唐とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 表現 > > の意味・解説 

から [1] 【唐・韓・漢

中国朝鮮。また,外国。 「 -天竺てんじく
中国朝鮮の,中国朝鮮から伝わった,舶来のなどの意の複合語作る。 「 -」 「 -織り」 「 -櫛笥(くしげ)

とう たう 【唐】

中国の王朝名。
李淵高祖)が隋の恭帝禅譲をうけて建てた統一王朝618907)。都は長安律令制均田制租庸調制府兵制による中央集権体制確立文化大い興隆当時世界一大文明国となり,日本遣唐使派遣して文物制度導入に努めた。安史(あんし)の乱以降衰え朱全忠に滅ぼされた。李唐
五代の一。 → 後唐こうとう
五代十国の一。 → 南唐なんとう
転じて中国のこと。また,外国
[句]

【とう】[漢字]

【 刀 】 たう [音] トウ
かたな。 「 刀剣刀身刀槍とうそう快刀執刀小刀帯刀大刀短刀佩刀はいとう抜刀宝刀木刀名刀青竜刀彫刻刀日本刀
刀の形をした中国古銭。 「 刀貨刀銭刀布刀幣
【 冬 】 [音] トウ
四季の一。ふゆ。一年暮れ。 「 冬季冬至冬眠越冬旧冬厳冬初冬仲冬晩冬立冬夏炉冬扇
【 灯 ( 燈 ) 】 [音] トウ
ともしび。あかり。 「 灯火灯心灯台灯明灯油灯籠とうろう行灯あんどん街灯献灯幻灯紅灯提灯(ちようちん点灯電灯常夜灯走馬灯
仏教で,世の中の闇を照らすもの。 「 仏灯法灯 」 〔本来,「灯」の音は「テイ」で,激しい火の意。燭台の意の「燈(とう)」とは別字
【 当 ( 當 ) 】 たう [音] トウ
あたる。あてる。
かなう。つりあう。 「 当選該当 ・相当 」
ある条件基準にあてはまる。 「 当否穏当至当失当 ・妥当 ・不当
ひきうける。受けもつ。 「 当局当直当番担当当事者
その場に応じる。 「 当惑当意即妙
わりふる。 「 配当
現今の。さしあたっての。 「 当今当座当主当初当世当節当代 ・当分 ・当面
その。この。 「 当該当時当日当所当地当人
そうあるべきである。 「 当為 ・当然 ・当来
当選」の略。 「 当確当落
【 投 】 [音] トウ
なげる。なげつける。 「 投下投手投石投擲とうてき完投好投暴投
なげいれる。 「 投函とうかん投獄投票投錨(とうびよう)
与える。おくる。 「 投稿投資投書投薬投与恵投
合わせる。合う。 「 投機意気投合
とどまる。滞在する。 「 投宿
【 豆 】 [音] トウ ・ズ
まめ。 「 豆乳豆腐大豆(だいず)
中国古代祭器の名。 「 俎豆(そとう)
伊豆(いず)国」の略。 「 豆州(ずしゆう)
【 到 】 たう [音] トウ
いきつく。いたる。 「 到達到着 ・到底 ・到頭到来殺到着到精神一到 」
【 東 】 [音] トウ
ひがし。 「 東亜東夷(とうい)東海東経東国東西東上東征東都東方東洋関東極東江東山東坂東ばんどう東奔西走
五行説で,春にあてる。 「 東宮東風
【 逃 】 たう [音] トウ
にげる。のがれる。 「 逃走逃避逃亡
【 倒 】 たう [音] トウ
さかさま。 「 倒影倒錯倒置倒立
たおれる。たおす。 「 倒潰とうかい倒壊倒閣倒産倒幕昏倒こんとう卒倒打倒転倒七転八倒抱腹絶倒
動作程度激しいようすを示す。 「 圧倒驚倒傾倒一辺倒
【 党 ( 黨 ) 】 たう [音] トウ
むら。生まれ故郷。 「 郷党
みうち。血縁。 「 族党郎党
なかま。ともがら。 「 党派党類一党残党私党政党徒党
政党のこと。 「 党員党議党人党籍解党公党脱党入党野党与党立党離党
【 凍 】 [音] トウ
こおる。こごえる。 「 凍結凍原凍死凍傷凍瘡とうそう凍土解凍冷凍
【 唐 】 たう [音] トウ
中国の王朝の名。 「 唐詩唐書唐代唐三彩
中国。また,外国。 「 唐桟唐紙唐人唐土唐物唐墨唐本
ほら。でたらめ。 「 荒唐無稽こうとうむけい
いきなり。だしぬけに。 「 唐突
【 套たう [音] トウ
おおうもの。おおい。 「 外套手套書套
【 島 】 たう [音] トウ
しま。 「 島嶼(とうしよ)群島孤島諸島半島離島列島無人島
たう [音] トウ
モモ。 「 桃花桃李(とうり)桃林白桃桃源郷
[音] トウ
木の名。キリ。 「 桐油梧桐(ごとう)糸桐
【 納 】 たふ
⇒ のう〔納〕 [漢]
【 討 】 たう [音] トウ
うつ。征伐する。 「 討幕討伐討滅征討追討
求める。調べる。 「 討議討究討論検討探討
【 透 】 [音] トウ
とおす。とおる。しみこんで通り抜ける。 「 透過透徹浸透滲透しんとう
すく。すきとおる。すける。 「 透視透写 ・透明 」
【 偸[音] トウチュウ
ひそかにぬすむ。ぬすびと。 「 偸安偸視偸盗(ちゆうとう(とうとう)) 」
【 悼 】 たう [音] トウ
悲しむ。人の死をいたむ。 「 悼詞悼辞哀悼深悼追悼悲悼
【 盗 ( 盜 ) 】 たう [音] トウ
ぬすむ。ぬすびと。 「 盗賊盗難盗伐盗品盗癖盗用強盗窃盗夜盗
【 陶 】 たう [音] トウ
やきものせともの。すえ。 「 陶瓦(とうが)陶器陶芸陶工陶土陶窯製陶陶磁器
教え導く。 「 陶冶(とうや)薫陶
心がふさぐ。 「 鬱陶(うつとう)
【 塔 】 たふ [音] トウ
梵語 stūpa音訳卒塔婆(そとば)」の略。 「 塔婆石塔仏塔卵塔五輪塔多宝塔
高くそびえる細長い建造物。 「 尖塔せんとう鉄塔無線塔
【 搭 】 たふ [音] トウ
のせる。のる。 「 搭載搭乗
【 棟 】 [音] トウ
屋根の最も高い部分。むなぎ。むね。 「 棟梁(とうりよう)上棟
長いむねの建物。 「 病棟別棟研究棟 ・汗牛充棟
【 湯 】 たう [音] トウ
熱し。 「 湯治(とうじ)湯婆(たんぽ)温湯熱湯金城湯池
ふろ。温泉。 「 湯治銭湯
【 痘 】 [音] トウ
ほうそう。もがさ。 「 痘痕とうこん痘瘡とうそう痘苗牛痘種痘水痘天然痘
【 登 】 [音] トウ ・ト
のぼる。 「 登高登場登壇登頂登攀とうはん登山(とざん)先登
公の所へ出席する。出勤する。 「 登院登校登庁登城(とじよう)
試験に)合格する。 「 登科登第
記載する。 「 登記登載 ・登録 」
みのる。成熟する。 「 登熟
【 答 】 たふ [音] トウ
こたえる。こたえ。 「 答案答辞答申答弁答礼応答回答解答口答即答返答名答問答
【 筒 】 [音] トウ
竹づつ。つつ。 「 円筒水筒封筒発煙筒
【 等 】 [音] トウ
ひとしい。 「 等圧等式等身等分均等同等 ・平等(びようどう等間隔等高線等時性等比級数
なかま。 「 等輩等類
品位順位を表す。 「 等級高等 ・上等 ・親等 ・特等優等劣等
【 統 】 [音] トウ
ひとすじつながり。血すじ。 「 系統血統皇統正統伝統道統
一つにまとめる。すべる。統一統括統轄統御統計統合統制統帥統率統治統領
【 滔たう [音] トウ
大いみなぎる。 「 滔天滔滔
【 稲 ( 稻 ) 】 たう [音] トウ
イネ。 「 水稲晩稲陸稲
【 読 】
⇒ どく〔読〕 [漢]
【 蕩たう [音] トウ
はらう。すっかりなくなる。 「 蕩尽掃蕩
ゆらぐ。 「 震蕩揺蕩
酒色におぼれる。とろける。 「 蕩児淫蕩いんとう放蕩遊蕩
広い。大きい。ひろびろとしてのどかである。 「 蕩蕩浩蕩こうとう駘蕩たいとう
【 踏 】 たう [音] トウ
ふむ。ふみつける。 「 踏査踏破高踏雑踏人跡未踏
受けつぐ。 「 踏襲
あしぶみする。 「 踏歌踏舞舞踏 」 〔「蹈」の書き換え字としても用いられる〕
【 糖 】 たう [音] トウ
さとう。 「 糖蜜砂糖蔗糖(しよとう)製糖甜菜てんさい糖 」
炭水化物のうちにとけて甘味呈するもの。 「 糖分糖類果糖乳糖麦芽糖葡萄(ぶどう)糖 」
【 頭 】 [音] トウ ・ズ ・ト
あたま。こうべ。 「 《 トウ頭角頭数頭髪頭部叩頭こうとう低頭禿頭とくとう頭蓋骨とうがいこつずがいこつ) 」 「 《 ズ 》 頭巾(ずきん)(ときん)) ・頭上頭痛頭脳
物の先端。 「 竿頭かんとう
はじめ。最も先だつもの。 「 初頭陣頭先頭年頭冒頭徹頭徹尾
ほとり。あたり。 「 駅頭街頭枕頭ちんとう路頭
かしら。おさ。 「 頭首頭目頭領地頭船頭せんどう番頭
【 濤たう [音] トウ
なみ。おおなみ。 「 濤声怒濤波濤風濤
【 謄 】 [音] トウ
原本通り書きうつす。 「 謄写謄本
【 蹈たう [音] トウ
「踏」に同じ。 「 蹈襲 ・蹈破 」 〔「踏」とも書き換えられる〕
[音] トウ
フジ。 「 藤花
かずら。 「 葛藤(かつとう)
藤原ふじわら氏」の略。 「 藤氏源平藤橘(とうきつ)
【 闘 ( 鬭 ) 】 [音] トウ
たたかう。あらそう。 「 闘技闘魂闘士闘志闘争暗闘格闘敢闘決闘拳闘けんとう健闘死闘私闘戦闘争闘奮闘力闘悪戦苦闘
たたかわせる。試合をさせる。 「 闘牛闘鶏闘犬
【 禱 たう [音] トウ
いのる。まつる。 「 祈禱祝禱黙禱
【 韜たう [音] トウ
弓を入れるふくろ。転じて兵法奥義。 「 韜略六韜りくとう
【 騰 】 [音] トウ
高くなる。あがる。のぼる。 「 騰貴高騰上騰沸騰暴騰奔騰

もろこし [0] 【〈唐土〉・唐

〔「諸越」の訓読から〕
◇ 昔,日本から中国を呼んだ称。唐。唐土。 「勅旨おおみこと戴き持ちて-の遠き境に遣はされ/万葉集 894
昔,中国から伝来した物についてその名称の上に冠して用いた語。

読み方:カラkara

中国古称


Tang

トウ
タウ

【県侯】王季

長吏

県人


出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/10/15 20:23 UTC 版)

(とう、拼音: Táng618年 - 907年)は、中国王朝である。李淵を滅ぼして建国した。7世紀の最盛期には、中央アジアの砂漠地帯も支配する大帝国で、中央アジアや、東南アジア北東アジア諸国、例えば朝鮮半島渤海日本などに、政制・文化などの面で多大な影響を与えた世界帝国である。日本の場合は遣唐使などを送り、894年(寛平6年)に菅原道真の意見でその回の遣唐使を中止し、結果としてそれ以降遣唐使は送られず、それまでは積極的な交流をしていた。首都は長安に置かれた。


[ヘルプ]
  1. ^ Turchin, Peter; Adams, Jonathan M.; Hall, Thomas D (December 2006). “East-West Orientation of Historical Empires”. Journal of world-systems research 12 (2): 222. ISSN 1076-156X. http://jwsr.pitt.edu/ojs/index.php/jwsr/article/view/369/381. 
  2. ^ Taagepera, Rein (1997). “Expansion and Contraction Patterns of Large Polities: Context for Russia”. International Studies Quarterly 41 (3): 475–504. doi:10.1111/0020-8833.00053. JSTOR 2600793.  p. 492.
  3. ^ 『東洋に於ける素朴主義の民族と文明主義の社会』(1940年)
  4. ^ 加藤徹 『貝と羊の中国人』 新潮社〈新潮新書 169〉、2006年6月16日ISBN 978-4106101694p112₋p113 「隋の楊氏も唐の李氏も、遊牧民族である鮮卑族の血を、濃厚に引いていた。そのため、唐の皇室のランクは、漢民族の貴族の家柄より格下であると、世間では見なされていた。唐の第二代皇帝太宗は、臣下に命じて『貞観氏族志』という本を編纂させた。この本では、天下第一の名門を唐の皇室とし、漢民族の名門である崔氏や盧氏の上に置いていた。このような涙ぐましい宣伝にもかかわらず、唐一代を通じて、唐の皇室の血筋は、高貴とは見なされなかった」
  5. ^ 『文藝春秋SPECIAL』2016年7月号、文藝春秋社、p205楊海英「隋に続く唐も鮮卑系で、首都長安は東アジアだけでなく、シルクロードを介して西方からさまざまな人々が訪れ、商業活動や文化活動が展開された」
  6. ^ 『文藝春秋SPECIAL』2016年7月号、文藝春秋社、p67岡田英弘「隋、唐ともの鮮卑人のつくった王朝です」
  7. ^ 岡田英弘 『中国文明の歴史』 講談社講談社現代新書〉、2004年12月18日、102頁。ISBN 978-4061497610「この時代の王朝である隋も唐も、その帝室は鮮卑系の王朝であった北魏、西魏、北周のもとで実現した、鮮卑族と、鮮卑化した漢族の結合した集団のなかから出てきたものである。」
  8. ^ 劉及辰『京都学派哲学』(光明日報出版社 1993年)または『日本対中国的文化侵略』叢書 (昆侖出版社)
  9. ^ 森安講義への質問に対する回答(全面的に補足)、第4回全国高等学校歴史教育研究会「唐の王族・李氏が拓跋出身であることを認めない者は、もはや世界中のどこにもいません。ただし問題になるのは、中国でも日本でも同じで、多くの“中国史”学者が、唐の王族・李氏をはじめとする支配者階級の集団はすでにほぼ 完全に“漢化”してしまっていたに違いないと信じ込み、我々のような見方に対して冷淡だったことです。我々の見方は、日本では京都大学杉山正明教授が多数の一般向け概説書で強く主張したことによって、かなり広く知られるようになり、帝国書院の高校教科書にさえ取り上げられました」
  10. ^ 杉山正明(『世界の歴史 大モンゴルの時代』)、西尾幹二(『決定版国民の歴史』)らの説。
  11. ^ 渡邊信一郎「唐代後半期の中央財政―戸部曹財政を中心に―」(初出:『京都府立大学学術報告』人文・第40号(1988年)/所収:『中國古代の財政と國家』(汲古書院、2010年)第14章)
  12. ^ 『中国史2』、p460
  13. ^ ボストン美術館にある『歴代帝王図』は閻立本の手によると伝えられるが、北宋代の模写であると推察されている。
  14. ^ 蘇軾曰く「画は呉道士(道玄の元の名)に至りて終われり。」
  15. ^ 『絢爛たる世界帝国 : 隋唐時代』、331p
  16. ^ 新疆ウイグル自治区政府編『新疆概覧: シルクロードの十字路』文芸社より
  17. ^ 大室『パノラマの帝国』1頁
  18. ^ 汪「中国遊侠史」443~444頁
  19. ^ 「義」の定義については、相田洋は、『非血縁的な仲間結合を支える原理』としている。「義」は通常の道徳と異なるため、義を立てる遊侠でありながら、盗賊であることもありえる。相田「橋と異人」28頁
  20. ^ 日本において10世紀前半に相次いで発生した承平天慶の乱などの一連の地方反乱もこれに該当するという説もあるが、10世紀前半の中国大陸・朝鮮半島と日本列島の地理条件や政治・経済・社会などの環境の違いから、承平天慶の乱の発生は唐滅亡後の混乱や変革とは直接的な関係はなく、むしろ200年以上遅れる形で平氏政権の成立に影響を与えたとする理解もある(榎本淳一「唐代の朝貢と貿易」(初出:平川南 他編『文字と古代日本2 文字による交流』(吉川弘文館、2005年)/所収:榎本『唐王朝と古代日本』、吉川弘文館、2008年))。
  21. ^ 宦官勢力によって父・昭宗が失脚させられた際に皇帝として擁立されたが、2ヶ月足らずで昭宗が返り咲いたため李裕の即位の事実は否定された。通例として歴代皇帝には数えられていない。



出典:『Wiktionary』 (2010/09/29 04:48 UTC 版)

発音

熟語


※ご利用のPCやブラウザにより、漢字が正常に表示されない場合がございます。
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence. Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.





唐と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「唐」に関係したコラム

  • CFDで取り扱う株式の一覧

    CFDで取り扱う株式には、日経平均株価(日経225)採用銘柄をはじめ、アメリカ合衆国、欧州圏、中国などの証券市場に上場している銘柄があります。CFDで取り扱われている株式はCFD業者によりさまざまで、...

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「唐」の関連用語


2
100% |||||

3
100% |||||

4
100% |||||

5
100% |||||

6
100% |||||

7
100% |||||

8
100% |||||

9
100% |||||

10
100% |||||

唐のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

名取川

Xperia Z2 Tablet SO-05F

タント

LS800J/56DH

護摩壇山自然の森

クロチチダマシ

ボルボXC70

刺しゅう枠





唐のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2017 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
むじん書院むじん書院
Copyright (C) 2017 mujin. All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの唐 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
漢字辞典
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence.
Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Distributed under the Terms of Use in http://www.unicode.org/copyright.html.
Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.

©2017 Weblio RSS