注意とは?

ちゅう い [1] 【注意】

( 名 ) スル
心を集中させて気をつけること。気を配ること。留意。 「細心の-を払う」 「健康に-する」
警戒すること。用心すること。 「横断の際は車に-しなさい」
傍らから気をつけるよう教えること。忠告。 「 -を与える」 「服装を-される」
〘心〙 精神はたらき高めるため,一つ観念やものに意識集めて他のものを抑制する選択的集中の状態。
柔道で,選手禁止事項犯したとき,審判員から受ける宣告の一。禁止事項犯し度合が,さらに犯せば「警告となるとき,あるいは二回目の「指導」を受けたときに宣告される。相手に有効を取られたのと同じになる。
[句]


注意

注意

注意


 度数分布表階級数,級限界階級幅を決めときにはいくつかの注意が必要である。
 度数分布図作成する場合階級数が大きすぎると不規則凹凸が生じ,分布把握障害が出る。逆に少なすぎても情報量が失われる。
 スタージェスは,データ個数を n としたとき,次式による C を階級とすればよいという目安与えた。表 1ケース数が 2 のべき乗のときの値を示す。
 級限界階級開始値),階級幅は切りのよい数値にしたほうがよい。
注意
表 1スタージェスの公式によるデータ個数階級数の関係
ケース数(n) 32 64 128 256 512 1024 2048 4096 8192
階級 6 7 8 9 10 11 12 13 14


注意

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/04/12 00:29 UTC 版)

注意(ちゅうい)は、ある物に対し気をつけることまたは相手に気をつける様にいうことである。ここでは心理学および生理学において用いられる注意、即ち前者を解説する。




「注意」の続きの解説一覧

注意

出典:『Wiktionary』 (2012/02/22 14:03 UTC 版)

名詞

ちゅうい

  1. 気をつけること。
    細心注意を払う。
  2. 用心すること。
  3. 相手気をつけさせること。
    注意を受ける。

訳語

語義1
語義2
語義3

関連語

動詞

活用

サ行変格活用
注意-する





品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

注意のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

自転車通行止め

車線数減少

指定方向外進行禁止

追い越しのための右側部分はみ出し通行禁止

自転車専用

駐車場

高さ制限

方面及び出口の予告





注意のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2017 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
セイトーセイトー
この記事は、株式会社セイトーがホームページ上にて運営している「道路標識について」の情報を転載しております。
統計学用語辞典統計学用語辞典
Copyright (C) 2017 統計学用語辞典 All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの注意 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの注意 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2017 Weblio RSS