グラム陰性菌とは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 自然 > 生物 > その他の生物 > 真正細菌 > グラム陰性菌の意味・解説 

グラムいんせい きん [0] [6] 【グラム陰性菌】

グラム染色で染まらない細菌一群細胞壁は二層で薄い。外層リポ多糖類主成分とし,が死ぬと遊離して,時に毒性を示す。大腸菌コレラ菌淋菌根粒菌など,約80属が含まれる

グラム陰性細菌

同義/類義語:グラム陰性菌
英訳・(英)同義/類義語:Gram negative bacteria

大腸菌など、グラム染色染色されない細菌一群

グラム陰性菌 [Gram-negative bacteria]

 グラム染色赤色ないし赤桃色(陰性)に染まる細菌を指す。グラム陰性菌とグラム陽性菌との違いはそれらの細胞壁構成成分違いによる。細菌細胞壁細胞質膜外側にある分厚く堅い層で、細菌特有の形を保持している。グラム陰性菌の細胞壁構成多糖ムラミン酸というグリカン鎖とアミノ酸結合したペプチド鎖とが連結した比較的薄い格子状ペプチドグリカン層があり、その外側タンパク質リン脂質リポ多糖から成る複雑な外膜よばれる層が重なっている。グラム陰性菌はこの外膜存在するので、グラム染色に使われる塩基性色素(クリスタル・バイオレットなど)や媒染剤浸透せず、エタノール(エチルアルコール)で脱色され、別の色素(サフラニン)がこの外膜親和性があるので、グラム陽性菌(青藍色ないし青紫色)とは違った赤色ないし赤桃色に染色されるのである
グラム陰性菌としては腸内細菌科細菌(大腸菌赤痢菌サルモネラペスト菌肺炎クレブシエラ、エドワードジエラ、プロテウスなど)のほかに、コレラ菌などのビブリオ属エロモナス属緑膿菌百日咳レジオネラピロリ菌、さらに淋菌髄膜炎菌などのナイセリア属リケッチアクラミジアなど多く病原細菌があり、酢酸菌などの発酵細菌海洋細菌(海水中)の多くもグラム陰性菌である。
とくにグラム陰性菌の細胞壁含まれるリポ多糖体内毒素として種々の免疫・薬理活性(発熱作用血管血液凝固作用血圧降下作用など)をもっているので、グラム陰性菌感染症化学療法剤投与によって、細菌死滅したあとその体が破壊され、細胞壁リポ多糖(内毒素)が放出されると、治療が困難なエンドトキシン・ショック(内毒素ショック)をおこすことがある

グラム陰性菌

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/05/26 08:08 UTC 版)

グラム陰性菌(グラムいんせいきん、: Gram-negative bacteria)とはグラム染色においてクリスタルバイオレットによる染色が脱色される細菌の総称[1]グラム陽性菌ではクリスタルバイオレットは脱色されない。グラム染色試験では対比染色として通常はサフラニン (en:safranin) がクリスタルバイオレットの後に加えられ、全てのグラム陰性菌は赤あるいは桃色に染色される。




「グラム陰性菌」の続きの解説一覧





グラム陰性菌と同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

グラム陰性菌に関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「グラム陰性菌」の関連用語

グラム陰性菌のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

コリドラス・グァポレ

New Beetle Cabriolet

宝石

指示点

霧島屋久国立公園

マルコーニ

ヤマクワ

サーブ式SAAB340B型





グラム陰性菌のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2017 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
JabionJabion
Copyright (C) 2017 NII,NIG,TUS. All Rights Reserved.
微生物管理機構微生物管理機構
Microbes Control Organization Ver 1.0 (C)1999-2017 Fumiaki Taguchi
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのグラム陰性菌 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS