairy farms in central New York State.”. w:Journal of Dairy Science. 97 (3): 1513-9. doi:10.3168/jds.2013-7421. PMC 4349524. PMID 24440252. http://www.journalofdairyscience.org/article/S0022-0302(14)00044-7/abstract. 
  7. ^ a b Seo ML, Yamatodani A, Mizutani A, Kiyono S. (1993). “Short-term, preweaning treatment with tetracycline affects physical development and behavior in rats.”. w:Neurotoxicology. 14 (1): 65-75. PMID 8361680. 
  8. ^ De Luigi A, Colombo L, Diomede L, Capobianco R, Mangieri M, Miccolo C, Limido L, Forloni G, Tagliavini F, Salmona M. (2008-3-26). “The efficacy of tetracyclines in peripheral and intracerebral prion infection.”. w:PLOS ONE. 3 (3): e1888. doi:10.1371/journal.pone.0001888. PMC 2268013. PMID 18365024. http://journals.plos.org/plosone/article?id=10.1371/journal.pone.0001888. 
  9. ^ Forloni G, Iussich S, Awan T, Colombo L, Angeretti N, Girola L, Bertani I, Poli G, Caramelli M, Grazia Bruzzone M, Farina L, Limido L, Rossi G, Giaccone G, Ironside JW, Bugiani O, Salmona M, Tagliavini F. (2002-8-26). “Tetracyclines affect prion infectivity.”. Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America. (w:PNAS) 99 (16): 10849-54. doi:10.1073/pnas.162195499. PMC 125061. PMID 12149459. http://www.pnas.org/content/99/16/10849. 
  10. ^ Stoilova T, Colombo L, Forloni G, Tagliavini F, Salmona M. (2013-8-8). “A new face for old antibiotics: tetracyclines in treatment of amyloidoses.”. w:Journal of Medicinal Chemistry. 56 (15): 5987-6006. doi:10.1021/jm400161p. PMID 23611039. http://pubs.acs.org/doi/abs/10.1021/jm400161p. 
  11. ^ Forloni G, Salmona M, Marcon G, Tagliavini F. (2009-2). “Tetracyclines and prion infectivity.”. w:Infectious disorders drug targets. 9 (1): 23-30. doi:10.2174/1871526510909010023. PMID 19200012. http://www.eurekaselect.com/83844/article. 
  12. ^ Tagliavini F1, Forloni G, Colombo L, Rossi G, Girola L, Canciani B, Angeretti N, Giampaolo L, Peressini E, Awan T, De Gioia L, Ragg E, Bugiani O, Salmona M. (2000-7-28). “Tetracycline affects abnormal properties of synthetic PrP peptides and PrP(Sc) in vitro.”. w:Journal of molecular biology. 300 (5): 1309-22. doi:10.1006/jmbi.2000.3840. PMID 10903871. http://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S0022283600938403. 
  13. ^ 米国農務省国立動物病センター、(英文)
  14. ^ 未感染でもBSE発祥 遺伝子異変で異常プリオン、米農務省確認 読売新聞 2008年9月12日13S34面
  15. ^ BSE in Belgium” (2006年11月12日). 2008年11月9日閲覧。
  16. ^ a b BSE Cases in North America, by Year and Country of Death, 1993-2008”. Centers for Disease Control and Prevention, Department of Health and Human Services (2008年). 2008年11月9日閲覧。
  17. ^ a b c d e f g h i j k Variant Creutzfeld-Jakob Disease, Current Data (October 2009)”. The National Creutzfeldt-Jakob Disease Surveillance Unit (NCJDSU), en:University of Edinburgh (2009年10月). 2000年10月14日閲覧。
  18. ^ BSE Positive Findings in the Czech Republic (pdf)”. State Veterinary Administration, Ministry of Agriculture, Czech Republic. p. 2 (2007年). 2008年11月9日閲覧。
  19. ^ The Current Status of BSE and scrapie in Denmark (pdf)”. Danish Veterinary and Food Administration (2007年5月). 2008年12月16日時点のオリジナルよりアーカイブ。2008年11月9日閲覧。
  20. ^ France reports more than 900 BSE cases
  21. ^ BSE in Greece”. 2008年11月9日閲覧。
  22. ^ Israel: BSE testing according to source of cattle and age groups, 2002-2008”. 2008年3月5日閲覧。
  23. ^ vCJD Cases Worldwide 2011”. 2011年7月2日閲覧。
  24. ^ BSE cases - Italy 2001 - 2006” (2006年). 2008年11月10日閲覧。
  25. ^ dad=portal&_schema=PORTAL&p_document_id=110016&p_node_id=1161644&p_mode=BROWSE Overzicht BSE-gevallen” (Dutch). Ministerie van Landbouw, Natuur en Voedselkwaliteit (2008年). 2008年11月9日閲覧。
  26. ^ The number of BSE cases is not available for Thailand.


「牛海綿状脳症」の続きの解説一覧





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「狂牛病」の関連用語

狂牛病のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

SH001

鎖骨

Golf

ゴールデン・ペイパー・ドール

二の堰

セカンドラベル

斜め包み

順子





狂牛病のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2016 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
時事用語のABC時事用語のABC
Copyright©2016 時事用語のABC All Rights Reserved.
JabionJabion
Copyright (C) 2016 NII,NIG,TUS. All Rights Reserved.
微生物管理機構微生物管理機構
Microbes Control Organization Ver 1.0 (C)1999-2016 Fumiaki Taguchi
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの牛海綿状脳症 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2016 Weblio RSS