パイロットとは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 表現 > パイロット > パイロットの意味・解説 

パイロット

読み方:パイロット

概要解説 パイロットは、旅客貨物を乗せた航空機操縦するための高度な訓練を受けた専門家といえます。パイロットの多く旅客貨物輸送に携わっていますが、この他、航空機利用した写真撮影広告宣伝などの仕事従事している人もいます。日本航空全日空日本エアシステムなど日本にある8社の定期航空会社大型機には、通常機長(キャプテン)と副操縦士(コー・パイロット)と呼ばれる2名のパイロットが乗務しています。これに対して写真撮影などの産業航空事業を営む会社などに雇用されているパイロットのほとんどは、小型飛行機操縦従事しています。 必要な能力資格など 飛行機操縦従事するためには、運輸省航空局実施する国家試験合格し、ライセンス取得なければなりません。ライセンスには、定期運送用操縦士事業用操縦士自家用操縦士の3つが業務範囲別に定められており、自家用飛行機操縦する場合には自家用操縦士資格だけでよいのですが、報酬を受けてパイロットの業務に就くためには、少なくとも事業用操縦士技能証明が必要です。さらに、実際にパイロットの業務に就くためには、定期運送用操縦士資格加え航空法定められたさまざまな資格証明取得なくてはなりません。 関連する職業

【パイロット】(ぱいろっと)

Pilot.

  1. 航空機操縦士を指す一般的な呼び名
    詳しくエビエーターの項を別途参照の事。

  2. 水先案内)人。
    港湾海峡入り江など、座礁の危険がある水域水先区)で、安全な航路への案内操船補助を行う海事技術者
    そうした水域での安全確保技量よりも知識に負う所が大きく不慣れな航路では特に危険である。
    このため区域によっては大型船通行する際に、当地事情熟知している水先人による案内義務づける場合もある。
    乗船要求する船は国際信号旗「G」、乗船中の船は「H」を掲げる。

    かつてはパイロットボート」という小型船を自ら操船し、案内する船の前方進んで先導する事が多かった。
    しかし、現在は案内する艦船同乗し、無線地上管制機関連絡取りながら船長指示を行うのが普通である。

パイロット

名前 Pilot

パイロット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/07/08 17:26 UTC 版)

パイロット (pilot)




「パイロット」の続きの解説一覧





パイロットと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「パイロット」の関連用語




4
54% |||||


6
口火 国語辞典
54% |||||

7
種火 国語辞典
54% |||||

8
水先船 国語辞典
54% |||||

9
飛行士 国語辞典
54% |||||


パイロットのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

90式戦車

GBU-39

早期警戒機

AAA

コンフォーマルタンク

尾輪式

迫撃砲

プローブ





パイロットのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2017 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
職業図鑑職業図鑑
All contents Copyright(C)2017 Foundation.,All rights reserved.
A six Japan職業図鑑
航空軍事用語辞典++航空軍事用語辞典++
この記事はMASDF 航空軍事用語辞典++の記事を転載しております。
MASDFでは航空及び軍事についての様々なコンテンツをご覧頂けます。
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのパイロット (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS