国家資格とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 労働 > 資格 > 資格 > 国家資格の意味・解説 

国家資格

読み方:こっかしかく

国が法律に基づき認定を行っている資格医師弁護士税理士教員など。国家資格に対して民間企業主催認定している資格民間資格という。

資格

(国家資格 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/08/14 08:02 UTC 版)

資格(しかく、英:Qualification、Certificate)は、ある行為を行うために必要若しくは相応しいとされる地位や立場をいう[1]


  1. ^ 松村明大辞林 第三版』(三省堂2006年)1074頁及び新村出編『広辞苑 第六版』(岩波書店2011年)1199頁参照。
  2. ^ 金田一京助監修『新明解国語辞典 第四版』(三省堂1994年ISBN 4-385-13142-2
  3. ^ 用例については松村明前掲書(三省堂、2006年)1074頁及び新村出前掲書岩波書店、2011年)1199頁等を参照のこと。
  4. ^ 詳細は本項の「専門資格(職業資格・非職業資格)について」の節以下を参照のこと。
  5. ^ 職業資格と非職業資格という概念については河野志穂著「大学における資格・検定取得支援の現状と背景 ―経済・経営・商学系私立大学案内に見る資格検定講座の設置状況 (PDF) 」佐賀大学教育開発センター編『大学教育年報第4号』(佐賀大学、2008年)などでも用いられている。
  6. ^ 例えば法務省ウェブサイト 一般社団法人及び一般財団法人制度Q&A参照。
  7. ^ 例えば受験資格や応募資格の例としては厚生労働省 医師・歯科医師国家試験受験資格認定についてなど参照。
  8. ^ 社会教育主事任用資格及び社会福祉主事任用資格等は好例である。民間講座等の修了資格についても専門資格同様に表記される場合もある。
  9. ^ 資格制度一般の解説については、例えば阿形健司職業資格としての効用をどう捉えるか (PDF)独立行政法人労働政策研究・研修機構『日本労働研究雑誌』(2010年1月)他、河野志穂前掲論文(佐賀大学、2008年)参照。
  10. ^ 文部科学省資料:国家資格の概要について
  11. ^ 経済産業省資料:国家資格の概要について
  12. ^ 経済産業省資料(P132 2.3.2 国家資格とは):国家資格とは
  13. ^ 経済産業省ページブランクのため、元資料掲載:経済産業省委託 産業技術調査 産学連携の促進に向けた今後の課題に関する調査報告書(P132 2.3.2 国家資格とは):国家資格とは
  14. ^ 商工会議所法第9条第9号
  15. ^ 河野志穂前掲論文(佐賀大学、2008年) 40頁参照。
  16. ^ 保育士の仕事・求人まるわかり辞典
  17. ^ 例えば、インターネット分野の国際資格である、CIW(Certified Internet Webprofessional)参照。


「資格」の続きの解説一覧





国家資格と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「国家資格」の関連用語

国家資格のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

タチイバラ

かに座

成迫健児

T-4

フロデオスト・ガーリック

スパニッシュシーダー

ウェット ブルー

出雲日御碕灯台





国家資格のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2017 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの資格 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS