広東語とは?

カントンご [0] 【広東語】

シナ-チベット諸語属す中国語一方言。広東省広西チワン族自治区一部のほか,ホンコン・マカオで使用粤語(えつご)

広東語

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/11/26 02:15 UTC 版)

広東語(カントンご、英語: Cantonese)は、粤語の一方言である広州方言を基盤に成立した言語で、広州のみならず香港マカオのほか、マレーシアシンガポールブルネイ華人、及び各国にいる華僑華人の一部にも多くの話者がいる。欧米やオセアニアの華系社会でも主要な言語となっている。




[ヘルプ]
  1. ^ 「舜帝」→「帝舜」など
  2. ^ 一部に普通話のニュースなどがあり、また、芸能番組などでも普通話もしくは台湾国語が公用語の中国大陸・台湾からの芸能人と話すシーンでは、香港人の芸能人が普通話、台湾国語で話す場合がある。
  3. ^ 广东省人民政府令第165号《广东省国家通用语言文字规定》” (中国語). 广东省人民政府. 2011年12月26日閲覧。
  4. ^ 省政府召开新闻发布会通报通用语言文字规定有关情况” (中国語). 广东省人民政府. 2011年12月26日閲覧。


「広東語」の続きの解説一覧

広東語

出典:『Wiktionary』 (2012/04/01 22:23 UTC 版)

名詞

言語コード
ISO639-1 -
ISO639-2 chi (B)
yue (T)
ISO639-3 yue
SIL {{{4}}}

広東語かんとんご)

  1. 広東地域中心として話される中国語粤語(えつご)とも言う。中国広東省広西チワン族自治区香港マカオ及び華僑の間で使用される。

訳語

参照

発音表記法

広東語の発音ローマ字表記する方法としては以下のものが挙げられる。

  1. 香港言語学学会式香港言語学学会において制定された方式香港語言學學會粤語拼音方案(LSHK)、JyutPing粤拼).
  2. 広東ピンイン中華人民共和国政府制定した標準中国語用の漢語拼音を広東語に応用したもの。Penkyamp(拼音).
  3. イェール式米国イェール大学での言語学教育に用いられている方式欧米研究機関普及
  4. 教育学院拼音方案:香港教育署語文教学院編『常用字広州話読音表』において用いられた発音表記香港の教育機関広く使われている。『常用字広州話読音表』拼音方案教院式とも呼ばれる





広東語と同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

広東語に関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「広東語」の関連用語

広東語のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

ティッシュ箱包み

光像式照準器

排水性舗装機能回復車

レース・エンゼル

ED141

磯清水

F 650 GS

2007年ユニバーサル技能五輪国際大会記念千円銀貨幣





広東語のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2016 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの広東語 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの広東語 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2016 Weblio RSS