墜落とは?

つい らく [0] 【墜落】

( 名 ) スル
高い所から落ちること。 「飛行機が-する」
盛んな状態から急速に衰えた状態になること。 「得意の絶頂から-する」



【墜落】(ついらく)

航空機二度と離陸できなくなるような不適切極まる手順着陸する事。

軍用機場合はもちろん敵機高射砲ミサイルなどの攻撃によって撃墜される事が主要な原因である。
しかし、交戦せずとも操縦ミス整備不良天候パイロット急病管制などの事実誤認乗客テロリズムなど、航空機が墜落に至る原因数多い。墜落時の衝撃燃料漏れによる火災などで著し損傷発生するため、事後調査でも原因判明しない事例少なくない

航空機墜落事故はその性質上、一度発生すると射出座席落下傘なしに生存するのは困難であり、特に訓練されていない乗客乗せる旅客機では深刻な事態想定される。
このため、特に旅客機を扱う企業機体運用細心の注意要求され、あらゆる乗り物中でも特に厳重な安全対策罰則規定が敷かれている
機長など運航スタッフにも責任求められており、「最後の瞬間まで乗客の命を優先する義務がある」という観点から、射出座席など乗員の命を守る処置をあえて廃されている。

軍用機であっても市街地の上空などで墜落の危機陥った場合住居建造物民間人への被害を防ぐために機体を安全な墜落地点まで誘導した結果脱出が間に合わずに殉職する事がある


墜落

作者落合信彦

収載図書栄光遙かなり
出版社集英社
刊行年月1989.6

収載図書栄光遙かなり
出版社集英社
刊行年月1994.5
シリーズ名集英社文庫


墜落

作者舛本康

収載図書羽衣幻影
出版社新風舎
刊行年月2006.3


墜落

作者福本和也

収載図書墜落
出版社徳間書店
刊行年月1991.6
シリーズ名徳間文庫


墜落

作者川田弥一郎

収載図書死の人工呼吸
出版社講談社
刊行年月1994.6

収載図書死の人工呼吸
出版社講談社
刊行年月1997.6
シリーズ名講談社文庫


墜落

作者岬兄悟

収載図書彗星パニックSFバカ
出版社広済堂出版
刊行年月2000.2
シリーズ名広済堂文庫


墜落

作者稲垣足穂

収載図書ライト兄弟に始まる
出版社筑摩書房
刊行年月2005.7
シリーズ名ちくま文庫


墜落

読み方:しょーちこーとん

  1. 黄昏。〔朝鮮人隠語
  2. 黄昏を云ふ。

分類 朝鮮人

隠語大辞典は、明治以降の隠語解説文献や辞典、関係記事などをオリジナルのまま収録しているため、不適切な項目が含れていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

航空事故

(墜落 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/07/22 15:20 UTC 版)

航空事故(こうくうじこ)とは、航空機の運航中に起きる事故である。




[ヘルプ]
  1. ^ Fatal Events and Fatal Event Rates of Airlines
  2. ^ planecrashinfo.com による統計
  3. ^ ボーイング社による航空事故統計
  4. ^ フライトシミュレーターの運用と医学など分野を越えて分析研究が行われている。
  5. ^ アメリカン航空から1957年製造のダグラス DC-7型機を譲渡され小規模の様々な実験後1963年には離着陸失敗事故想定の再現検証実験に使用した。(FAA FIlm on crash safety tests, circa 1963. [1] From the archives of the San Diego Air and Space Museum[2])
  6. ^ 実施場所の条件、政府当局からの許可手続きと協力など。
  7. ^ 管制下の民間共用空港と市街地域の飛行から遠隔操作の無人離陸は許可されなかった。
  8. ^ 好奇心の扉:航空機事故は解明できるのか? | ディスカバリーチャンネル
  9. ^ Sandia National Laboratories: Sled Track







品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

墜落に関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「墜落」の関連用語

墜落のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

ZSU-23-4

迫撃砲

マークスマンライフル

ピレネースプリット

無反動砲

バイバイフライト

コブラ

ドローグ





墜落のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2017 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
航空軍事用語辞典++航空軍事用語辞典++
この記事はMASDF 航空軍事用語辞典++の記事を転載しております。
MASDFでは航空及び軍事についての様々なコンテンツをご覧頂けます。
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
皓星社皓星社
Copyright (C) 2017 株式会社皓星社 All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの航空事故 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS