レジオネラ菌とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 生物 > 菌類 > > レジオネラ菌の意味・解説 

レジオネラ菌 [Legionella pneumophila]

 レジオネラ属は水系土壌など広く自然界分布するブドウ糖発酵グラム陰性桿菌である。 レジオネラ肺炎原因であるLegionella pneumophilaを含め現在までに30種以上が報告され、いずれの菌株ヒト病原性を持つ。
 一応グラム陰性菌であるが、肺炎患者喀痰などに含まれる場合にはグラム染色性が悪く、別のヒメネス染色などで染める。この細菌細胞寄生性の細菌生体侵入した後、マクロファージなどの食細胞貪食されてもその中で直ち殺菌される事はなく増殖が可能である。
 この細菌は、普通の培地には発育できないので、B-CYE培地やWYO培地呼ばれる特別な培地を用いる。これらの培地中に活性炭が入っているので、黒っぽい培地である。活性炭加えることでこの細菌増殖にとって妨げとなる培地中の脂肪酸活性酸素吸着する。
 1976年アメリカペンシルバニア州フィラデルフィアホテル在郷軍人legionnaire)の集まりがあった。その時に空調冷却水の中で繁殖していたこの細菌が、細かい粒子となって冷房空気中に浮遊し、それを吸引した高齢者肺炎様の病気集団発生し、参加していた高齢者中心に多数死者が出た。このことから病気レジオネラ肺炎名にLegionella在郷軍人)pneumophila(フィラデルフィア肺炎様の症状)という名前が付けられた。実際には、この細菌による病気はもっと古くからあり、ヨーロッパなどでは原因不明ポンティアック病の原因であった事が解った。日本では、この細菌による院内感染1996年都内のK大学病院入院していた幼児が2名亡くなった事が報告されたが、日本各地空調冷却水からも分離される。 この細菌は他の細菌比べ高温環境強く24時間風呂では高濃度生存している。このはどの種類でもヒト病気起こすことが出来るので、24時間風呂利用している方々は、風呂を口に入れたり鼻から吸い込まないよう気を付けることが大切。

レジオネラ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2014/06/14 12:58 UTC 版)

(レジオネラ菌 から転送)

レジオネラ (Legionella) は、レジオネラ属に属する真正細菌の総称であり、グラム陰性桿菌。レジオネラ肺炎(在郷軍人病)等多くのレジオネラ症を引き起こす種を含む。少なくとも46の種と、70の血清型が知られている。通性細胞内寄生性菌である。




  1. ^ [1]
  2. ^ 掛け流し式温泉における微生物生息状況 (pdf) /2006 宮城県保健環境センター
  3. ^ 家庭用超音波式加湿器が感染源と考えられたレジオネラ症の1例 国立感染症研究所
  4. ^ 天然鉱石を使用した入浴施設が原因であると推定されたレジオネラ感染事例-群馬県 国立感染症研究所
  5. ^ CNN.co.jp 9月3日(月)11時9分配信
  6. ^ [2]
  7. ^ The Canadian Press Friday September 7, 2012 17:44配信 [3]
  8. ^ CBC Montreal 9月7日19時33分配信 [4]







レジオネラ菌と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

レジオネラ菌に関連した本

レジオネラ菌に関係した商品

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「レジオネラ菌」の関連用語

レジオネラ菌のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す




レジオネラ菌のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2014 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
微生物管理機構微生物管理機構
Microbes Control Organization Ver 1.0 (C)1999-2014 Fumiaki Taguchi
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのレジオネラ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2014 Weblio RSS