礼拝とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 宗教 > 信仰 > > 礼拝の意味・解説 

らい はい [0] 【礼拝】

( 名 ) スル
〔「らい」は呉音
敬っておがむこと。特に仏教で,恭敬の心をもって合掌したりひざまずいたりなどしておがむこと。 → れいはい

れい はい [0] 【礼拝】

( 名 ) スル
神仏などを拝むこと。特に,キリスト教で,人々がともに神の恵み感謝する行為をいう。 「神を-する」 → らいはい(礼拝)


らいはい 【礼拝】

→ 礼拝

れいはい 【礼拝】

神仏を敬い拝んで礼をすること。仏教ではライハイと読むことが多い。儀式などの公的なものと、個人祈願などの私的なものとがある。仏教でいう五体投地とか接足作礼の法(ひれ伏して両ひじ・両ひざ・額の五カ所を地や床につけ、両手のひらで相手の足を頂く動作)は礼拝の最高のもので、似た動作キリスト教にもイスラム教にもある。宗教宗派によりいろいろな形式がある。(キリスト教には礼拝の原理様式歴史などを考究する礼拝学がある

礼拝

作者田山花袋

収載図書定本 花袋全集 第7巻 〔復刻版
出版社臨川書店
刊行年月1993.10


礼拝

読み方:ライハイ(raihai)

所在 新潟県(JR越後線)

駅名辞典では2006年8月時点の情報を掲載しています。

礼拝

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/03/10 16:31 UTC 版)

礼拝(れいはい、らいはい)は、宗教においてなどを拝むこと。仏教においてのみ「らいはい」、それ以外は「れいはい」と読む。産業革命以前のプリミティブな社会において活発に見られたが、社会システムが複雑化した現代においては、大衆をコントロールする手段の一種となり、戦争や政争の原因になっている。


  1. ^ 現代のギリシャ正教会でも使われる言葉であるため、読みの片仮名転写は現代ギリシャ語に準拠。古典ギリシャ語では「ラトレイア」。
  2. ^ 現代ギリシャ語からの転写。古典ギリシャ語では「プロスキュネーシス」。
  3. ^ 上智大学中世思想研究所、“中世思想原典集成3 後期ギリシャ教父・ビザンティン思想”、平凡社、1994年。
  4. ^ ジャン・ダニエルー 1996, pp. 34-35.
  5. ^ J・A・ユングマン 1997, pp. 20-22.
  6. ^ J・A・ユングマン 1997, pp. 23-30.
  7. ^ 保坂高殿 2003, p. 285.
  8. ^ J・A・ユングマン 1997, pp. 33-34.
  9. ^ 新共同訳、「ヨハネの黙示録」13.15。
  10. ^ 保坂高殿 2003, pp. 309-336.


「礼拝」の続きの解説一覧





礼拝と同じ種類の言葉


品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

礼拝に関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「礼拝」の関連用語

礼拝のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

docomo PRO series SH-03B

スズハモ

被ばく影響

斜め包み

ショルダー

LIGHTNING SUPERTT XB12STT

フォーポイントロール

宮崎荊口





礼拝のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2017 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
中経出版中経出版
Copyright (C) 2017 Chukei Publishing Company. All Rights Reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの礼拝 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS