言及とは?

げん きゅう -きふ [0] 【言及】

( 名 ) スル
話がある事にまで及ぶこと。 「進退問題に-する」


参照 (書誌学)

(言及 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/12/08 15:35 UTC 版)

書誌学における参照(さんしょう、英語: citation)とは、記事参考文献書誌情報を添えること。記事の信頼性の向上や引用の出どころの明示を目的に、学術論文や総説、専門書、オープンソースの百科事典などで行われる。この行為は学界では引用とも呼ばれることがあるが[1]:p.9、引用は著作権法では合法な転載英語: quotation)を指す(第32条)。もっとも、正当な引用には必ず出どころの明示が付随するので(第48条)、参照とは密接な関係にある。


  1. ^ a b 浜田麻里; 平尾得子; 由井紀久子 (1997年4月1日), 大学生と留学生のための論文ワークブック, くろしお出版, ISBN 4-87424-127-1 
  2. ^ アイザック・ニュートン (1676年2月15日 2005年8月), “フック宛て書簡”, in デービス, パトリシア M.; 冨田昌夫; 額谷一夫, ステップス・トゥ・フォロー, シュプリンガーフェアラーク東京, 2005年8月, p. xi, ISBN 9784431710783 
  3. ^ a b 藤田節子 (2009年4月27日), レポート・論文作成のための引用・参考文献の書き方, 日外アソシエーツ, ISBN 978-4-8169-2179-7 
  4. ^ Mark, Edwards Lawrence (1881), “Maturation, fecundation, and segmentation of Limax campestris, Binney”, Bulletin of the Museum of Comparative Zoology 6-2 (12): 173-625 
  5. ^ Chernin, Eli (1988年10月22日), “The "Harvard system": a mystery dispelled”, BMJ 297 (6655): 1062-1063, PMC: 1834803 
  6. ^ a b Day, Robert A.; 美宅成樹 (2001年7月10日), はじめての科学英語論文 (第2 ed.), 丸善, ISBN 4-621-04896-1 
  7. ^ フライ, ロン; 酒井, 一夫 (1994年2月25日), アメリカ式論文の書き方, 東京図書, pp. 111-121, ISBN 4-489-00431-1 
  8. ^ 日本社会学会, ed. (2004年4月27日), 社会学評論スタイルガイド, http://www.gakkai.ne.jp/jss/jsr/JSRstyle.html 2010年2月14日閲覧。 
  9. ^ 「佐藤・Smithによれば、犬も歩けば棒に当たる(佐藤・Smith 2010: 77)」とはしない。
  10. ^ a b Lewis, Robert M.; Whitby, Nancy L.; Whitby, Evan R.; 平野佳子 訳 (2004年1月22日), 科学者・技術者のための英語論文の書き方 - 国際的に通用する論文を書く秘訣 -, 東京化学同人, ISBN 4-8079-0566-X 
  11. ^ 北田暁大 『“意味”への抗い―メディエーションの文化政治学』 せりか書房、2004年、187-193頁。ISBN 978-4796702560
  12. ^ 濱野智史 『アーキテクチャの生態系――情報環境はいかに設計されてきたか』 エヌ・ティ・ティ出版、2008年、39-41頁。ISBN 978-4757102453


「参照 (書誌学)」の続きの解説一覧





品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「言及」の関連用語

言及のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

味つけ玉子

金華山灯台

タテジマキンチャクダイ

糸

右綾デニム

曙矢竹

なると巻

鳥海国定公園





言及のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2017 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの参照 (書誌学) (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS