対策とは?

Weblio 辞書 > 工学 > 原子力防災基礎用語 > 対策の意味・解説 

たい さく [0] 【対策】

相手出方事件様子などに応じて立てる処理の手段。 「 -を講ずる」 「 -をたてる」
策問に対(こた)える意〕 律令制下の官吏登用試験出題漢文答え試験,またその答案
「対策」に似た言葉
方策  打つ手    方略  


風評被害(対策)

悪いうわさや評判など捉えどころのない風評によって、商品サービス自体には何ら問題がないにも関わらず、それらが忌避されることにより、生産者経済的損害を被ることを風評被害という。 1999年JCO臨界事故の際に、近隣農産物売れず、観光客減少するなどの風評被害があった。防災基本計画には、原子力緊急事態解除宣言後の災害復旧計画として、「国及び地方公共団体は、風評被害等の影響軽減のための広報活動を行うものとする」とある。

対策

読み方:タイサク(taisaku)

律令制で、文章得業生答申させる官吏登用試験


対策

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2015/05/02 21:03 UTC 版)

対策(たいさく)とは、かつて日本で行われた、官吏登用のための試験である。献策方略試秀才試文章得業生試ともよばれた。中国がの時代、秀才を選ぶ際に「策問」と称して天子が時事または経義をもって出題し、士がこれに応じて奉る文章を「対策文」と称していた。この制度が日本に伝わり、日本でも秀才が導入された。平安時代初期、紀伝道(文章院で漢詩文または歴史を学ぶ学科、通称は「文章道」)が盛んになると、文章博士大学寮で詩文・歴史を教授した教官)が「策文」を出して文章得業生(もんじょうとくごうしょう)に答えさせる試験が行われるようになり、この試験が「対策」といわれるようになった。この試験に合格すれば官吏に登用され、この試験は当時の最高国家試験であった。儒家でないために文章得業生になることができない文章生については、特に方略宣旨を申請して、「対策」を受験した。対策文は、中国の故事を引用した内容空疎なものであり、次第に形式化していったが、試験自体は室町時代まで行われた。




「対策」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

対策に関連した本

「対策」に関係したコラム

  • 株365のセーフティネットとは

    株365の取引の際には、証券会社に証拠金を預託します。証券会社は、顧客から預託された証拠金を株365の取引所である東京金融取引所へ預託します。その際、顧客の売り、買いといった注文内容は関係なく、証拠金...

  • 株主優待銘柄とは

    株主優待銘柄とは、株主に対する還元策の1つとして商品券や割引券など配布している銘柄のことです。企業は、株主還元のため、また、株主の獲得のためにさまざまな株主優待を用意しています。株主優待は、1単元でも...

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「対策」の関連用語

対策のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

デブリーフィング

半価層

加圧水型原子炉

緊急被ばく医療

高レベル放射性廃棄物

チェルノブイリ原子力発電所事故

五重の壁

原子炉





対策のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2017 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
文部科学省文部科学省
Copyright (C) 2017 文部科学省 All rights reserved.
環境防災Nネットホームページ原子力防災基礎用語集
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの対策 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS