ECPとは?

Weblio 辞書 > 工学 > 走査電子顕微鏡用語 > ECPの意味・解説 

電子チャンネリングパターン ECP: electron-channeling pattern


エストラジオールシピオナート

分子式C26H36O3
その他の名称:エストラデップ、デポフェミン、デポエストラジオール、エストラジオール17β-シピオナート、ECP、Estradep、Depofemin、Depoestradiol、Estradiol 17β-cypionate、(17S)-Estra-1,3,5(10)-triene-3,17-diol 17-(cyclopentanepropionate)、デポエストラジオールシピオナート、エストラジオールシピオナート、Estradiol cypionate、Depoestradiol cypionate、17β-(3-Cyclopentylpropionyloxy)-3-hydroxy-1,3,5(10)-estratriene
体系名:17β-エストラジオール17-(3-シクロペンチルプロパノアート)、(17S)-エストラ-1,3,5(10)-トリエン-3,17-ジオール17-(シクロペンタンプロピオナート)、17β-(3-シクロペンチルプロピオニルオキシ)-3-ヒドロキシ-1,3,5(10)-エストラトリエン


ジクロフェンチオン

分子式C10H13Cl2O3PS
その他の名称:ヘキサネマ、VC-13ネマシド、ジクロフェンチオン、VC-13、Hexanema、VC-13 Nemacide、Dichlofenthion、Phosphorothioic acid O,O-diethyl O-(2,4-dichlorophenyl)、Thiophosphoric acid=O-(2,4-dichlorophenyl)=O,O-diethyl ester、Thiophosphoric acid O,O-diethyl O-(2,4-dichlorophenyl) ester、ECP剤、VC、ECP【nematicide】
体系名:チオりん酸=O-(2,4-ジクロロフェニル)=O,O-ジエチル、チオりん酸O,O-ジエチルO-(2,4-ジクロロフェニル)


ジクロフェンチオン

農薬ECP
和名orISO名[商品名]ジクロフェンチオン(dichlofenthion
分子式C10H13O3PSCl2
用途殺虫剤接触性・食毒性
LD50(ラット)/g kg-10.25
LD50(マウス)/g kg-1
劇毒区分劇物(3%以下は指定なし)
ランク
有機350
無機175
農薬登録(1996年時点)登録(日本)/承認ISO
その他在国内では使用されていない
分子データ
» 「動く分子事典」の分子モデル表示の特性について、「生活環境化学の部屋」より補足説明をいただいております。

ECP

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2012/04/24 00:49 UTC 版)






英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「ECP」の関連用語

1
70% |||||


3
18% |||||

4
12% |||||

5
12% |||||

ECPのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

ドチザメ

箸

マキユカリ

成蹊学園ケヤキ並木

セミ・オートマチック

野外炊具2号

響マーク

狐塚の棚田





ECPのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2017 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
JEOLJEOL
Copyright © 1996-2017 JEOL Ltd., All Rights Reserved.
独立行政法人科学技術振興機構独立行政法人科学技術振興機構
All Rights Reserved, Copyright © Japan Science and Technology Agency
生活環境化学の部屋生活環境化学の部屋
Copyright © 2017 Home Page for Learning Environmental Chemistry, All rights reserved.
Jmol is a free, open-source software licensed under the GNU Lesser General Public License
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのECP (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS