リコールとは?

リコール [2] 【recall】

( 名 ) スル
公職にある者を有権者意思により解職すること。また,それを要求すること。日本では,最高裁判所裁判官の国民審査地方公共団体の長助役議員などの解職請求および議会解散請求などが制度化されている。
製品欠陥があるとき,生産者公表して製品回収修理すること。自動車では,生産者国土交通省届け出消費者製品回収伝える。

リコール(りこーる)

メーカーによる、欠陥車一斉回収

車両に何かのトラブルがあったときに、メーカー同一機種の全車両回収する制度である。運輸省保安基準を満たさない欠陥車について、リコールが実施される。自動車回収費・修理費ともにメーカー負担する。

リコールの際には、メーカー事前に運輸大臣届け出をする。道路運送車両法では、無届のリコールを禁じている。欠陥車事実世間公表し、故障による事故を防ぐためである。

利用者からクレームが来たとき、メーカーはリコールを避け傾向がある。リコールには巨額修理費用がかかる。おまけに企業イメージ悪くなる。そこで、クレームが来たときにその都度自動車修理する。こうすると、全車両回収するリコールよりもコストがかからない。

リコールの届け出決め道路運送車両法では、破った場合罰則が「100万円以下の科料」である。つまり表ざたになっても、メーカー負担はそう重くない。このためか、三菱自動車以外にもスバル自動車の「リコール隠し」などが過去発覚している。

(2000.08.18更新


リコール(食品回収)

食品製造業者または流通業者が扱っている食品に、人の健康に悪影響与えるような問題が生じる可能性があることが判明した場合などに、また、容器包装不備があった場合など当該業者が自らこれを公表し、無償食品回収を行うことをいいます。 これに対し、営業者が食品衛生法規定する食品衛生上の危害発生防止のために禁止している事項違反した場合は、厚生労働大臣または都道府県知事営業者に対し、当該食品などを廃棄させるか、または食品衛生上の危害除去するために必要な処置を命じることができます食品衛生法54条)。

リコール

名前 Ricord

リコール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/02/09 14:21 UTC 版)

リコール(Recall)とは罷免のこと。




「リコール」の続きの解説一覧

リコール

出典:『Wiktionary』 (2011/09/14 16:35 UTC 版)

語源

名詞

  1. 行政選挙多数要求により公務員解職したり、議会解散させること。解散請求解職請求
  2. 法律製造物責任観点から、製品設計製造段階による不具合発見された場合に、メーカー輸入業者該当する製品無料回収し、修理又は補償をする制度自動車オートバイについては、道路運送車両法により義務付けられており、その他の電化製品等は、製造物責任法における予防策として実施される。





品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「リコール」の関連用語

リコールのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

フォン・ノイマン

特定小電力無線局

グアムサンゴヤドカリ

片添ヶ浜海水浴場

山根ことみ

東西線50系車両

水郷筑波国定公園

ペイザンブルトン・カマンベール





リコールのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2017 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
時事用語のABC時事用語のABC
Copyright©2017 時事用語のABC All Rights Reserved.
食品安全委員会食品安全委員会
Copyright © 2006 - 2017 Food Safety Commission. All Right Reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのリコール (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのリコール (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2017 Weblio RSS