宗教とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 宗教 > 信仰 > 宗教 > 宗教の意味・解説 

しゅう きょう -けう [1] 【宗教】

神仏などを信じて安らぎを得ようとする心のはたらき。また,神仏教え
経験的合理的理解制御することのできないような現象存在に対し,積極的な意味と価値与えようとする信念行動制度体系。アニミズム・トーテミズム・シャーマニズムから,ユダヤ教バラモン教神道などの民族宗教,さらにキリスト教仏教イスラム教などの世界宗教にいたる種々の形態がある。 〔「哲学字彙」(1881年)に英語 religion訳語として載る


宗教

分類日本標準産業分類(平成19年[2007年]11月改定) > サービス業(他に分類されないもの) > 宗教
説明総   説
 この中分類には,神道系,仏教系,キリスト教並びにその他の宗教の各宗教系統ごとに,礼拝施設備え宗教団体である神社寺院教会等及びこれらを包括する宗教団体事務所である教務本庁宗務所,教団事務所等が分類される。

宗教

宗教統計 1は、人口をその所属する宗教で分類するものである主要な宗教 2と、その主たる教派 3典礼儀式 4あるいは宗派 5とは一般に区別される。宗教をもたない人々は、不可知論者 6自由思想家 6または無神論者 6自称することがある


宗教

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/06/06 17:58 UTC 版)

宗教(しゅうきょう、: religion)とは、一般に、人間の力や自然の力を超えた存在を中心とする観念であり[1]、また、その観念体系にもとづく教義儀礼施設組織などをそなえた社会集団のことである。 [2][3]




[ヘルプ]
  1. ^ a b 『世界大百科事典』 231頁。
  2. ^ 村上重良『世界宗教事典』p.4
  3. ^ 『世界大百科事典』 234-235頁。
  4. ^ 計60億5,505万人(2000年)。出典は『朝日新聞データ年鑑 ジャパン・アルマナック2006』朝日新聞社、2005年、p247。ただし同書の当該部分はオックスフォード大学出版局発行 World Christian Encyclopedia を再引用したもの。
  5. ^ 『世界大百科事典』 233頁。
  6. ^ ヒンドゥー教はヒンドゥー(文化圏としてのインド)の人々にのみ信仰されているが、さまざまな語族にまたがる数多くの人々に信仰されている(南アジアおよび東南アジアバリ島が含まれる。なお、これらの地域にはイスラム教や仏教も伝わっている)。
  7. ^ a b 岩井洋 「日本宗教の理解に関する覚書」関西国際大学研究紀要第5号、2004年
  8. ^ 「神と人を再び結びつけること」という理解は神学者ラクタティウスの述べた説明による。ただし、このラクタティウスの説明は言語学的には正しいとは認められていないともする書もある(石井研士『手に取るように宗教がわかる本』かんき出版、 2002、ISBN 4761259884 p.24)。
  9. ^ 磯前順一 『近代日本の宗教言説とその系譜』
  10. ^ その修好通商条約の第4条の訳文は右のとおり 「日本在住の独乙臣民は自国の宗教を自由に行うの理あるべし」
  11. ^ 石井研士 同著 p.24
  12. ^ 村上重良 『世界宗教事典』 pp.3-4。
  13. ^ 小口偉一・堀一郎 『宗教学辞典』 東京大学出版会、pp.255-263「宗教」。
  14. ^ 『宗教学辞典』
  15. ^ Leuba, J. H. (1912). The psychological study of religion:Its origin, function, and future. New York:Macmillan. (かつて日本語訳が刊行されたことあり。リューバ 『宗教の心理学的研究』 同文館、昭和2年)。
  16. ^ 文部省宗務課編1961「宗教定義集」pp.154-173
  17. ^ 『宗教学辞典』
  18. ^ 『宗教学辞典』
  19. ^ 『宗教学辞典』
  20. ^ 『宗教学辞典』
  21. ^ 村上重良 『世界宗教事典』 p.4。
  22. ^ 包括的用語からより具体的な用語へとwikipedia内のリンクをたどりつつ読み進めたい読者を配慮して、具体例の中でも代表的なものを示したものである。
  23. ^ 広辞苑 第五版 pp.1254-1255
  24. ^ ただし、宗教同士に限らず、国家同士も戦争・紛争をおこなっており、また、資本主義国では企業同士がある種の激しいビジネス上の戦争をおこなっていることなども考慮すれば、戦争や紛争というのは、宗教特有の問題というより、人間や人間の集団・組織というものが根本的に抱えている問題・性ともいえる。
  25. ^ フランスはもともとカトリックの国であったため、今でもカトリックの国である、あるべきという意識の人は多い。また、後には、社会主義政党が政権を握った歴史も長く、これら2つ(キリスト教と社会主義)の風土を奇妙に合わせ持っており、これら2つのどちらでもないものは異物として排除する傾向が根深く存在する。フランス政府セクト対策一覧も参照可。また、フランス人の中には、ディズニーランドやマクドナルド(ハンバーガー)が自国内に展開することですら " アメリカ文化のフランス侵略 " などとして、それに反対するための運動を(ときにはデモまで)起こす人々がいる、そういうお国柄だということを付記しておくべきであろう。


「宗教」の続きの解説一覧

宗教

出典:『Wiktionary』 (2011/08/02 14:34 UTC 版)

名詞

しゅうきょう

  1. 人間をこえたなどを信じ、安心幸福などを得ようとする行為また、そのため教え総称

翻訳






宗教と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

宗教に関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「宗教」の関連用語

宗教のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

鈴木 嘉倫

スイカズラ

座金

改良型沸騰水型原子炉

秋草図鐔

ふんむき

ヒップパッド

TH9200型





宗教のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2016 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
総務省総務省
Copyright(c)2016 総務省 統計局 All rights reserved
政府統計の総合窓口(e-Stat)
コンテンツはAttribution-Share Alike 3.0 Unportedのライセンスで利用することができます。
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの宗教 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの宗教 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2016 Weblio RSS