引用とは?

いん よう [0] 【引用】

( 名 ) スル
古人の言や他人文章,また他人の説や事例などを自分文章中に引いて説明に用いること。 「古典の例を-する」


引用(いんよう)


自分著作物中に他人著作物を引用することは、著作権侵害ならない典型的な例が他人論文一部を引用して、これを批判するような場合である。ただし、引用が許されているのは、①公正な慣習合致し、かつ②報道批評等の引用の目的上正当な範囲内のものに限られる(32条)。

したがって、他人コンテンツプログラムを引用が、上記の引用の要件を満たしていれば著作権侵害とはならない。ただ、上記要件から考えると、画像著作物場合は、引用が成り立つ場合は、ほとんどない思われる漫画カット著作権事件平成11年8月31日東京地裁H9(ワ)27869号)では、東京地裁漫画であっても著作権法認められる引用がある場合があると認定した。なお、この事件平成11年10月現在控訴中である。

執筆弁理士 松下正)

引用

著作権の制限規定一つです(第32条)。 例え学術論文創作する際に自説補強等するために、自分著作物中に公表された他人著作物掲載する行為をいいます。

引用と言えるためには、[1]引用する資料等は既に公表されているものであること、[2]「公正な慣行」に合致すること、[3]報道批評研究などのための「正当な範囲内」であること、[4]引用部分とそれ以外の部分の「主従関係」が明確であること、[5]カギ括弧などにより「引用部分」が明確になっていること、[6]引用を行う必然性があること、[7]出所の明示が必要なこと(複製以外はその慣行があるとき)(第48条)の要件満たすことが必要です(第32条第1項)。

また、国、地方公共団体機関独立行政法人等が作成する「広報資料」、「調査統計資料」、「報告書」等の著作物については、[1]一般への周知目的とした資料であること、[2]行政機関等の著作名義の下に公表した資料であること、[3]説明材料として転載すること、[4]「転載禁止」などの表示がないこと、[5]出所の明示が必要なこと(複製以外はその慣行があるとき)(第48条)の要件を満たした場合は、刊行物への大幅転載認められています(第32条第2項)。

引用

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/10/06 11:58 UTC 版)

引用(いんよう、英語:citation, quotation[1])とは、広義には、他人の著作を自己の作品のなかで紹介する行為、先人の芸術作品やその要素を自己の作品に取り入れること。報道や批評、研究などの目的で、自らの著作物に他の著作物の一部を採録したり、ポストモダン建築で過去の様式を取り込んだりすることを指す。狭義には、各国の著作権法の引用の要件を満たして行われる合法な無断転載[2]のこと。




「引用」の続きの解説一覧

引用

出典:『Wiktionary』 (2012/03/04 13:40 UTC 版)

名詞

いんよう

  1. 他人文章発言などを、自分文章発言などにそのまま利用すること(quote)。
  2. 先行研究触れる等、自説論拠、出どころを示すこと(cite)。援用

発音

い↗んよー

関連語

翻訳

動詞

活用

サ行変格活用
引用-する

翻訳

参考

日本法著作権法における規定以下のとおり






品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「引用」の関連用語

引用のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

E-2C

インスパイア

ヨモギ

大谷 素弘

クロスハンド グリップ

スカシウミナメクジ

鎖骨

ヒメケアシホンヤドカリ





引用のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2016 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
古谷国際特許事務所古谷国際特許事務所
(C)1992-2016 FURUTANI PATENT OFFICE
文化庁文化庁
Copyright © 2016 The Agency for Cultural Affairs. All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの引用 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの引用 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2016 Weblio RSS