唐土とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 難読語辞典 > 唐土の意味・解説 

とう ど たう- [1] 【唐土】

中国をさして呼んだ称。もろこし

もろこし [0] 【〈唐土〉・唐

〔「諸越」の訓読から〕
◇ 昔,日本から中国を呼んだ称。唐。唐土。 「勅旨おおみこと戴き持ちて-の遠き境に遣はされ/万葉集 894
昔,中国から伝来した物についてその名称の上に冠して用いた語。

唐土

読み方:トウド(toudo)

中国を呼んだ称


唐土

名字 読み方
唐土もろこし
名字辞典では、珍しい名字を中心に扱っているため、一般的な名字の読み方とは異なる場合がございます。

唐土

読み方
唐土からつち
唐土からと
唐土もろくに
唐土もろこし

中国

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/02/09 13:40 UTC 版)

(唐土 から転送)

中国(ちゅうごく)は、ユーラシア大陸の東部を占める地域、および、そこに成立した国家社会中華と同義。


[ヘルプ]
  1. ^ 外務省:中華人民共和国
  2. ^ 中国 - Yahoo!ニュース
  3. ^ 地球の歩き方 > 中国の概要
  4. ^ 例えば軍人勅諭には、「昔神武天皇自ら大伴物部の兵どもを率ゐ、中国のまつろはぬものどもを討ち平らげ給ひ…」とある。
  5. ^ 東洋文庫『塩鉄論』39章p199の訳では「中夏」
  6. ^ そもそも中国大陸には近代まで「国家」という概念はなく、皇帝は中華思想のもと自らを地上で唯一の天子だと考えた。そして、各時代において民衆(漢民族)は、その圧制から逃れるために万里の長城を越えて周辺地域に移り住み、それを中央が再度取り込み膨張していったのが中国(概念)であり、その過程において近代になって注目され始めたのがチベットやウイグル、モンゴルなどで見られる民族宗教の問題である。
  7. ^ 間宮林蔵述村上貞助編『東韃紀行』国立公文書館デシタルアーカイブ 東韃地方紀行 中巻(文化八年(1811年)筆原本画像)の最終頁に「中国」の呼称が複数登場し、「日本と中国」ともある。日本と中国が対置する概念として記載されている。なお、同書に掲載されている清朝役人の名刺は「大清国」である。
  8. ^ 川島真「最初の歴史教科書問題」(日本経済新聞、2009年10月26日)
  9. ^ 1906年中国革命同盟会の機関誌『民報』誌上で発表。
  10. ^ レジナルド・ジョンストン. 新訳紫禁城の黄昏. 本の風景社. p. 73. http://books.google.co.jp/books?id=aiiz4H-sExkC&printsec=frontcover&dq=%E6%96%B0%E8%A8%B3%E7%B4%AB%E7%A6%81%E5%9F%8E%E3%81%AE%E9%BB%84%E6%98%8F&hl=en&ei=JDDMTPyiBoqEvgOHu6UQ&sa=X&oi=book_result&ct=result&resnum=1&ved=0CCUQ6AEwAA#v=onepage&q&f=false. 
  11. ^ 酒井信彦 中華人民共和国は侵略の現行犯国家だ 月刊日本九月号 平成二十年八月二十二日発行
  12. ^ この訳語は、「中国」という言葉と一致しない、という見解があるが、新唐書列傳第146上/西域上/天竺國には、当時のインドの用語「シナ」を唐側では「中国」と理解していた用例が残っている。唐から当時北インドを支配していたヴァルダナ朝マガダ国に使者が送られ、唐使を迎えたマガダ王が家臣に「いにしえよりマハーチーナ(大シナという意味)の使者がわが国に来たことはあったのか?」と問い、家臣が「ありません」と回答した文章に続いて、「戎(えびす)の言葉では中国をマハーチーナ為す」との解説が付されている。原文は以下「「自古亦有摩訶震旦使者至吾國乎?」皆曰:「無有。」戎言中國為摩訶震旦」






英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

唐土に関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「唐土」の関連用語

唐土のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

インダクション検層

プレジデント

KTM 50 MINI ADVENTURE

オオクワガタ

キジハタ

地方自治法施行60周年記念 岩手県分 1,000円銀貨幣

ライナーワーク

木槌





唐土のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2016 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
名字見聞録名字見聞録
copyright©1996-2016 SPECTRE all rights reserved.
EDRDGEDRDG
This page uses the JMnedict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの中国 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2016 Weblio RSS