W-CDMAとは?

Weblio 辞書 > コンピュータ > IT用語辞典 > W-CDMAの意味・解説 

W-CDMA

フルスペル:Wideband Code Division Multiple Access
読み方ダブリューシーディーエムエー
別名:広帯域符号分割多元接続Wideband CDMA

W-CDMAとは、無線通信規格CDMA広帯域化された、第3世代携帯電話3G)の通信方式のことである。

W-CDMA方式には大きく分けてふたつの仕様があり、日本開発されて1998年6月国際電気通信連合ITU)に提出された「IMT-2000」と呼ばれる仕様を指す場合と、IMT-2000同じく欧州から提出された「UTRA」仕様統合されて仕上がった「DS-CDMA」仕様を指す場合とがある。いずれも内容大きな違いがあるわけではない

W-CDMA方式最大通信速度回線交換時で64kbps、パケット通信時で384kbpsの能力を持つ。静止状態ならば最大2Mbpsのデータ伝送も可能であるとされる動画音声リアルタイム配信が可能で、テレビ電話動画配信実現されている。CDMA方式1つ周波数複数利用者共有されるため、周波数効率がよい。加えて従来CDMA方式よりも広い帯域利用するために、通話品質データ通信速度にも優れる。

W-CDMAによるサービス日本世界先駆けて提供を開始した。NTTドコモは「FOMA」の名称で、2001年5月試験サービス開始し、同年10月には首都圏で本サービス開始した。ボーダフォン当時J-フォン)も「Vodafone Global Standard」(VGS)の名称で2002年12月からW-CDMAの本ービスを開始している。

携帯電話のほかの用語一覧
3G:  TD-LTE  UIM  UMTS  W-CDMA
PHS:  アステル  いまどこサービス  DAL

W-CDMA

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/06/12 13:13 UTC 版)

W-CDMA (Wideband Code Division Multiple Access) とは第3世代携帯電話 (3G) の無線アクセス方式の一つである。IMT-2000規格ではIMT-DS (Direct Spread)、3GPP規格ではUTRA-FDD (UMTS Terrestrial Radio Access-FDD) に規定されている。日本では「W-CDMA」で第3世代の移動体通信方式(システム)を指すことがあるが、この場合、他の国ではUMTS (Universal Mobile Telecommunications System) や3Gと呼ばれる[1]






「W-CDMA」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「W-CDMA」の関連用語

1
54% |||||

2
52% |||||

3
52% |||||

4
52% |||||

5
52% |||||

6
50% |||||

7
50% |||||

8
50% |||||

9
50% |||||

10
50% |||||

W-CDMAのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

AQUOS PAD SH-06F

prosolid

デシマル揃え

リアルモーションシステム

ThinkCentre

EPD

Adobe Dreamweaver

Microsoft Express mouse





W-CDMAのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2016 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリW-CDMAの記事を利用しております。
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのW-CDMA (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2016 Weblio RSS