充電とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 電気 > 電気化学 > > 充電の意味・解説 

じゅう でん [0] 【充電】

( 名 ) スル
比喩的に)一定の期間休養をとり,以降活動のための活力蓄えること。 「一年間-して,職場復帰する」 〔「電気訳語集」(1893年)に英語 charge用例である electric charge訳語として載る


充電

英語 charge

2次電池電気蓄えること。自動車には、何度も放電繰り返すことができるバッテリー(2次電池)が使われるが、エンジンにより駆動されるオルタネーター発電した交流整流直流変換してバッテリー蓄える。EV場合はコースティング状態においてモーター発電機と化し、運動エネルギー位置エネルギー電気エネルギー変換してバッテリー蓄える。なお、バッテリー直流であるため充電時には直流使用する。自動車においてバッテリー上がり致命的であるため、充電状態を運転者知らせ警告灯や電圧電流計装着される。

※「大車林」の内容は、発行日である2004年時点の情報となっております。

充電

作者眉村卓

収載図書日がわり一話 第2集
出版社出版芸術社
刊行年月1998.9


充電

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/07/28 08:41 UTC 版)

充電(じゅうでん)とは、二次電池電流を流し化学的にエネルギーを蓄積したり、コンデンサ電圧を印加して電荷を蓄積することである。対義語放電。また、送配電においては電線路や設備あるいは機器に電圧が印加された状態(送電中)、電気電子回路において配線部品電極あるいは端子感電の恐れがあるレベルの電圧が印加されているまたは回路が閉じて通電している状態を充電ということがあるが、この時の対義語は非充電である。




「充電」の続きの解説一覧

充電

出典:『Wiktionary』 (2012/02/22 08:01 UTC 版)

名詞・サ変動詞

じゅうでん

  1. 電池外部から電流流し電気蓄えること。
  2. 転じて体力気力などを充分蓄え回復させること。

活用

サ行変格活用
充電-する

発音

じゅ↗うでん

または

じゅーでん

関連語






充電と同じ種類の言葉


品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「充電」の関連用語

充電のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

ユーロスピードウェイ

ロータリー

湿式クラッチ

サイノス

プロナード

ツインターボ

ハルダ

はめ合い方式





充電のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2016 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
三栄書房三栄書房
Copyright c San-eishobo Publishing Co.,Ltd.All Rights Reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの充電 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの充電 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2016 Weblio RSS