イスラム教とは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 方式・規則 > 主義・方式 > 学問 > 学問 > イスラム教の意味・解説 

イスラムきょう -けう [0] 【イスラム教】

610年アラビアムハンマドマホメット)が創唱した宗教世界宗教として,アラビアをはじめ,中東中心に広がり,東はインドネシアから,西はアフリカ大西洋沿岸諸国にまで及び,多くの国々でイスラム教が政治・経済文化面で枢要役割担っている唯一神アッラーのみを信仰し,偶像崇拝を禁じる。経典預言者ムハンマドへの神の啓示であるコーラン教義シャリーアとして体系化され,宗教的であると同時に法の体系でもあり,信仰とその社会的実践とが重視される。主要な信仰および儀礼として,六信アッラー天使・経典・預言者来世予定)と五行信仰告白礼拝喜捨(きしや)断食巡礼)が説かれる。ムハンマド死後後継者としてカリフ立てられたが,その後後継者をめぐる対立が生じ,スンナ派シーア派その他の諸派分裂八世紀中頃から一一世紀にかけては古代ギリシャ文化吸収し,哲学医学地理学などを発展させて,近代ヨーロッパ科学的伝統大きな影響を及ぼした。イスラムイスラーム。回回(フイフイ)教。回教

イスラム教

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/09/18 23:54 UTC 版)

イスラム教(イスラムきょう、イスラーム教とも、正式名はイスラーム)は、唯一絶対のアラビア語アッラーフ)を信仰し、神が最後の預言者たるムハンマドを通じて人々に下したとされるクルアーン(コーラン)の教えを信じ、従う一神教である。漢字圏では回教(かいきょう)とも言う。




[ヘルプ]

注釈

  1. ^ 猶、いわゆる『偶像崇拝』が神像を用いた礼拝と同義であるのかを巡っては、宗教や個人により大きな開きがある
  2. ^ 本項では、括弧内に示す言語は、特に断りのない限り、アラビア語の正則語(フスハー)を用いる。
  3. ^ アラビア語では教えの名称を呼ぶ際、必ず定冠詞の「アル」が付属し、アル=イスラームとなる。
  4. ^ これらは、「平和」を意味する「サラーム」(一般的な挨拶の言葉でもある)などと同一語根の派生語である。
  5. ^ ただしかつてキリスト教圏や日本などで「マホメット教」「ムハンマド教」という呼称も用いられた。現在ではこの呼称は望ましくないものとされている。
  6. ^ ただし、他の「主要な宗教」であるキリスト教仏教もそれぞれ「イエス教」や「釈迦教」ではなく「救世主の教え」、「悟った者の教え」であり、必ずしも創始者の個人名を宗教名に冠しているわけではない。この他にも、例えば日本の神道が一般名詞に由来する名称であるように、創始者(または民族)の名称を冠していないのは必ずしもイスラム教に限ったことではない。
  7. ^ 例えば、イスラム神学者 Muhammad ibn Abd-Allaah ibn Saalih al-Suhaym など
  8. ^ 本項では便宜的に宗教の名称として日本語により広く定着しているイスラム教の用語に統一するが、イスラームから派生した用語については、研究者の用例を踏まえ、イスラーム◯◯と表記する。
  9. ^ コーラン第56章10節から24節[要高次出典]『(信仰の)先頭に立つ者は、(楽園においても)先頭に立ち、これらの者(先頭に立つ者)は、(アッラーの)側近にはべり、至福の楽園の中に(住む)。昔からの者が多数で、後世の者は僅かである。(かれらは錦の織物を)敷いた寝床の上に、向い合ってそれに寄り掛かる。永遠の(若さを保つ)少年たちがかれらの間を巡り、(手に手に)高坏や(輝く)水差し、汲立の飲物盃(を捧げる)。かれらは、それで後の障を残さず、泥酔することもない。また果実は、かれらの選ぶに任せ、種々の鳥の肉は、かれらの好みのまま。大きい輝くまなざしの、美しい乙女は、丁度秘蔵の真珠のよう。(これらは)かれらの行いに対する報奨である。』および56章27節から40節[要高次出典]『右手の仲間、右手の仲間とは何であろう。(かれらは)刺のないスィドラの木、累々と実るタルフ木(の中に住み)、長く伸びる木陰の、絶え間なく流れる水の間で、豊かな果物が絶えることなく、禁じられることもなく(取り放題)。高く上げられた(位階の)臥所に(着く)。本当にわれは、かれら(の配偶として乙女)を特別に創り、かの女らを(永遠に汚れない)処女にした。愛しい、同じ年配の者。(これらは)右手の仲間のためである。昔の者が大勢いるが、後世の者も多い。』、先頭のものとは最良のムスリム、右手の者とは一般のムスリムのことである[要出典]
  10. ^ 近年の研究成果により、イスラーム法は社会情勢の変化に全く対応していないわけではなく、ファトワーの積み重ねや解釈の変更などは歴史的に積み重ねられてきたことが明らかにされてきた。ここで述べられたようにイスラーム法が硬直的であるという決め付けは反イスラーム主義やキリスト教優越主義、多神教優越主義に基づく部分もあるとされる。
  11. ^ 伝統的イスラーム法(シャリーア)では非ムスリム男性とムスリム女性との性交渉は死刑である
  12. ^ 伝統的イスラーム法(シャリーア)では建前としては禁止されているが、実際には少なからず行われた
  13. ^ 伝統的イスラーム法(シャリーア)では一定の人権を保障されるが平等な権利は認められない
  14. ^ 伝統的イスラーム法(シャリーア)ではイスラームからの離脱は死刑である
  15. ^ 伝統的イスラーム法(シャリーア)によれば死刑。但し、この規定が厳格に適用されるようになったのはむしろ近代に入ってからである
  16. ^ イスラームを悪く言う人達[要高次出典] ここでは『ムスリム以外のすべての人間は失望と自分たちの宗教あるいは宗派に満足できない状態の中であえいでいます。これらの宗教や宗派はアッラーが礎としたフィトラに反しているからです。イスラームは人類がその教えに満足し幸福に暮らせるためのただ唯一の教えであるだけではなくアッラーが定められたディーヌ・ル・ハック(真理の教え)でもあるからです。』とイスラーム以外の宗教に対する強烈な侮蔑意識をあらわにしている
  17. ^ 真理の教え『イスラーム』を知る[要高次出典] ここでは『最初のアーヤではアッラーのみ許にあるディーン(教え)はイスラームしかないということが伝えられ、もうひとつのアーヤではアッラーはイスラーム以外誰からもディーン(教え)を受け入れられないということが伝えられています。死後幸福を得るものはムスリムだけなのです。イスラーム以外の教えで死んだものはアーヒラ(来世)において失敗者で、ナール(業火)で罰せられるのです。』とイスラーム以外のすべての宗教は地獄に落ちると主張している。また『救い(ナジャー)と幸福を望むユダヤ教徒達やキリスト教徒達が本当にムーサーやイーサー(イエス)の追従者になるためにはイスラームに入ってイスラームの使徒ムハンマド(アライヒッサラート・ワッサラーム)に追従すべきなのです。ムーサーやイーサーやムハンマドそれに他のすべての使徒達もムスリム(アッラーへの追従者)で、イスラーム(アッラーへの服従)を説いたのでした。イスラームは既に使徒達に遣わしたアッラーの教えと同じなのです。使徒達の封印であるムハンマド(サッラッラーフ・アライヒ・ワ・サッラム)が遣わされた後、いかなる預言者もこの世の終末まで現れず、従って預言者と名乗ることは違法』として、キリスト教徒やユダヤ教徒の信仰を『堕落したもの』『イスラームに劣るもの』と攻撃している。さらにイスラーム以降の預言者たちはすべて偽預言者であると主張している
  18. ^ イスラームにおける生き方・信仰の自由[要高次出典] ここでは非ムスリムがイスラームに屈服し、ジズヤを支払い、ムスリムの前で控えめに振舞うことを要求しており、非ムスリムは差別されて当然であるとしている。またイスラム以外の信仰を信ずるものは皆地獄に落ち、彼らの救済は存在しないとしている。イスラームからの離脱は決して許されず、死刑となって当然であるとも主張している
  19. ^ イスラームにおける生き方・信仰の自由[要高次出典] ここでは非ムスリムがイスラームに屈服し、ジズヤを支払い、ムスリムの前で控えめに振舞うことを要求しており、非ムスリムは差別されて当然であるとしている。またイスラム以外の信仰を信ずるものは皆地獄に落ち、彼らの救済は存在しないとしている。イスラームからの離脱は決して許されず、死刑となって当然であるとも主張している
  20. ^ イスラームにおける生き方・内政[要高次出典] ここではハッド刑に関して『ハッド刑を制定されたのは全知で英知を備えられたアッラーであられます。そして、アッラーは更生すべき人間の情況について充分に知り尽くされています。そして人間には大変慈悲深きお方なのです。』として全面的に擁護している
  21. ^ ただし男性にのみ一方的離婚権が認められている
  22. ^ 例として豊臣秀吉は10歳の少女を側室にし、性行為を行った
  23. ^ たとえばコーラン第2章191節[要高次出典]、『かれら(メッカの多神教徒)に会えば、何処でもこれを殺しなさい。あなたがたを追放したところから、かれらを追放しなさい。本当に迫害は殺害より、もっと悪い。だが聖なるマスジドの近くでは、かれらが戦わない限り戦ってはならない。もし戦うならばこれを殺しなさい。これは不信心者への応報である。』または8章39節[要高次出典]『だから、迫害と奸計がなくなるまで、また(かれらの)教えがすべてアッラーを示すまで、かれらと戦え。だがかれらがもし(敵対を)止めるならば、本当にアッラーは、かれらの行うことを御存知であられる。 』
  24. ^ コーラン第2章62節[要高次出典]『本当に(クルアーンを)信じる者、ユダヤ教徒、キリスト教徒とサービア教徒で、アッラーと最後の(審判の)日とを信じて、善行に勤しむ者は、かれらの主の御許で、報奨を授かるであろう。かれらには、恐れもなく憂いもないであろう。』
  25. ^ ただし日本の著名なムスリムであり、イスラーム学者である中田考は『イスラームの考えでは仏像は偶像であり、価値のないゴミとおなじ』であって、仏教徒の私的空間における仏像ではなく山というイスラーム政府が支配する公共空間に位置している以上仏像の破壊は『イスラーム法上なんら問題とは認められず』、仏像の破壊を批判する論者は『偶像崇拝者』であり、『宗教的寛容を唱えながらイスラームに対して不寛容である』と主張している。
  26. ^ イスラーム国家、その本質と特色[要高次出典] ここではイスラーム国家における差別を完全に正当化・賛美しており、非ムスリムは最低限の人権の保障のみで満足するべきであると主張されている

参照

  1. ^ https://www.youtube.com/watch?v=xEKxlr03Auo
  2. ^ https://www.youtube.com/watch?v=XdU0zxZeqQo
  3. ^ “東南アジアからの観光客をもてなすには”. NHK. (2013年7月5日). http://www.nhk.or.jp/kaisetsu-blog/700/161421.html 2013年12月15日閲覧。 
  4. ^ http://www.missionislam.com/knowledge/japan.htmInternational Religious Freedom Report 2008”. US Department of State (2008年). 2011年3月22日閲覧。
  5. ^ 末永恵 (2013年8月7日). “200兆円の超巨大市場「ハラルビジネス」を狙え! 京懐石料理の美濃吉も参入、ニッポンは“ハラルしやすい国””. 日本ビジネスプレス. http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/38328 2013年8月11日閲覧。 
  6. ^ 井筒俊彦訳「女」『コーラン(上)』岩波文庫、p.137[要高次出典]
  7. ^ 前嶋信次『世界の歴史8-イスラム世界』河出書房新社、1989年、p.172
  8. ^ 14歳が自爆テロ未遂、報酬2400円 パレスチナ  少年を勧誘するに当たり、『殉教すれば天国で72人の処女とセックスができる』と説いていた
  9. ^ ルモンド抄訳が finalvent さんに褒められた!
  10. ^ 後藤明、吉成勇編『世界「戦史」総覧』新人物往来社、1998年、p.42
  11. ^ 小玉新次郎『西アジアの歴史』pp.112-118
  12. ^ 小玉新次郎『西アジアの歴史』p.118
  13. ^ 後藤明、吉成勇編『世界「戦史」総覧』新人物往来社、1998年、p.42
  14. ^ 後藤明、吉成勇編『世界「戦史」総覧』新人物往来社、1998年、p.43
  15. ^ 後藤明、吉成勇編『世界「戦史」総覧』新人物往来社、1998年、p.44
  16. ^ 後藤明、吉成勇編『世界「戦史」総覧』新人物往来社、1998年、p.44-45
  17. ^ 後藤明、吉成勇編『世界「戦史」総覧』新人物往来社、1998年、p.45
  18. ^ 後藤明、吉成勇編『世界「戦史」総覧』新人物往来社、1998年、p.45
  19. ^ 後藤明、吉成勇編『世界「戦史」総覧』新人物往来社、1998年、p.45-46
  20. ^ 『世界の歴史 5』中央公論社、1961年、p.232
  21. ^ 小玉新次郎『西アジアの歴史』pp.132-134
  22. ^ 小玉新次郎『西アジアの歴史』p.134
  23. ^ 前嶋信次『世界の歴史8-イスラム世界』河出書房新社、1989年、pp.125-148
  24. ^ 『世界の歴史 5』中央公論社、1961年、pp.237-248
  25. ^ 前嶋信次『世界の歴史8-イスラム世界』河出書房新社、1989年、pp.168-171
  26. ^ 前嶋信次『世界の歴史8-イスラム世界』河出書房新社、1989年、p.181
  27. ^ 前嶋信次『世界の歴史8-イスラム世界』河出書房新社、1989年、pp.181-183
  28. ^ 前嶋信次『世界の歴史8-イスラム世界』河出書房新社、1989年、p.184
  29. ^ 前嶋信次『世界の歴史8-イスラム世界』河出書房新社、1989年、p.184
  30. ^ クルアーン2:47[要高次出典]
  31. ^ クルアーン2:122[要高次出典]
  32. ^ クルアーン45:16[要高次出典]
  33. ^ クルアーン2:62[要高次出典]
  34. ^ 井筒俊彦訳『コーラン(中)』岩波文庫、p.130[要高次出典]
  35. ^ 「ヨハネの手紙一」2章22節[要高次出典]
  36. ^ 白取春彦『「キリスト教」がわかる』三笠書房、pp.169-174
  37. ^ 白取春彦『「キリスト教」がわかる』三笠書房、p.173
  38. ^ 『アル・ファフリー』第1巻、イブン・アッティクタカー著、池田修、岡本久美子訳、2004年、東洋文庫、p92[要高次出典]
  39. ^ 『アル・ファフリー』第1巻、イブン・アッティクタカー著、池田修、岡本久美子訳、2004年、東洋文庫、p89[要高次出典]
  40. ^ 『アル・ファフリー』第1巻、イブン・アッティクタカー著、池田修、岡本久美子訳、2004年、東洋文庫、p90[要高次出典]
  41. ^ 『アル・ファフリー』第1巻、イブン・アッティクタカー著、池田修、岡本久美子訳、2004年、東洋文庫、p90[要高次出典]
  42. ^ 『アル・ファフリー』第1巻、イブン・アッティクタカー著、池田修、岡本久美子訳、2004年、東洋文庫、p93、p94[要高次出典]
  43. ^ 『アル・ファフリー』第1巻、イブン・アッティクタカー著、池田修、岡本久美子訳、2004年、東洋文庫、p94[要高次出典]
  44. ^ The Author―著者の窓辺 第6回 イスラムの解釈を個人が再定義する 「宗教改革」は、すでに始まっている
  45. ^ 2005年には18歳の青年2人が同性愛の罪で処刑された(イランで10代の同性愛者二人が絞首刑に
  46. ^ 「女性に一夫多妻制を認める教えを」、マレー系ムスリム議員が発言
  47. ^ ブハーリーのハディース集成書『真正集』「婚姻の書」第39節第1項(アーイシャ自身からの伝)[要高次出典]、同第40節(アーイシャおよび伝承者ヒシャームからの伝)[要高次出典]、同第59節(伝承者ウルワからの伝)その他[要高次出典]。ハディース中の「9歳で婚姻を完成させた」という一文が実際に「性行為を行ったという意味とされるのは集成書の注記による[要出典]
  48. ^ Maulana Muhammad Ali, The Living Thoughts of the Prophet Muhammad, p. 30, 1992, Ahmadiyya Anjuman Ishaat, ISBN 0-913321-19-2
  49. ^ イエメンの裁判所、8歳の少女の離婚を認める
  50. ^ 強制結婚させられた8歳の少女、離婚が成立
  51. ^ イスラム聖職者会議、9歳からの女子結婚認める宗教令を批判 モロッコ
  52. ^ スカーフ拒む娘、父が殺害 カナダのイスラム教徒家庭
  53. ^ 「裸の肉」発言、ムスリム界に対立
  54. ^ 強姦を正当化するイスラム教教主は辞任すべき
  55. ^ ムハンマド・アル=ブハーリー著「真正集」遠征の書、第61章2節
  56. ^ Women's Activism for Freedom in Iran, Ladan Pardeshenas
  57. ^ 「テヘランでロリータを読む」、アーザル・ナフィースィー
  58. ^ 2010年9月24日付 週刊朝日 「常岡浩介が味わった怒りと絶望「死を2度覚悟した」 より。
  59. ^ マーワルディー著『統治の諸規則』「第12章 ファイとガニーマの分配について」(湯川武 訳)慶應義塾大学出版会, 2006年5月 p.312-。『イスラム世界』27・28号, 社団法人日本イスラム協会, 1287.3. p.43-66.
  60. ^ 東京新聞特報2004年11月1日付け
  61. ^ コーラン焼いたイスラム教徒男性に死刑判決 パキスタン(2008年6月23日時点のアーカイブ
  62. ^ パルヴェーズ・フッドボーイの論説「ムスリムと西洋 ─ 9 月 11 日の後
  63. ^ a b “東南アジアからの観光客をもてなすには”. NHK. (2013年7月5日). http://www.nhk.or.jp/kaisetsu-blog/700/161421.html 2013年12月15日閲覧。 
  64. ^ 末永恵 (2013年8月7日). “200兆円の超巨大市場「ハラルビジネス」を狙え! 京懐石料理の美濃吉も参入、ニッポンは“ハラルしやすい国””. 日本ビジネスプレス. http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/38328 2013年8月11日閲覧。 
  65. ^ 宗教法人と宗務行政 宗教年鑑”. 文化庁. 2014年4月29日閲覧。
  66. ^ 有賀文八郎日本人名大辞典
  67. ^ アフマド有賀文八郎(阿馬土) : 日本におけるイスラーム法学の先駆者としての位置づけ四戸潤弥、宗教研究 78(2), 517-539, 2004-09-30
  68. ^ 公安機密リークと在日イスラーム教徒東京外国語大学大学院酒井啓子教授)ニューズウィーク2010年12月16日
  69. ^ 国民監視、人権も民主主義も無視 自衛隊情報保全隊の実態 しんぶん赤旗 2012年9月4日
  70. ^ “ポスト中国は東南アジア観光客! イスラム対応に急ぐ日本政府の本気”. デイリー・ダイヤモンド. (2013年7月3日). http://dw.diamond.ne.jp/articles/-/6004 2013年12月15日閲覧。 







イスラム教と同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

イスラム教に関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「イスラム教」の関連用語

イスラム教のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

docomo STYLE series L-04A

Dell XPS 15

ブーツナイフ

スパッタリング

皿

アクセルクリッパー

アーキュエイトステッチ

サイドカー





イスラム教のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2017 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのイスラム教 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS