1999年とは?

Weblio 辞書 > 学問 > 近世年表 > 1999年の意味・解説 

1999年

作者山田風太郎

収載図書怪談部屋 怪奇篇―山田風太郎ミステリー傑作選 8
出版社光文社
刊行年月2002.5
シリーズ名光文社文庫


1999年

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/11/27 07:28 UTC 版)

1999年(1999 ねん)は、西暦グレゴリオ暦)による、金曜日から始まる平年平成11年。1000年代1900年代1990年代最後の年。世紀末[注 1]


[ヘルプ]

注釈

  1. ^ ノストラダムスの大予言』などの影響で"1999年 = 世紀末"というイメージが強いが、実際の20世紀末(最終年)は翌2000年である(「世紀」の項目も参照)。

出典

  1. ^ レイ・ブラッドベリ 『火星年代記』 早川書房1976年、13 - 39・45頁。ISBN 978-4-15-040114-6
  2. ^ 眉村卓なぞの転校生角川書店、1975年、184・185・189 - 194頁。全国書誌番号:75081989
  3. ^ グレゴリイ・ベンフォード 『夜の大海の中で』 早川書房、1986年、11 - 52・60 - 62・504頁。ISBN 978-4-15-010658-4
  4. ^ 井上敏樹 『超時空要塞マクロス[TV版](上)』 小学館1983年、15 - 18頁。ISBN 978-4-09-440001-4
  5. ^ フレドリック・ブラウン 『天の光はすべて星』 早川書房、2008年、133・225 - 262頁。ISBN 978-4-15-011679-8
  6. ^ ストライカーズ1999 - 彩京コンテンツ。2015年12月26日閲覧。
  7. ^ カール・セーガン 『コンタクト(下)』 新潮社1989年、163 - 166・172・173・178 - 183頁。ISBN 978-4-10-229402-4
  8. ^ カール・セーガン 『コンタクト(上)』 新潮社、1989年、110 - 120・292・293頁。ISBN 978-4-10-229401-7
  9. ^ 映画『2010年』冒頭より。
  10. ^ アーサー・C・クラーク 『2001年宇宙の旅 ―決定版―』 早川書房、1993年、67 - 130・229 - 231頁。ISBN 978-4-15-011000-0
  11. ^ 近藤和久機動戦士Ζガンダム VOL.1』 メディアワークス1994年、6頁。ISBN 978-4-07-301026-5
  12. ^ 押井守 『機動警察パトレイバー TOKYO WAR〈前編〉』 富士見書房1994年、5 - 13・28頁。ISBN 978-4-8291-2552-6
  13. ^ 特装機兵ドルバック - 株式会社PRODUCTION REED公式サイト。2016年9月20日閲覧。
  14. ^ 『トップをねらえ! 濃縮CD-ROM大図鑑』収録「おまけ年表」 ガイナックス、1996年。ASIN B005YNHX7G






英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

1999年に関連した本

「1999年」に関係したコラム

  • 株365のFTSE100証拠金取引の見方

    FTSE100証拠金取引は、FTSE100指数(FTSE100種総合株価指数)に連動して値動きする銘柄です。そのため、FTSE100指数の値動きや構成銘柄の特徴を知ることでFTSE100証拠金取引の値...

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「1999年」の関連用語

1999年のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

ピエトレン

アラン・チューリング

トリッカー

通夜

ジュエリー用ゲス

回り縁

あさかぜ丸

平包み





1999年のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
江戸net江戸net
Copyright (C) 2016 財団法人まちみらい千代田 All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの1999年 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2016 Weblio RSS