スバルとは?

Weblio 辞書 > 工学 > 大車林 > スバルの意味・解説 

すばる 【昴・スバル】

文芸雑誌。1909(明治42)~13年大正2)刊。「明星」から出た平出修平野万里木下杢太郎石川啄木らが中心高踏的耽美(たんび)的で,詩歌を主とした。森鷗外指導的座を占め「雁」なども掲載された。

スバル(富士重工)

英語 SUBARU

日本メーカー1953年会社創立以来モータースポーツへの関与は、初期日本GPスバル360参加した程度ワークスとしては縁が薄かったが、89年からWRC参戦開始(実際活動プロドライブ担当)。94年からは新兵インプレッサ投入してシリーズ2位、95年から3年連続メーカー・チャンピオンに輝いた99年年間最多勝達成その後挑戦続ける。また88年イタリアモトーリ・モデルニ共同F1用に水平対向12気筒エンジン開発スタートしたが、これは失敗に終わった。なお、会社自体直接の関係はないが、我が国のナショナル・フォーミュラであるFJ1600には、市販車に搭載されていた排気量1.6Lの水平対向4気筒エンジンがずっと使われつづけている。

※「大車林」の内容は、発行日である2004年時点の情報となっております。

須原

読み方:スバル(subaru

所在 熊本県上益城郡山都町

地名辞典では2006年8月時点の情報を掲載しています。

SUBARU

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/04/20 23:55 UTC 版)

(スバル から転送)

株式会社SUBARU(スバル、英語Subaru Corporation)は、日本重工業メーカーである。




[ヘルプ]

注釈

  1. ^ 株式額面金額変更のため、東邦化学→富士重工業(新社)を存続会社として旧社は吸収合併されている。
  2. ^ 終戦後、アメリカに接収されて、140オクタンの高品質な燃料を使用しての綿密なテストの結果、アメリカをして「第二次大戦の日本戦闘機のベストワン」と絶賛させた。
  3. ^ 「富士」は「富士山」に由来する。中島飛行機の創立者である中島知久平は、日本を代表する名山である富士山をこよなく愛した。
  4. ^ 本社は東京都新宿区角筈(新宿スバルビル所在地)である
  5. ^ 当時、ブリヂストン会長でもあった石橋正二郎個人が筆頭株主の会社(つまり、厳密にはブリヂストンの資本系列ではなかったが、銀行は事実上のブリヂストン支配の会社と認定していた)となっていた。
  6. ^ 1954年(昭和29年)、戦前の立川飛行機の転進で、同じくブリヂストン傘下にあったプリンス自動車工業と合併、富士精密工業としてスタートした後、1961年(昭和36年)、プリンス自動車工業と名称を変更、スカイライングロリア皇室御料車プリンスロイヤルなどを開発。1966年(昭和41年)、日産自動車に吸収合併された。
  7. ^ のちの富士ロビン。2007年に富士重工系列を離れマキタ沼津を経てマキタに吸収合併。
  8. ^ OEMによる完成車の相互供給も行なわれたが、2003年(平成15年)にいすゞのSIAからの撤退をもって関係を解消している。
  9. ^ GM傘下在籍中には、同傘下のSAABにインプレッサ・スポーツワゴンのOEM車種サーブ9-2Xを提供したり、GMのタイ工場からオペル車のOEMであるトラヴィックなどの供給を受けていた。また2003年(平成15年)から開発がスタートした「B9トライベッカ」ではサーブ版を最初からサーブ側と共同開発する計画だった。
  10. ^ 大型専業4社のほかにトヨタ自動車を含む。
  11. ^ 最終生産車は、東濃鉄道に納入された日産ディーゼル大型観光バス

出典

  1. ^ “不正受給:富士重に補助金8億円返還処分”. 毎日jp (毎日新聞社). (2013年2月1日). オリジナル2013年5月1日時点によるアーカイブ。. https://archive.is/20130501152717/http://mainichi.jp/select/news/20130201ddm012040186000c.html 2013年2月1日閲覧。 
  2. ^ 富士重工業株式会社が「株式会社SUBARU」に社名を変更 (PDF)”. プレスリリース (2016年5月12日). 2016年5月12日閲覧。
  3. ^ ヤマハ発動機と富士重工業の間で 汎用エンジンの一部および米国販売会社の譲渡に関する契約を締結”. ヤマハ発動機プレスリリース (2016年12月7日). 2017年1月8日閲覧。
  4. ^ 富士重工業 産業機器カンパニーをスバル自動車部門へ統合”. 富士重工業プレスリリース (2016年5月12日). 2016年5月12日閲覧。
  5. ^ ヤマハ発動機と富士重工業の間で 汎用エンジンの一部および米国販売会社の譲渡に関する契約を締結”. ヤマハ発動機プレスリリース (2016年12月7日). 2017年1月8日閲覧。
  6. ^ “日産ディ、西日本車体へのバスボディー発注集約を発表”. NIKKEI NET (日本経済新聞社). (2002年1月16日). オリジナル2002年1月18日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20020118131653/http://www.nikkei.co.jp/news/sangyo/20020116CIII077616.html 2017年3月15日閲覧。 
  7. ^ 富士重工業 塵芥収集車フジマイティーの生産を終了 (PDF)”. プレスリリース (2012年12月21日). 2016年5月12日閲覧。
  8. ^ 事業譲り受けに関するお知らせ (PDF)”. 新明和工業 (2013年1月7日). 2016年5月12日閲覧。
  9. ^ https://members.subaru.jp/event//ceremony/20170331/


「SUBARU」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「スバル」の関連用語

スバルのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

アンへドラル・ノーズウイング

ステップワゴン

O2センサー

ピストンピンボス

軸重

ラウンジシート

固体電解質型燃料電池

ジョン・サーティーズ





スバルのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2017 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
三栄書房三栄書房
Copyright c San-eishobo Publishing Co.,Ltd.All Rights Reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのSUBARU (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS