ドローンとは?

Weblio 辞書 > ビジネス > 新語時事用語辞典 > ドローンの意味・解説 

ドローン

別名:無人航空機
英語:drone

無人遠隔操作自動制御によって飛行できる航空機総称。英語の「drone」は「(無線操縦の)無人機」あるいは「オス」といった意味の語。

2015年7月閣議決定された改正航空法では、ドローン(無人航空機)について次のように定義されている。
航空の用に供することができる飛行機回転翼航空機滑空機飛行船そのた政令定め機器であって構造上人乗ることができないもののうち、遠隔操作又は自動操縦中着)により、飛行させることができるもの(中略)をいう。 ― 新旧対照条文より
ドローンと呼ばれる機器にはさまざまな用途大きさ形状航空機含まれる。たとえば軍用のドローンは幅十数メートル主翼を持つ大型機であり、偵察爆撃に用いられている。商用のドローンは幅数十センチメートル程度小型中型機で、回転翼機マルチコプター)であることが多い。さらに個人向けの、いわゆるラジコン飛行機類する小型玩具もドローンと呼ばれることがある

商用ドローンは容易に立ち入れない場所を空撮する用途などで普及進んでいる。また、荷物配送システムに用いる研究なども進められている。

ドローンは2010年代前半通じて一般への普及が急速に進み、法整備後を追う格好となっている。2015年4月には首相官邸屋上落下したドローンが見つかり、微量放射性物質を含む容器搭載されていたこともあって、大きく報じられた。
2015年09月07日更新

ドローン

別名:無人飛行機無人航空機無人航空システム
【英】drone

ドローンとは、乗務員を乗せずに遠隔操作自律制御によって飛行する航空機のことである。

小型のドローンは人が容易に立ち入れない場所にも飛んで行けるため、空撮システムなどとして多く用いられている。空撮向けのドローンは複数ローター備えマルチコプター型のものが多い。

2013年にはAmazon.comがドローンを宅配システムに用いる(ドローン配送)の研究を進めていると公表して話題集めた。

2006年設立された中国企業であるDIJは、ドローンの最大手メーカーとして知られている。

産業・技術のほかの用語一覧
先端技術:  大面積エレクトロニクス  電子タトゥー  トライコプター  ドローン
印刷・DTP:  糸かがり綴じ  DTP  DTPソフト

【ドローン】(どろーん)

Drone.
パイロット搭乗しない航空機射撃訓練用の標的機空中発射デコイ偵察機など)を指し無人機とほぼ同義に用いられる。

kankan011.jpg
Photo:MASDF

BQM-74「チャカ」(手前)とBQM-34「ファイアー・ビー」(奥)


ドローン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/05/23 16:36 UTC 版)

ドローン (drone)とは、英語で雄のハチ(英語:Drone)を指す単語。転じて群体の一部(端末)、不活発・受動的な活動体、ハチの羽音などを指して用いられる。




「ドローン」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

ドローンに関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「ドローン」の関連用語

ドローンのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

アローヘッド

ARROWS M01

C-1

アナログRGB端子

Xperia Tablet Z SO-03E

AA-9

STOL

らくらくスマートフォン F-12D





ドローンのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
新語時事用語辞典新語時事用語辞典
Copyright © 2016 新語時事用語辞典 All Rights Reserved.
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2016 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリドローンの記事を利用しております。
航空軍事用語辞典++航空軍事用語辞典++
この記事はMASDF 航空軍事用語辞典++の記事を転載しております。
MASDFでは航空及び軍事についての様々なコンテンツをご覧頂けます。
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのドローン (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2016 Weblio RSS