原則とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 人文 > 概念 > 原則 > 原則の意味・解説 

げん そく [0] 【原則】

人間社会的活動の中で,多く場合にあてはまる基本的規則法則。 「 -として五時下校すること」 〔しばしば「原理」と区別せずに用いられるが,「原理」は物事成り立たせる根本的決まりの意で,主として存在認識に関係する。それに対して「原則」は人間によって社会適用するために決められた規則の意で,主として人間活動に関係する〕
〘論〙 〔ドイツ Grundsatz〕 他の諸命題がそこから導き出される基本命題


原則

作者北方謙三

収載図書コースアゲイン
出版社集英社
刊行年月2002.7

収載図書コースアゲイン
出版社集英社
刊行年月2005.8
シリーズ名集英社文庫


原則

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/05/09 06:27 UTC 版)



原則

出典:『Wiktionary』 (2012/03/26 12:13 UTC 版)

名詞

げんそく

  1. 基本的法則規則

発音

げ↗んそく





原則と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「原則」に関係したコラム

  • FXのスプレッドとは

    FX(外国為替証拠金取引)のスプレッド(spread)とは、FX業者の提示する売りの価格と買いの価格との差のことです。上の図は、USD/JPYとNZD/JPYのレート表示画面です。USD/JPYでは、...

  • 株365のメリット、デメリットは

    株365の取引には、株式取引やCFD、FXなどにあるようなメリットやデメリット、株365にしかないメリットやデメリットがあります。ここでは、株365のメリット、デメリットを紹介します。▼メリットマーケ...

  • 株式の投資8原則とは

    株式の投資8原則とは、過去の相場経験を8つの法則にまとめたものです。1.十分に調査する購入予定の銘柄の財務内容やチャートなどを十分に調査して研究することが望ましいとされます。また、企業の発表する決算報...

  • FXのチャート分析ソフトMT4のCCIの見方

    FX(外国為替証拠金取引)のチャート分析ソフトMT4(Meta Trader 4)のCCIの見方を解説します。CCIは、MT4のナビゲーター画面の「罫線分析ツール」に登録されています。チャート画面に表...

  • 日本国内のFX業者のスプレッド比較

    2012年5月現在、日本国内のFX業者のスプレッドの比較一覧です。なお、スプレッドは、原則として固定値になりますが、ボラティリティの高い時(値動きの激しい時)には大きな値に変動することがあります。また...

  • CFDの株式取引と現物株取引、信用取引との違い

    CFDの株式取引と、証券会社を通じた現物株取引や信用取引とはどこが違うのでしょうか。ここでは、東京証券取引所(東証)に上場している銘柄の取引を行った場合のそれぞれの違いについて解説をします。外国株式で...

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「原則」の関連用語

原則のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

つばさ

ラクティス

フリエリイボウミウシ

勾当内侍の塚

鈴木崇文

スピニングボール

ブラテディ

3000形





原則のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2017 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの原則 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの原則 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2017 Weblio RSS