4月1日とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > 4月1日の意味・解説 

4月1日

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/08/19 01:48 UTC 版)

4月1日(しがつついたち)は、グレゴリオ暦で年始から91日目(閏年では92日目)にあたり、年末まであと274日ある。




[ヘルプ]
  1. ^ 渋谷区同性カップル条例が成立 全国初、4月1日施行」朝日新聞、2015年3月31日。
  2. ^ 母の友編集部(編)『ぼくらのなまえはぐりとぐら-絵本「ぐりとぐら」のすべて。』福音館書店、2001年、83頁。ISBN 483401777X。大本の出典は『こどものとも』373号(1987年4月号)折込付録「絵本のたのしみ」。
  3. ^ キャラクター紹介”. サイボーグ009公式サイト 009ing. 2016年1月14日閲覧。
  4. ^ 『ドリームクラブZERO ビジュアルファンブック』 ソフトバンククリエイティブ〈ゲーマガbooks〉、2011年、92頁。ISBN 978-4-7973-6114-8
  5. ^ 高橋和希 『遊☆戯☆王キャラクターズガイドブック 千年の書』 集英社〈Vジャンプブックス〉、2015年、147頁、ISBN 978-4-08-779722-0
  6. ^ アイカツ!キャラクター”. 2014年10月7日閲覧。
  7. ^ サンライズ(企画・原作)、バンダイ(原案)、サンライズ、バンダイ(監修)『アイカツ! アイドル名鑑』小学館、2014年、44頁。ISBN 978-4-09-280501-9
  8. ^ 『カードキャプターさくら(1)』第1巻、講談社〈KCデラックス〉、1996年、43頁。ISBN 978-4-06-319743-3
  9. ^ 満田拓也 『Major―Dramatic baseball comic』第24巻、小学館〈少年サンデーコミックス〉、1999年、125頁。ISBN 978-4-09-125504-4
  10. ^ 井上雄彦 『SLAM DUNK』第23巻、集英社ジャンプ・コミックス〉、1995年、47頁。ISBN 4-08-871843-7
  11. ^ 矢吹健太朗長谷見沙貴 『To LOVEる -とらぶる-&To LOVEる -とらぶる- ダークネス公式データブック「ぱ〜ふぇくとらぶる! 」』 集英社〈ジャンプ・コミックス〉、2011年、90頁。ISBN 978-4-08-874852-8
  12. ^ 矢吹健太朗、長谷見沙貴 『To LOVEる-とらぶる-ダークネス 楽園計画ガイドブック「とらぶまにあ」』 集英社〈ジャンプ・コミックス〉、2014年、123頁。ISBN 978-4-08-880260-2
  13. ^ 『ファイアーエムブレム if ファイナルパーフェクトガイド』 KADOKAWA、2015年、36、342頁、ISBN 978-4-04-869406-3
  14. ^ 萩生響(はぎゅう ひびき)”. TVアニメ「あんハピ♪」公式サイト. 2016年5月1日閲覧。
  15. ^ 久保帯人 『BLEACH OFFICIAL CHARACTER BOOK SOULs.』 集英社〈ジャンプ・コミックス〉、2006年、119頁。ISBN 4-08-874079-3
  16. ^ a b 『マブラヴ オルタネイティヴ メモリアルアートブック』 アスキー・メディアワークス2012年、44頁。ISBN 978-4-04-891212-9
  17. ^ キャラクター”. TVアニメ「ハイスクール・フリート」公式サイト. 2016年4月11日閲覧。
  18. ^ 学校教育法第17条第1項。
  19. ^ 学校教育法施行規則第59条。


「4月1日」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「4月1日」の関連用語

4月1日のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

秋咲き

排気量

元田永孚

主要地点

関西国際空港開港記念500円白銅貨幣

ロースター

4極 i.LINK端子

アンクル・トリス





4月1日のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの4月1日 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2016 Weblio RSS