reとは?

レイノルズ数

読み方:レイノルズすう
英語:Reynolds number、Re

流体粘性力に対す慣性力割合

レイノルズ数は、次の計算式で求めることができる。

レイノルズ数=慣性力÷粘性

レイノルズ数では、流体層流乱流かを調べることができる。一般的には、レイノルズ数が2300以下の場合層流、2300以上の場合乱流という。
2015年0805更新

フルチェンケータイ re

re 画像1
re 画像2

re 画像3
re 画像4

re 画像5
re 画像6

re 画像7
re 画像8

re 画像9
re 画像10

仕様 (スペック)

サイズ/重量 50 (W) ×105 (H) × 16.4 (D) mm (閉じた状態) / 約122g
連続通話時間(音声通話時) 240
連続待受時間 230時間
ディスプレイサイズ
(メイン/サブ)
約2.7インチ / 約1.1インチ
ディスプレイタイプ
(メイン)
TFT [サブ有機EL]
液晶最大表示色
(メイン/サブ)
26色 / 1色
カメラ機能 有効画素数/撮影素子 319万画素 / CMOS
撮影ライト
オートフォーカス機能
フォト機能 最大撮影サイズ2,048×1,536ドット
連写撮影 9 / 4連写
ズーム機能
(最大ズーム/調節段階)
3.0倍 / 17段階
ムービー機能 長時間録画
(最大サイズ/最大時間)
VGA =90分 (注1)

ズーム機能
(最大ズーム/調節段階)

4.9倍 / 24段階
Eメール 受信メール保存件数※1 約2.5MB または 1,000
送信メール保存件数※1 約1.0MB または 500
データ容量 データフォルダ容量※1 合計 約100MB または 5,000件 (BREW®専用として別途 約50MB)
外部メモリ
(対応カード最大容量)※2
2GB microSD / セキュア対応
ワンセグ連続視聴時間
(DBEXON時/DBEXOFF時)※3
約5時間00分 / 約5時間00
アドレス帳登録件数
(電話帳/Eメールアドレス)
1,000件 (3件 / 3件)
赤外線通信
マルチプレイウィンドウ
ハンズフリー機能
標準セット オープン価格

【リバースエンジニアリング】(りばーすえんじにありんぐ)

Reverse engineering (RE)

実際に製造された工業製品分析して、そこに含まれる工学知見調査する事。
通常の工学研究(Engineering)の行程逆流(Reverse)する事からリバースエンジニアリング(RE)と呼ばれる

研究開発部門有する企業であればどこでも日常業務としてREを行っている。
ほとんどの工業製品仕様書設計図の類が「企業秘密」として公開されていないため、REを行わずに技術開発を行う事はできない
また、多く製品開発に関わった技術者本人しか記憶ていないような非公式技術情報が残されている。
技術者世代交代移籍によって既存技術情報散逸する事も少なからずあるため、自社製品分析不定期行われる

製品抱えている潜在的欠陥調査するため、あえて先入観を持たないスタッフにREを行わせる事もある。

関連:デッドコピー チャイニーズコピー クフィル 殲撃7 Tu-4 コンピュータ2000年問題

法的側面

リバースエンジニアリングそのものは完全に合法であり、これを罰する法は基本的にない。
ただし、REの分析結果転用した製品販売特許著作権意匠権などの知的財産権抵触する可能性がある。

一部製品では利用許諾契約書にリバースエンジニアリングを禁止する条項明記されている場合がある。
ただし、その旨条項法的正当なのであるかどうかについては疑問余地もある。

また、明白に違法意図をもってリバースエンジニアリングが行われた事例少なくない
例えコンピュータウィルス対するREを行えば、より強力で対策困難なコンピュータウィルス作る方法を知る事になる
ユーザー登録が必要なソフトウェア解析したエンジニアは、登録料を支払わず不正に利用する方法を知る事になる
窃盗団家屋の鍵、セキュリティ装置ICカードなどを解析し、それらの装置欺く方法を学ぶ事ができる。

確度の高い技術情報を得るためにスパイ行為を働く事もある。
そうした産業スパイ」は家宅侵入窃盗などの刑事事件社内規定による解雇処分損害賠償などの民事訴訟発展する

軍事におけるリバースエンジニアリング

各国兵器に明らかな類似性共通点があるのは偶然ではない。
リバースエンジニアリングなしに成り立たないのは軍需産業例外ではなく兵器基幹技術全て他社解析されている。
特定の企業にしか生産できない兵器」は存在せず、たとえ存在したとしても、解析完了するまでの一時的優位に過ぎない

例えば、パテント失効した「古き良き銃器世界中銃器メーカーによって解析され、コピー製品が作られている。

戦車軍用機など高度な軍事機密関わる製品例外ではないが、こうした製品のREは困難を伴う。
製品解析するためには何らかの方法現物入手するか、スパイ経由情報入手なければならない
このため鹵獲された他国兵器は、REを行う軍属研究機関移送されることが多い。
また、大規模軍需企業周辺では常に各国諜報機関暗躍しているとも言われる

この他、同盟国から輸入された兵器存在する「整備などの際に無断分解てはならないとされる部品分解し、無理やり技術を得ることも稀にある。
しかし、これは露見すれば外交問題発展するのは想像に難くない


RE

※「大車林」の内容は、発行日である2004年時点の情報となっております。

反射電子 RE,BSE,BE: reflected electron,backscattered electron


レニウム(VI)

分子式Re
その他の名称:Rhenium(VI)
体系名:レニウム(VI)


3,12-ジヒドロキシ-6α-[2-O-(6-デオキシ-α-L-マンノピラノシル)-β-D-グルコピラノシルオキシ]-20-(β-D-グルコピラノシルオキシ)ダンマラ-24-エン

分子式C48H82O18
その他の名称:3,12-Dihydroxy-6α-[2-O-(6-deoxy-α-L-mannopyranosyl)-β-D-glucopyranosyloxy]-20-(β-D-glucopyranosyloxy)dammara-24-ene、Re
体系名:3,12-ジヒドロキシ-6α-[2-O-(6-デオキシ-α-L-マンノピラノシル)-β-D-グルコピラノシルオキシ]-20-(β-D-グルコピラノシルオキシ)ダンマラ-24-エン


レニウム

分子式Re
その他の名称:Rhenium、Re
体系名:レニウム


物質
レニウム
英語名
Rhenium
元素記号
Re
原子番号
75
分子量
186.207
発見
1925年
原子半径(Å)
1.37
融点(℃)
3180
沸点(℃)
5627
密度(g/cm3
21.2
比熱(cal/g ℃)
0.033
イオン化エネルギー(eV)
7.88
電子親和力(eV)
0.15


希土類元素(RE:Rare-earth element)

希土類元素(RE: Rare-earth element)  ランタン(La)からルテチウム(Lu)までの一連の元素いずれも3価が主な原子価性質類似している。これらの元素ランタノイド総称し、周期表では、ランタンと同じ位置全部いれている。希土類として元素分類したときは、ランタノイドスカンジウム(Sc)とイットリウム(Y)を含めている。(近角聡信等、「最新元素知識」より) ランタノイド類の中で、Gdよりも元素重量が軽い元素軽希土類元素LRE: light rare-earth elements)と呼び通常、(LRE)Ba2Cu3O7d材料とした際に超電導体となる、La, Nd, Sm, Eu, Gdが指す。これらの元素を用いた場合には、(LRE)とBa置換した固溶体形成しやすく、超電導特性変化する。  

Re

名前 レ; レー

.re

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2014/01/29 08:51 UTC 版)

.re
レユニオンの国旗
施行 1997年
TLDの種類 国別コードトップレベルドメイン
現在の状態 利用可
管理団体 AFNIC
後援組織 AFNIC
利用地域 レユニオンに関係する団体・個人
使用状況 レユニオンで使われている。
登録の制限 地元への居住が必要。
階層構造 登録は第二レベルか第二レベルドメインの下の第三レベルに行われる。
関連文書 Naming charter for .re
方針 Alternative Dispute Resolutions
ウェブサイト AFNIC.re
テンプレートを表示

.re国別コードトップレベルドメインccTLD)の一つで、フランス海外県レユニオンに割り当てられている。.fr及び.tfとともにAFNICによって管理されている。

レユニオンに居住しない組織、個人の登録は受け付けられていない。

第二レベルに直接登録される他、以下の第二レベルドメインの下にも登録される。

  • .asso.re: 協会
  • .nom.re: 苗字
  • .com.re: 商業

外部リンク


Re.

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2015/07/29 16:12 UTC 版)

Re.
上戸彩スタジオ・アルバム
リリース 2004年12月8日
録音 2004年
ジャンル J-POP
時間 52分20秒
レーベル FLIGHT MASTER
プロデュース 熊谷伍朗
チャート最高順位
  • 週間19位(オリコン
  • デイリー11位(オリコン)
上戸彩 年表
MESSAGE
2004年
Re.
(2004年)
UETOAYAMIX
2005年
Re.収録のシングル
  1. 風/贈る言葉
    リリース: 2004年6月16日
  2. あふれそうな愛、抱いて/涙をふいて
    リリース: 2004年7月28日
  3. ウソツキ
    リリース: 2004年11月17日
テンプレートを表示

Re.』(アールイー)は、2004年12月8日にリリースされた上戸彩の3枚目のアルバム。

解説

  • 前作『MESSAGE』より、およそ9ヶ月ぶりの発売となる。CCCD
  • 「Re.」(英語でReply、Responseなどの意)は、前作の「MESSAGE」に対しての答え、という意味を込めて名付けられた。
  • 本作は、ウインターラブソング中心のアルバム。
  • 2004年12月末までの期間限定特典として、六つ折りミニポスター封入。
  • 発売記念イベント『Re.みんな待ってるネ!Aya's X'mas Party 2004』参加券両方に封入。

収録曲

  1. winter love
    作詞:中島有紀、作曲・編曲:家原正樹
  2. ウソツキ
    作詞:織田哲郎・NORI、作曲:織田哲郎、編曲:織田哲郎・長田直也
    10thシングル
  3. name of love
    作詞:shungo.、作曲:森元康介、編曲:h-wonder
  4. シンジラレナイ=シンジタイ
    作詞:田中花乃、作曲:酒井ミキオ、編曲:鈴木Daichi秀行
  5. 風 ~南風バージョン~
    作詞:三浦徳子、作曲:織田哲郎、編曲:長田直也・岡田光司
    8thシングル
    NHK教育テレビアニメ「忍たま乱太郎」第18代目エンディングテーマ
  6. 冬の花火
    作詞・作曲:広沢タダシ、編曲:上杉洋史
  7. あふれそうな愛、抱いて
    作詞:三浦徳子、作曲:織田哲郎、編曲:清水信之
    9thシングル
    ロッテ「爽」CMソング
  8. 涙をふいて
    作詞:広沢タダシ、作曲・編曲:Sin
    9thシングルのカップリング曲
    東映配給アニメ映画「劇場版 金色のガッシュベル!! 101番目の魔物」主題歌
  9. 世界中がハッピーバースディ
    作詞:三浦徳子、作曲:藤井宏一、編曲:河野伸
  10. あの人に会いたい -"Re." Style-
    作詞:荒木伸二、作曲:川西純・川嶋可能、リミクサー:Koma2 Kaz
  11. 愛のために。-B2f's love affair mix-
    リミクサー:B2f

RE

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2015/12/31 12:26 UTC 版)

RE

Re

re

RE

関連項目

Re: (曖昧さ回避)


Re:

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2010/04/10 16:34 UTC 版)

Re:(アールイー)
松田樹利亜スタジオ・アルバム
リリース 2007年2月7日
ジャンル ポップス
時間 38分18秒
レーベル ウェーブマスター
プロデュース 鈴木慎一郎
松田樹利亜 年表
Real Glitter
2006年
Re:(アールイー)
2007年
xxx in VOGUE
2007年

Re:』(アールイー)は松田樹利亜アルバム

概要

自身の誕生日にリリースした本作はアルバムタイトルの由来は「RE-TURN」「RE-TRY」などの再びやるという意味を込めて付けた。

収録曲

  1. Re:
  2. JEWELRY GUN
  3. LIBEDO
  4. DYNAMITE RISK
  5. breast
  6. 罪なき罪のRush
  7. Don't feel me, Don't find me
  8. 散花
  9. reflections
  10. TILL THE END OF RUN
  11. 色のない花
作詞:松田樹利亜 作曲・編曲:鈴木慎一郎(#ALL)

関連項目


Re:

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/03/10 08:26 UTC 版)

Re:は、電子メールネットニュースの「返信」を意味する語である。

文字上の表現手段であり、読み方が定義されていないため正確な発音は存在しないが、あえて発音される際には、「」や「リー」もしくは「」や「レー」などと発音されている。マルチバイトの文字使用環境においても、必ず1バイトのいわゆる半角英字で記述される。

発祥

元々は、英語圏において文通の返信の表現として用いられていたという記録が1707年オックスフォード英語辞典に残っていることから、それよりも古い時代から用いられていたのではないかと考えられる。英語圏のビジネスレターなどでは、現在も「…について」の意味で表題に用いられることがある。

一方で、現在用いられている「Re:」はコンピュータ用語からの転用であることが多い。1972年、アメリカのAT&Tベル研究所において電子メールの策定が行われた際に、返信時のタイトルを標準で「Re:」とするITU勧告が出された。Request for Commentsとしては2001年4月RFC 2822 として返信のメールで元のメッセージのSubjectフィールドの内容の前に「Re: 」(コロンの後に空白が入る) と書いてもよいと定義された。RFC 2822には、ラテン語の「res」という語が語源で「…について」という意味であると記述されており、responseやreply、refer to、returnの略とはされていない。RFC 2822を 置き換えた RFC 5322 もほぼ同様であるが、その3.6.5節では、ラテン語の「in re」の省略であるとしている。

使用

「Re:」は返信を行ったとき、電子メールの件名の先頭に自動的に付加される。日本のある種のメールソフトでは、返信のたびに一つずつ増える。さらに、メールソフトによっては「Re>」や、返信の回数に応じて「Re9:」などと数字を付加する例も見られる。しかし、電子メールの歴史的背景から伝統的に「Re: 」が使用されているので、「Re:」以外の文字列を使用することはITU-TRFCの標準からは外れることになる。したがって、「Re:」以外の文字列を付加したり、「Re:」を複数回付加したりすると、受信したメールソフトでスレッド形式の表示がうまくできないことがある。RFC 5322の3.6.5節では、1回だけ追加するとされている。

NetNewsでもメッセージはRFC 2822に従って記述することとなっており、記事にフォローアップをすると「Re:」を付加するニュースリーダーが多い。

同様の文字列はインターネット上の電子掲示板でも使われることがある。

言語固有の“Re:”

インターネットの電子メールにおける「Re:」は、「#発祥」で述べたとおり英語圏での使用が起源と考えられる。他の言語の電子メールでも、「Re:」と同じ用法で件名の先頭に付加するための接頭辞が見られる。

AW:[1] 
ドイツ語
Re:[1] 
英語圏をはじめとして、もっとも広く使われる。言語によらず、返信を表す標準的な接頭辞とされることがある(「#発祥」を参照)。
SV:[1] 
スウェーデン語デンマーク語
VS:[1] 
フィン語

いずれの接頭辞も、2文字目以降は大文字になることも小文字になることもある。まれに、すべての文字が小文字になることがある。ごくまれに、最後の「:」が省かれる。

特定の言語への対応を主眼としたメールユーザエージェント (メールソフト) には、返信時に件名に付加する接頭辞として、「Re:」の代わりにこれらを実装しているものがある。国際化されたメールソフトでは、ユーザインタフェースの使用言語を切り替えることによって接頭辞が切り替えられるものもある。ただし、上記の言語に対応したメールソフトならばかならずこれらの接頭辞を実装している、というわけではない。対応している言語によらず「Re:」だけを実装するメールソフトも多い。

"“Re:”の重複と縮約

電子メールの返信を繰り返すと、件名の先頭に複数の「Re:」またはそれと似た接頭辞)が連なることがあり、その場合には問題が起こる可能性がある。 そこで、メールユーザーエージェント(メールソフト)やメーリングリストサーバによっては、返信時(メーリングリストサーバでは配信時)に、重複した接頭辞を縮約する機能を実装しているものがある。

縮約の方式はいろいろある。特定の方式や特定の言語の接頭辞に対応しているだけでは、他の方式や言語に対応できないので、やはり問題が発生することもある。 メーリングリストサーバの実装では、縮約した「Re:」をメーリングリストタグの前に置くものと後ろに置くものとがある。

“Re:”の使用傾向

日本の調査会社による、携帯電話を用いた電子メールの件名に関して行われた調査[2]では、返信時に件名を書き換えずに「Re:」のままとする電子メール利用者が多くいることが示された。この結果では、新規送信の際に件名を入力しない利用者が26.3%、返信時に件名を変更しない利用者が65.5%、受信箱に多い件名として「Re:」が55.3%に上るとされた。このことから携帯電話による電子メールの件名欄の使用傾向がうかがえる。しかしこれは日本の携帯電話事情に限定した話であり、パソコンからの電子メールが考慮されていない点において注意が必要である。なお、日本国外の携帯電話ではショートメッセージサービスしか行っていない場合が多い。ショートメールサービスには件名という概念がないため、件名に付与される「Re:」という接頭辞も、同様に存在しない。

脚注

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d メーリングリストサーバのGNU Mailmanでは、この接頭辞に対応した実装が見られる。GNU Mailman 2.1.9 の CookHeaders モジュールのコミット履歴 (2007年8月31日閲覧) による。
  2. ^ 株式会社アイシェア意識調査『携帯メールの受信件名「Re:」率 55.3%』2007年8月29日

関連項目

  • Fw: - 電子メールの「転送」を意味する語。

外部リンク

  • RFC 822 古い電子メールの仕様。RFC 5322に置き換えられた
  • RFC 1036 ネットニュースの仕様
  • RFC 2822 電子メールの仕様。RFC 5322に置き換えられた
  • RFC 5322 電子メールの仕様





reと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

reに関連した本

「re」に関係したコラム

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「re」の関連用語

reのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

層状給気

W61SH

96式多目的誘導弾

ミニカ

W65T

タイフーン

インダクティブ充電器

F4F





reのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2016 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
新語時事用語辞典新語時事用語辞典
Copyright © 2016 新語時事用語辞典 All Rights Reserved.
au by KDDIau by KDDI
COPYRIGHT © 2003-2016 KDDI CORPORATION. ALL RIGHTS RESERVED.
航空軍事用語辞典++航空軍事用語辞典++
この記事はMASDF 航空軍事用語辞典++の記事を転載しております。
MASDFでは航空及び軍事についての様々なコンテンツをご覧頂けます。
三栄書房三栄書房
Copyright c San-eishobo Publishing Co.,Ltd.All Rights Reserved.
JEOLJEOL
Copyright © 1996-2016 JEOL Ltd., All Rights Reserved.
独立行政法人科学技術振興機構独立行政法人科学技術振興機構
All Rights Reserved, Copyright © Japan Science and Technology Agency
国際超電導産業技術研究センター国際超電導産業技術研究センター
Copyright (C) 2016 財団法人国際超電導産業技術研究センター All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの.re (改訂履歴)、Re. (改訂履歴)、RE (改訂履歴)、Re: (改訂履歴)、Re: (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2016 Weblio RSS