還元とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 表現 > 到着 > 還元の意味・解説 

かん げん くわん- [0] 【還元】

( 名 ) スル
元の状態にもどすこと。 「利益消費者に-する」 「白紙-」
〘化〙 ある物質から酸素奪われる反応。または,ある物質水素化合する反応。より一般的には,原子分子・イオン電子を得る反応をいう。また,反応にあずかる各原子に対して酸化数という尺度考え酸化数減少を還元と考え方法もある。
〘哲〙 多様で複雑な物事何らかの根本的なものに置き直し帰着させること。 「現象学的-」 「本質に-して事態論ずる」 〔オランダ語 reductie や reducering の訳語。「舎密開宗」(1837~47年)にある〕


還元

分子種に電子与え反応酸化はこの反対で、分子種から電子を奪う反応

還元

英訳・(英)同義/類義語:reduction, Reduction reactions

化学反応形式一つで、常に酸化組み合わせて起こる。ある原子分子中の原子)が電子水素)を受け取る反応

還元(かんげん)

物質水素化合するか、酵素奪われるか、あるいは、電子を受け取る反応をいう。

還元

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/10/15 18:56 UTC 版)

還元(かんげん、英:reduction)とは、対象とする物質が電子を受け取る化学反応のこと。または、原子の形式酸化数が小さくなる化学反応のこと。具体的には、物質から酸素が奪われる反応、あるいは、物質が水素と化合する反応等が相当する。




「還元」の続きの解説一覧

還元

出典:『Wiktionary』 (2012/03/30 06:11 UTC 版)

名詞

かんげん

  1. 根源の元の性質状態に還し、復帰すること。
    モロモロの人物事件合計して割ると、いくつもない人物事件還元されてしまう。(坂口安吾飛騨の顔』)
  2. 化学原意は、酸化物酸素を失う化学変化をいう。さらにそこから広がり化学種電子を得ること、あるいは、酸化数が減ることも還元と呼ぶ。対義語酸化
    また炭火の中で炭酸瓦斯還元して一酸化炭素という恐ろしい毒瓦斯作る事はあるが、これは大抵青い焔上げ燃えてしまう。(寺田寅彦歳時記新註』)

翻訳

関連語






還元と同じ種類の言葉


品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「還元」に関係したコラム

  • 株式の投資基準とされるROAとは

    株式の投資基準とされるROAとは、総資本の経常利益の割合をパーセンテージで表したものです。ROAは、Return on Assetの略で、総資本経常利益率といいます。ROAは次の計算式で求めることがで...

  • 株主優待銘柄とは

    株主優待銘柄とは、株主に対する還元策の1つとして商品券や割引券など配布している銘柄のことです。企業は、株主還元のため、また、株主の獲得のためにさまざまな株主優待を用意しています。株主優待は、1単元でも...

  • 株式の株価水準による分類

    株式市場に上場している銘柄を分類する方法の1つに、株価水準が挙げられます。株価水準では、株価の高い、安いによって銘柄を分類します。一般的に株価水準では、次のように分類します。値がさ株(値嵩株)中位株低...

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「還元」の関連用語

還元のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

烏丸線10系車両

飯塚祐紀

天城山水源の森

小笠原国立公園

ホオノキ

ビーノ

ゴール板

821T





還元のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2017 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
BASBAS
© BAS Inc. 1995-2017
JabionJabion
Copyright (C) 2017 NII,NIG,TUS. All Rights Reserved.
日本酒日本酒
(c)Copyright 1999-2017 Japan Sake Brewers Association
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの還元 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの還元 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2017 Weblio RSS