解散とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 政治 > 政治活動 > 解散 > 解散の意味・解説 

かい さん [0] 【解散】

( 名 ) スル
会合などが終わって,人々別れ散ること。 ↔ 集合現地-」
集団組織団体などを解いて,なくすること。 「劇団が-する」
議会で,議員全員に対し任期満了前にその資格消滅させること。国会では衆議院にのみ認められ,衆議院内閣不信任案可決,あるいは信任案を否決した場合に,内閣総辞職しない限り解散となるほか,内閣判断で解散が決定される場合もある。地方議会でも一定の手続きのもとに行われる
会社法上,会社が本来の目的である営業活動止め法人格を失う状態になること。合併場合を除き,財産関係を整理し,清算する。

げ さん 【解散】

( 名 ) スル
ばらばらにほぐれてなくなること。 「披閲のところ数日鬱念一時に-す/平家 7


解散

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/03/09 04:11 UTC 版)

解散(かいさん)とは一定の目的で集まった、または集められた人や物、またはその両方から成る団体又は集団が、社会的な意味でその団体(集団)としての特性を失い消滅することをいう。




「解散」の続きの解説一覧

解散

出典:『Wiktionary』 (2011/07/19 15:43 UTC 版)

名詞

かいさん

  1. 集会や団行動などが終わって集まっていた人がみんな別れ散ること。
  2. 会社や団体などの組織活動止め整理すること。
  3. 衆議院地方議会新し議員選出するため、まだ任期満了資格を解いて、議会一時閉じること。

発音

か↗いさん

翻訳

関連語

動詞

活用

サ行変格活用
解散-する

翻訳






解散と同じ種類の言葉


品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「解散」に関係したコラム

  • 株式の投資基準とされるBPSとは

    株式の投資基準とされるBPS(Book-value Per Share)とは、1株あたり純資産のことです。BPSは、次の計算式で求めることができます。BPS=純資産÷発行済み株式数BPSは、企業の解散...

  • 株式の投資基準とされるPBRとは

    株式の投資基準とされるPBR(Price Book-value Ratio)とは、時価総額が株主資本の何倍かを示す指標のことで、株価純資産倍率とも呼ばれています。PBRは、次の計算式で求めることができ...

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「解散」の関連用語

解散のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

鮎川義介

KTM 250 SX-F

F-04B

幻住庵跡

FOMA SO705i

Gerald Ford

挙式後のお礼

キジバト





解散のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2017 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの解散 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの解散 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2017 Weblio RSS