西暦とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 生活 > 時間 > > 西暦の意味・解説 

せい れき [0] 【西暦】

西洋諸国をはじめ世界広く用いられている暦。イエス-キリスト生誕したとされていた年(実際生誕は四年以上さかのぼる)を紀元元年としている。西紀キリスト紀元

西暦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/08/11 07:48 UTC 版)

西暦(せいれき)とは、キリスト教キリスト(救世主)と見なされるイエス・キリストが生まれたとされる年の翌年を元年(紀元)とした紀年法である[1]ラテン文字表記はヨーロッパ各国で異なるが、日本語英語圏では、ラテン語の「A.D.」又は「AD」が使われる。A.D.またADとは「アンノドミニ (Anno Domini)」の略であり、「主(イエス・キリスト)の年に」という意味。西暦紀元、キリスト紀元ともいう。




[ヘルプ]
  1. ^ J・D・ブルゴワン 『暦の歴史』 池上俊一監修、南條郁子訳 創元社 2001年5月20日、p.066
  2. ^ 当時のローマは東ローマ帝国の承認を受けた東ゴート王国テオドリック大王による支配下にあり、ローマ教皇は管轄地域である西方地域での影響力を持っていた。
  3. ^ a b c 岡崎 1996, 第二章 中世における普遍史の展開,ディオニシウス・エウシグウス
  4. ^ a b c d 岡崎 1996, 第二章 中世における普遍史の展開,ディオニシウスの算定方法
  5. ^ たとえばウィクショナリー「AD」英語版)を参照。
  6. ^ 気象測器検定規則 第十三条 - 法令データ提供システム
  7. ^ 邦暦の使用例 新潟県庁:新潟県の教育統計:図説「新潟県教育20世紀のあゆみ」:教育史年表(教育法制・教育改革)
  8. ^ 檀君紀元と西暦では新年のずれは生じない。西暦2017年は檀君紀元4350年となる。
  9. ^ なお、同年8月15日の建国直後には大韓民国臨時政府(上海亡命政府)が成立した1919年を紀元とする「大韓民国暦」が使われたが、1カ月で使用が停止された。
  10. ^ 韓国の初代大統領は1919年の臨時政府でも大統領を務めた李承晩で、彼は強いナショナリズム政策を取っていたが、李の失脚後に1961年の軍事クーデターで政権を奪取した朴正煕は強権による近代化路線への変更を準備していた。
  11. ^ 韓国の歴史教育では檀君自体は実在するとされている。一方で、その考古学的証拠はないという指摘もある。
  12. ^ 一例として、北朝鮮の国営通信社である朝鮮中央通信の公式サイトでは、朝鮮語と英語の双方で主体暦と西暦の併記が行なわれている。
  13. ^ 金日成は主体曆導入3年前の1994年に死去していた。この主体暦導入決定は彼の長男で、北朝鮮の2代目最高指導者となった金正日により実施された。
  14. ^ 西暦2017年は主体(チュチェ)106年。
  15. ^ たとえば、西暦2017年(仏暦2560年)に日本で開催される「第18回タイ・フェスティバル2017」では、タイ語の案内では仏暦(実例)、日本語の案内では西暦(実例)の紀年法が採用されている。出典:在東京タイ王国大使館、「公式サイト」、2017年5月1日閲覧。
  16. ^ 例えば、西暦2017年は仏滅紀元2560年。


「西暦」の続きの解説一覧





西暦と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「西暦」の関連用語

西暦のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

913SH G TYPE-CHAR

タマゴバロニア

シラユキモドキ

姫淡竹

広瀬川のカジカガエルと野鳥

はしご

ガルバーニ

犬養毅





西暦のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2017 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの西暦 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS