ギュスターヴ・フローベールとは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 人名 > 作家 > 小説家・作家 > フランスの小説家 > ギュスターヴ・フローベールの意味・解説 

ギュスターヴ・フローベール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/10/18 13:42 UTC 版)

ギュスターヴ・フローベール(フロベール)(Gustave Flaubert 発音例1821年12月12日 - 1880年5月8日)はフランスの小説家。ルーアンの外科医の息子として生まれる。当初は法律を学ぶが、のち文学に専念[1]1857年に4年半の執筆を経て『ボヴァリー夫人』を発表、ロマンティックな想念に囚われた医師の若妻が、姦通の果てに現実に敗れて破滅に至る様を怜悧な文章で描き、文学上の写実主義を確立した。他の作品に『感情教育』『サランボー』『ブヴァールとペキュシェ』など。




[ヘルプ]
  1. ^ 若い頃の神経症が文学へ転向する契機になったとするトロワイヤなどの古い記述は、現在では完全に否定されている。Pierre-Marc de Biasi, Gustave Flaubert, Une manière spéciale de vivre, Grasset, 2010, pp. 51-55; Herbert Lottman, Flaubert, Fayard, Paris, 1989, pp. 70-74


「ギュスターヴ・フローベール」の続きの解説一覧





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「ギュスターヴ・フローベール」の関連用語

ギュスターヴ・フローベールのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

ガラガラ

キュウリグサ

猿渡堰堤

デ・ハビランド式DHC-6-300型

ディティエールシカクワガタ

アベニー・パッファー

ホモジナイズ

ウィリアム・ヒューレット





ギュスターヴ・フローベールのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのギュスターヴ・フローベール (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS