旅行業務取扱管理者とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 労働 > 役職 > 管理者 > 旅行業務取扱管理者の意味・解説 

旅行業務取扱管理者(国内・総合)

資格区分

国家資格

資格概要取得方法

【資格概要旅行契約に関する事務管理監督をするのが旅行業務取扱管理者です。具体的には、取引条件説明適正な広告実施旅行に関する苦情の処理などを行います。資格には国内旅行のみを扱うことができる「国内旅行業務取扱管理者」と、国内旅行海外旅行両方扱える総合旅行業務取扱管理者」の2種類があります。 「国内」は学生旅行業界への就職のために取得するケースが目立ちます。一方、「総合」は旅行会社勤めている人が、スキルアップのために取得するケースが多いようです国内・総合とも、2005年4月から「旅行業務取扱主任者」から「旅行業務取扱管理者」へと資格の名称が変更になりました。

取得方法国内・総合ともに受験資格の制限はなく、だれでも受験できます国内9月総合10月に試験が実施されるため、同じ年に両方を受験する人も少なくありません。試験科目国内は、「旅行業法及びこれに基づく命令」「旅行業約款運送約款及び宿泊約款」「国内旅行実務」の3科目総合では、これらに加え海外旅行実務」が課されます。国内・総合ともに独学学習し、試験に合格することも可能です。

受験資格

国内・総合とも制限なし

受験料

国内5800円、総合6500円

合格率

国内30.2%、一般18.3%(4科目受験者)。 いずれも2004年度。

試験日程

国内9月総合10月

試験会場

<国内>札幌仙台東京名古屋京都岡山太宰府 (福岡)、宜野湾沖縄) <総合>札幌仙台東京名古屋大阪広島福岡那覇

問い合わせ先

<国内> 社団法人全国旅行業協会 〒105-0001 東京都港区虎ノ門4-1-20 田中山ビル5階 03-5401-3666 http://www.anta.or.jp/ <総合> 社団法人日本旅行業協会 〒100-0013 東京都千代田区霞が関3-3-3全日霞が関ビル3階 03-3592-1277 http://www.jata-net.or.jp/

取得後の職業/活かせる仕事

旅行会社営業所には、1名以上(従業員10名以上の営業所では2名以上)の旅行業務取扱管理者を置くことが法律義務付けられています。このため旅行業界への就職転職旅行会社での昇進昇格には欠かせない資格と言えるでしょう

旅行業務取扱管理者

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/09/18 16:17 UTC 版)

旅行業務取扱管理者(りょこうぎょうむとりあつかいかんりしゃ)とは、旅行業法に定められている旅行業者及び旅行業者代理業者の営業所における顧客との旅行取引の責任者のことである。また、責任者となるための国家試験である旅行業務取扱管理者試験に合格した者すなわち旅行業務取扱管理者資格取得者のこと、あるいは資格そのものを指すこともある。2005年4月に旅行業法が改正される前には旅行業務取扱主任者と呼ばれていた。






「旅行業務取扱管理者」の続きの解説一覧





旅行業務取扱管理者と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「旅行業務取扱管理者」の関連用語

旅行業務取扱管理者のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

高崎正風

パラシュートスポーツ

吾妻山

側頭骨

KTM 990 SuperDuke

建築化照明

ブレーキワイヤー

カナダダラ





旅行業務取扱管理者のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
フジスタッフフジスタッフ
Copyright © Fuji Staff, Inc. All rights reserved.
フジスタッフ資格大辞典
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの旅行業務取扱管理者 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS