滋賀県とは?

滋賀県

読み方:シガケン(shigaken)

地名辞典では2006年8月時点の情報を掲載しています。

滋賀県

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/09/19 08:24 UTC 版)

滋賀県(しがけん)は、琵琶湖を擁する日本国近畿地方北東部の内陸県である。県庁所在地大津市




  1. ^ 琵琶湖の鮎は琵琶湖に留まったままでは大きく成長しない。近江の商人もそれと同様に、近江から出ていった方が大成できるという意味。
  2. ^ 総務省の2010年(平成22年)国勢調査によると、2005年(平成17年)から2010年(平成22年)の人口増減率が47都道府県中5位(首都圏を除くと沖縄県に次いで2番目)
  3. ^ 新評論「地域再生 滋賀の挑戦」(森川稔編集)より。
  4. ^ ただし、びわ湖放送が当該天気予報コーナーをネットしたかどうかは不明。
  5. ^ 企業「環境先進県進出はメリット」(読売新聞)
  6. ^ 日本WPA「滋賀県は環境先進県だ!」
  7. ^ 田中, 将隆 (2014年2月19日). “数字でみる滋賀県:積雪量世界記録11.82メートル /滋賀”. 毎日新聞 地方版/滋賀 (志賀: 毎日新聞社): pp. 27 
  8. ^ 「琵琶湖研究所所報 (1986)」 流域を読む(姉川編)2 - 滋賀県琵琶湖環境科学研究センター
  9. ^ 国土交通省気象庁・気象統計情報
  10. ^ 観測地点名は彦根地方気象台の「防災情報で使用する地点名」に拠った。
  11. ^ 国土交通省気象庁・気象統計情報
  12. ^ 国土交通省気象庁・気象統計情報・過去の気象データ検索
  13. ^ 『角川日本地名大辞典 25 滋賀県』1979年、角川書店、24頁。
  14. ^ 浅井郡・伊香郡の変更以外で、1950年(昭和25年)4月1日の時点で大宝律令以来の郡と区域が異なっていたのは以下の地域。
    神崎郡葉枝見村(現:彦根市)の愛知郡への移行(1896年)
    坂田郡相撲庭(現:長浜市)の東浅井郡への移行(1889年(明治22年))
    大津市(1898年(明治31年)に市制移行、滋賀郡離脱。1950年(昭和25年)時点では坂本以北と瀬田川以東を含まず)・彦根市(1937年(昭和12年)に市制移行、犬上郡離脱。1950年(昭和25年)時点では鳥居本・高宮と荒神山・河瀬以南含まず)・長浜市(1943年(昭和18年)に市制移行、坂田郡離脱。1950年(昭和25年)時点で平成の大合併直前の市域と同じ)の市制移行による郡からの離脱
    栗太郡[[物部村 (滋賀県)|]](現:守山市)の野洲郡への移行(1921年(大正10年))など。
  15. ^ 以前の呼称は大津・志賀地域
  16. ^ 以前の呼称は湖南地域。
  17. ^ 以前の呼称は中部地域。
  18. ^ 湖北地域とともに東北部地域とされることもある。
  19. ^ 以前の呼称は湖西地域。
  20. ^ http://www.pref.shiga.lg.jp/b/kemmin-j/kenseishiryoshitsu/oupunkinen.pdf
  21. ^ 国立社会保障・人口問題研究所 日本の地域別将来推計人口(平成25年3月推計)
  22. ^ 琵琶湖に面している自治体は琵琶湖の面積も含む。
  23. ^ 全国比較でみる滋賀県の財政状況より。
  24. ^ a b 滋賀県内の農業、JA滋賀中央会、2014年1月26日閲覧
  25. ^ 近江の茶、滋賀県農政水産部、2014年1月26日閲覧。
  26. ^ 内閣府の2006年(平成18年)度県民経済計算によると、総生産に占める第2次産業の割合が46.7%で1位。
  27. ^ 平成22年滋賀県工業統計調査による。
  28. ^ 厚生労働省都道府県別医薬品生産金額より。
  29. ^ 滋賀県の地場産業
  30. ^ 滋賀健康創生特区が指定
  31. ^ 都道府県格付研究所 県内総生産額ランキングより
  32. ^ 内閣府平成25年度県民経済計算 一人当たり県民所得ランキングより
  33. ^ ニッセイ基礎研究所2020年度までの都道府県別成長率予測
  34. ^ 厚生労働省 平成27年版 労働経済の分析 -労働生産性と雇用・労働問題への対応-(第4章第3節)
  35. ^ 総務省統計局・労働力調査(基本集計)都道府県別結果
  36. ^ 滋賀ふるさと観光大使 西川貴教氏の大型野外フェス、タイトル、第二弾出演アーティスト発表!(県政eしんぶん)
  37. ^ 滋賀県内の大学
  38. ^ 人口あたり大学生数ランキング2011
  39. ^ 平成23年文部科学省の学校基本調査
  40. ^ ほぼ日刊イトイ新聞みうらじゅんに訊け! ―この島国篇―、2008年6月15日、2010年6月20日閲覧。
  41. ^ 国土交通省発表内閣総理大臣賞より。
  42. ^ 教育テレビは大阪放送局管轄。なお県内には教育テレビの中継局が所在する。
  43. ^ 第2放送は大阪放送局管轄。大阪府羽曳野市の送信所からの直接受信。
  44. ^ 2014年9月現在、2015年9月30日閲覧
  45. ^ 放送免許範囲の問題から地上波では受信可能なのにもかかわらず、当初はケーブルテレビ局での再送信が認められなかった
  46. ^ 京都新聞による京都府・滋賀県の市郡別各紙朝刊部数データ京都府・滋賀県の新聞のシェアデータから、中日新聞(前者データの「その他」と後者データの「F紙」)の滋賀県および県内各市郡での部数・シェアがわかる。
  47. ^ 『角川日本地名大辞典 25 滋賀県』1979年、角川書店、25頁。
  48. ^ NHKが1996年に実施した「全国県民意識調査」によると、「『よそ者』というような言葉が、この地域ではまだ生きている。」という項目で2位。
  49. ^ 祖父江孝男「県民・日本人気質」河出書房新書編集・発行(木津川計『含羞都市へ』61-62頁)
  50. ^ 『風俗文選(森川許六 選)・和漢文操(各務支考 編)・鶉衣(横井也有 著)』藤井紫影、武笠三諸 校訂、有朋堂書店(有朋堂文庫)1918年(大正7年)38頁
  51. ^ 新潮社「近江路散歩」より
  52. ^ 司馬遼太郎『街道をゆく』より「近江というこのあわあわとした国名を口ずさむだけでもう、 私には詩がはじまっているほど、この国が好きである」
  53. ^ 京都新聞記事「平成23年 滋賀県、昨年の観光客が最多に」
  54. ^ 京都新聞記事「湖国ラーメン 戦国期へ」
  55. ^ 読売新聞記事「旅行企画、県などブランド認定」
  56. ^ 文化庁「文化財指定等の件数



滋賀県

出典:『Wiktionary』 (2007/10/20 02:25 UTC 版)

固有名詞

(しがけん)

  1. 近畿地方北東部にあり、福井県岐阜県三重県京都府隣接する地方自治体中央部には琵琶湖広がる県庁所在地大津市





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「滋賀県」の関連用語

1
100% |||||

2
100% |||||

3
100% |||||

4
100% |||||

5
100% |||||

6
100% |||||

7
100% |||||

8
100% |||||

9
100% |||||

10
100% |||||

滋賀県のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

イヌワシ

垂水漁港のイカナゴ漁

ギルバート

ベーンせん断試験

ワインカクテル

リッジリフト

木材チップ船

ウェストバンド


滋賀県の温泉情報



滋賀県のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの滋賀県 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの滋賀県 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2016 Weblio RSS