祭りとは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 活用形辞書 > 祭りの意味・解説 

まち [2] 【待・祭

ある定まった日に人々集まり忌みごもりして夜を明かすこと。また,その行事。まつり。 「庚申-」 「二十三夜-」

【さい】[漢字]

【 才 】 [音] サイザイ
学問教養。 「 和魂漢才 」 〔年齢の「歳」に当てるのは,俗用
【 再 】 [音] サイ ・サ
ふたたび。二度。 「 再建再婚再審再度再発一再
【 西 】
⇒ せい〔西〕 [漢]
【 災 】 [音] サイ
(自然の)わざわい。 「 災禍災害災難災厄火災人災息災天災
【 妻 】 [音] サイ
つま。夫の配偶者。 「 妻子妻帯愛妻後妻正妻夫妻
【 采 】 [音] サイ
〔「採」に同じ〕 とる。 「 采詩采薪さいしん納采
〔「彩」に同じ〕 いろどり。あや。 「 采色文采
すがた。かたち。 「 神采風采
さいころ。賽さい。 「 六采
【 哉[音] サイ
感嘆助辞。かな。 「 快哉善哉
[音] サイ
しば。雑木。 「 柴薪さいしん柴扉さいひ柴門
ふさぎ守るかこい。 「 鹿柴ろくさい
【 砕 ( 碎 ) 】 [音] サイ
くだく。くだける。 「 砕片破砕 ・粉砕砕氷船粉骨砕身
【 宰 】 [音] サイ
大臣諸侯家老。 「 宰相家宰
【 栽 】 [音] サイ
植える。 「 栽培植栽
【 殺 】
⇒ さつ〔殺〕 [漢]
【 砦[音] サイ
とりで。 「 山砦城砦堡砦ほうさい鹿砦ろくさい
【 彩 】 [音] サイ
美しかがやき。つや。 「 光彩生彩
【 採 】 [音] サイ
草木などを切りとる。 「 採集伐採
【 済 ( 濟 ) 】 [音] サイ ・セイ
救う。 「 済度救済共済経済
なしとげる。 「 済美せいび
すむ。すます。 「 皆済既済返済
そろって盛んなさま。 「 済済せいせいさいさい) 」
【 猜[音] サイ
そねむ。ねたむ。 「 猜忌
うたがう。邪推。 「 猜疑猜忍
【 祭 】 [音] サイ
神をまつる。 「 祭祀さいし祭政祭壇祭典葬祭
まつり。にぎやかな催し。 「 芸術祭文化祭
【 細 】 [音] サイ
ほそい。 「 細小細流繊細毛細管
小さい。こまかい。 「 細菌細心細則細大細目
くわしい。 「 細緻さいち細密子細詳細
とるに足りない。 「 細君細民些細ささい零細
[音] サイ
・根などを食用とする総称。 「 菜園菜食白菜野菜
おかず。副食物。 「 前菜惣菜そうざい一汁三菜
【 斎 ( 齋 ) 】 [音] サイ
ものいみする。神仏をまつる。 「 斎戒潔斎
ものいみをする場所。また,静かに学問などをする部屋。 「 斎場書斎山斎
〘仏〙法会ほうえ。また,その際食事。とき。 「 斎日
【 最 】 [音] サイ
この上なく。もっとも。 「 最愛最悪最期さいご最初最上最善 ・最低 」
【 犀[音] サイ ・セイ
哺乳動物の一。さい。 「 犀角燃犀斑犀はんざい
たくするどい。 「 犀利
【 裁 】 [音] サイ
衣服仕立てるために布をたちきる。 「 裁断裁縫
さばく。是非を判断する。 「 裁決裁断裁判
きりもりする。処理する。 「 裁量総裁独裁
かた。きまり。様式。 「 体裁ていさい
裁縫」の略。 「 洋裁和裁
裁判所」の略。 「 家裁地裁最高裁
【 債 】 [音] サイ
返済する義務のあること。借金。おいめ。 「 債券債務負債
返済求めること。 「 債鬼債権
債券」の略。 「 起債公債社債
【 催 】 [音] サイ
もよおす。きざす。 「 催眠催涙
や行事を行う。もよおす。 「 開催主催
【 塞 】
⇒ そく〔塞〕 [漢]
【 歳 】 [音] サイ ・セイ
とし。一年。 「 歳暮さいぼせいぼ) ・歳末千秋万歳ばんぜい
とし。よわい。年齢。 「 百歳 ・満二十歳
田畑一年のみのり。 「 凶歳
時間。つきひ。 「 歳月歳時記
木星。 「 歳次歳星
【 載 】 [音] サイ
物を車などにのせる。 「 積載満載
書きしるす。書籍雑誌などにのせる。 「 載録記載掲載転載連載
〔「歳」に同じ〕 とし。 「 千載せんざい一遇
【 際 】 [音] サイ
きわ。はて。 「 際涯さいがい際限水際辺際
まじわる。 「 交際国際
おり。機会。また,ある機会いきあう。 「 際会際遇実際
【 賽[音] サイ
神仏へのお礼参り。 「 賽銭報賽

まつり [0] 【祭(り)

動詞「祭る」の連用形から〕
神や祖先の霊をまつること。
祭祀さいし祭儀。 「矢島氏の-を絶つ忍びぬと云ふを以て渋江抽斎 鷗外」 「 -をつかさどらむ者は天穂日命是なり/日本書紀 神代下訓
特に,毎年きまった日に人々神社に集まって行う神をまつる儀式と,それにともなって催される神楽かぐらなどの諸行事をいう。祭礼おまつり。 「鎮守様の-」
記念祝賀宣伝などのために催される行事。 「港-」 「古本-」
近世江戸の二大祭り。日枝ひえ山王神社の祭りと神田明神の祭りをいう。
情交おまつり。 〔俳句では夏の祭り総称して祭りといい,春祭り秋祭り区別する。[季]夏〕


祭り

読み方:まつり

ラ行五段活用動詞「祭る」の連用形、あるいは連用形名詞したもの

日本語活用形辞書はプログラムで機械的に活用形や説明を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

祭り

作者村長

収載図書風の吹いた朝
出版社書院
刊行年月1995.7


祭り

作者エリック・マコーマック

収載図書隠し部屋を査察して
出版社東京創元社
刊行年月2000.7
シリーズ名海外文学セレクション

収載図書隠し部屋を査察して
出版社東京創元社
刊行年月2006.5
シリーズ名創元推理文庫


祭り

作者山本映一

収載図書短編集 コスモスの花の咲く中で
出版社文芸社
刊行年月2007.9


出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/03/15 07:34 UTC 版)

(祭り から転送)

(まつり)とは、感謝や祈り慰霊のために神仏および祖先をまつる行為(儀式)である。供物そのほかが捧げられる。


  1. ^ ハイヌヴェレ型神話なども参照のこと。
  2. ^ 本段落出典:祭と斎 - 日本正教会公式サイト






英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「祭り」の関連用語

祭りのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

入口の方向

水沢駅の南部風鈴

大津絵美術館

コンペライン

モニタリングステーション

祇園界隈のおしろいとびん付け油のかおり

FACOM M-190

3000系





祭りのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2017 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの祭 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS