コレステロールとは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 化学 > 化学物質 > 物質 > コレステロールの意味・解説 

コレステロール [5] 【cholesterol】

生体内広く分布する脂肪に似た物質肝臓生合成される。細胞膜構成成分であり,胆汁・ステロイドホルモン・ビタミン D の前駆体としても重要。また,老化伴って血管壁沈着動脈硬化症深く関係する。コレステリン

コレステロール

分子式C27H46O
慣用名コレステリンCholesterinCholesterol、Cholest-5-en-3β-ol、コレステリルアルコール、3β-Hydroxycholest-5-ene、ジトール、Dythol、Cholesteryl alcohol
体系名:3β-ヒドロキシコレスタ-5-エンコレスタ-5-エン-3β-オール、コレステロール


コレステロール

英訳・(英)同義/類義語:cholesterol

ステロイド化合物基本構造を持つ化合物で、生体内ステロイド化合物前駆対となるほか、細胞膜にも含まれる血中では合成されたコレステロールを組織運搬する低密度リポタンパク質(LDLいわゆる悪玉コレステロール)と、末梢から過剰なコレステロールを肝臓運搬する高密リポタンパク質 (HDLいわゆる善玉コレステロール) に結合して存在する。

コレステロール

すべての高等動物主要なステロールで、体組織、特に脳や脊髄動物性脂肪油脂分布している。

(-)-Cholesterol

Molecular Weight 386.654g/mol
Molecular Formula C27H46O
XLogP 8.2
PubChem image 304

Cholesterin

Molecular Weight 386.654g/mol
Molecular Formula C27H46O
XLogP 8.2
PubChem image 5997


CC Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported
Bio Wikiの記事を複製・再配布した「分子生物学用語集」の内容は、特に明示されていない限り、次のライセンスに従います:
CC Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported


コレステロール ( cholesterol )

細胞膜素材ステロイドホルモン原料となる血清脂質のこと。おもに肝臓でつくられますが、小腸皮膚副腎などでもつくられています。平均的食事から取っているコレステロールの量は1日300mg程度ですが、体内でつくられている総量はその3倍程度にのぼります。コレステロールには細胞膜原料となる(1)遊離型コレステロールと、体内での不足分を補うために貯蔵される(2)エステル型コレステロール(コレステロール・エステル)があります。からだに悪さをおよぼすのは(2)のコレステロールで、一定の限界超える血栓起こし脳卒中心臓病発作原因となります。

コレステロール


コレステロール

読み方これすてろーる

人間の体に存在する脂質のひとつで、細胞膜ホルモン胆汁酸作る材料となるが、血液中に過剰もしくは不足すると、動脈硬化などの原因となる。

 人間の体に存在する脂質のひとつ。有害物質のように見られていますが、コレステロール自体細胞膜各種ホルモン胆汁酸作る材料となる、体に必要な物質です。2割~3割が体外から取り入れられ、7~8割は糖や脂肪を使って肝臓などで合成され、その量は体内でうまく調整されています。
 生活習慣病因子として取り上げられているのは、タンパク質などと結合リポタンパク質として血液中にとけ込んでいるコレステロールです。リボタンパク質には、肝臓のコレステロールを体全体に運ぶ役割を持つLDL低比重リポタンパク質)と、体内血管壁にたまったコレステロールを肝臓に運ぶ役割を持つHDL高比重リポタンパク質)がありますLDLは体にコレステロールを貯めるので「悪玉」、HDL回収するので「善玉」と呼ばれています。このふたつのコレステロールのバランス崩れて、血液中のコレステロールが過剰となるのが、脂質異常症呼ばれる状態です。
 コレステロールが不足し場合免疫力低下招き脳出血の危険を増加させます最近疫学調査米国MRFIT)では、多くても少なくても寿命短縮するといった結果が出ています。
 LDLコレステロール多く含まれる動物性脂質は、一般的に取りすぎる傾向があるのでなるべく控えHDLコレステロール増やす効果のある青魚DHAIPA)やコレステロールを減らす効果のある植物性脂質バランス良く取りましょう


コレステロール

【仮名】これすてろーる
原文cholesterol

肝臓で作られる様の脂肪様物質で、血液中および体内全ての細胞中にみられる。コレステロールは健康には重要であり、細胞壁組織ホルモンビタミンd、および胆汁酸生成に必要である。コレステロールは卵黄、肉、乳製品などの動物性食品摂取でも得られる。血液中の過剰なコレステロールは血管壁蓄積して組織および臓器への血流遮断し、心臓病脳卒中発生リスク高める。

コレステロール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2014/09/18 08:57 UTC 版)

コレステロール (cholesterol) とは、ステロイドに分類され、その中でもステロールと呼ばれるサブグループに属する有機化合物の一種である。分子式は C27H46O と表される。室温で単離された場合は白色ないしは微黄色の固体である。生体内ではスクアレンからラノステロールを経て生合成される。




  1. ^ a b Safety (MSDS) data for cholesterol”. 2007年10月20日閲覧。
  2. ^ a b Merck Index 14th ed., 2201.
  3. ^ 健康をまもるABC蛋白質
  4. ^ a b c d コレステロールの体内での働きは? - よくある質問 (財団法人日本食肉消費総合センター)
  5. ^ a b c 吉岡政七、遠藤克己、『新生化学ガイドブック』、南江堂 (1969)
  6. ^ a b c コレステロール、『理化学辞典』第5版、岩波書店
  7. ^ a b 日本国厚生労働省、第五訂食品成分表
  8. ^ Ostlund, R. E.; Racette, S.B.; Stenson, W. F. (2003). "Inhibition of cholesterol absorption by phytosterol-replete wheat germ compared with phytosterol-depleted wheat germ". Am. J. Clin. Nutr. 77 (6): 1385–1589.
  9. ^ a b c 第14改正『日本薬局方』、p.861
  10. ^ サルコフスキー反応、『理化学辞典』第5版、岩波書店
  11. ^ a b チュガーエフ反応、『理化学辞典』第5版、岩波書店
  12. ^ 瀧澤美奈子著 『先端テクノロジーのしくみがよくわかる本』 技術評論社 2006年11月5日初版第1刷発行 ISBN 4774129186
  13. ^ Corey, E. J. et al. (1966). "2,3-Oxidosqualene, an intermediate in the biological synthesis of sterols from squalene". J. Am. Chem. Soc. 88: 4750–4751. doi:10.1021/ja00972a056
  14. ^ Corey, E. J.; Russey, W. E. (1966). "Metabolic fate of 10,11-dihydrosqualene in sterol-producing rat liver homogenate". J. Am. Chem. Soc. 88: 4751–4752. doi:10.1021/ja00972a057
  15. ^ Van Tamelen, E. E. et al. (1966). "Enzymic conversion of squalene 2,3-oxide to lanosterol and cholesterol". J. Am. Chem. Soc. 88: 4752–4754. doi:10.1021/ja00972a058
  16. ^ Mann, J. Chemical Aspects of Biosynthesis; Oxford University Press: Oxford, 1994; pp 40–52. ISBN 0-19-855676-4.
  17. ^ 脂質2分子膜、『理化学辞典』第5版、岩波書店
  18. ^ Smith, L. L. (1991). "Another cholesterol hypothesis: cholesterol as antioxidant". Free Radic. Biol. Med. 11: 47–61. PMID 1937129.
  19. ^ Haines, T. H. (2001). "Do sterols reduce proton and sodium leaks through lipid bilayers?" Prog. Lipid Res. 40: 299–324. PMID 11412894.
  20. ^ 平凡社、『世界大百科事典』
  21. ^ Crissey, SD; Ange, KD; Jacobsen, KL; Slifka, KA; Bowen, PE; Stacewicz-Sapuntzakis, M; Langman, CB; Sadler, W et al. (2003). “Serum concentrations of lipids, vitamin d metabolites, retinol, retinyl esters, tocopherols and selected carotenoids in twelve captive wild felid species at four zoos”. The Journal of nutrition 133 (1): 160–6. PMID 12514284. 
  22. ^ 脂質異常症(高脂血症)星薬科大学オープンリサーチセンター 鎌田勝雄
  23. ^ 厚生労働省、第6次改定 日本人の栄養所要量 表3 脂質所要量より算出
  24. ^ 第5回 脂質(総コレステロール、HDLコレステロール、中性脂肪)
  25. ^ 板倉弘重ら、『脂質の化学』、朝倉書店、1999 ISBN:4-254-43514-2
  26. ^ a b c 高脂血症、メルクマニュアル
  27. ^ a b Anderson, R. G. (2003). "Joe Goldstein and Mike Brown: from cholesterol homeostasis to new paradigms in membrane biology". Trends Cell Biol. 13: 534–539. PMID 14507481.
  28. ^ Behrman, E. J.; Venkat, G. (2005). "Cholesterol and plants". J. Chem. Educ. 82: 1791–1793. PDF
  29. ^ 日本脂質栄養学会監修『ブックレット(図解)心疾患予防』 学会センター関西、2002年、および同「要約解説文書
  30. ^ NHLBI, What Makes Atherosclerosis More Likely?
  31. ^ "About cholesterol" - American Heart Association
  32. ^ 高脂血症・耐糖能低下・homocysteine値上昇はどの程度、虚血性心疾患発症を促進するか
  33. ^ a b 厚生労働省:「日本人の食事摂取基準」(2010年版) (PDF)
  34. ^ Ockene, I. S.; Chiriboga, D. E.; Stanek, E. J., 3rd; Harmatz, M. G.; Nicolosi, R.; Saperia, G.; Well, A. D.; Freedson, P.; Merriam, P. A.; Reed, G.; Ma, Y.; Matthews, C. E.; Hebert, J. R. (2004). "Seasonal variation in serum cholesterol levels: treatment implications and possible mechanisms". Arch. Intern. Med. 164: 863–870. PMID 15111372.
  35. ^ コレステロールと健康・疾病
  36. ^ 世界の食事と生活習慣病、家森 幸男、日本農芸化学会誌、Vol. 76 (2002) No. 5
  37. ^ a b 田中修一著 『「コレステロール常識」ウソ・ホント』 ブルーバックス 講談社 ISBN 4-06-257465-9
  38. ^ 長寿のためのコレステロールガイドライン2010年版 (PDF) 金城学院大学オープン・リサーチ・センター
  39. ^ Report of a Joint WHO/FAO Expert Consultation Report of a Joint WHO/FAO Expert Consultation 2003
  40. ^ 文部科学省 科学技術・学術審議会資源調査分科会「日本食品標準成分表2010」
  41. ^ Spence JD, Jenkins DJ, Davignon J "Dietary cholesterol and egg yolks: not for patients at risk of vascular disease" Can J Cardiol 2010 Nov;26(9):e336-9. PMID 21076725.PMCID PMC2989358.
  42. ^ Spence JD, Jenkins DJ, Davignon J , Dietary cholesterol and egg yolks: not for patients at risk of vascular disease Can J Cardiol 2010 Nov;26(9):e336-9. PMID 21076725.PMCID PMC2989358.
  43. ^ a b c 糖尿病患者、週に12個の卵を食べても大丈夫? 脂質プロファイルには悪影響を及ぼさず 日経メディカルオンライン 記事:2014年9月18日
  44. ^ a b c d e f Blood Test Results - Normal Ranges Bloodbook.Com
  45. ^ a b c d Adëeva Nutritionals Canada > Optimal blood test values Retrieved on July 9, 2009
  46. ^ a b c d e f Derived from values in mg/dl to mmol/l, by dividing by 89, according to faqs.org: What are mg/dl and mmol/l? How to convert? Glucose? Cholesterol? Last Update July 21, 2009. Retrieved on July 21, 2009
  47. ^ a b c d Derived from values in mg/dl to mmol/l, using molar mass of 386.65 g/mol
  48. ^ a b c d Last page of Deepak A. Rao; Le, Tao; Bhushan, Vikas (2007). First Aid for the USMLE Step 1 2008 (First Aid for the Usmle Step 1). McGraw-Hill Medical. ISBN 0-07-149868-0. 
  49. ^ a b c d e Reference range list from Uppsala University Hospital ("Laborationslista"). Artnr 40284 Sj74a. Issued on April 22, 2008
  50. ^ a b c Reference range (cholesterol) - GPnotebook
  51. ^ a b Normal Reference Range Table from The University of Texas Southwestern Medical Center at Dallas. Used in Interactive Case Study Companion to Pathologic basis of disease.
  52. ^ a b c d e f g h Royal College of Pathologists of Australasia; Cholesterol (HDL and LDL) - plasma or serum Last Updated: Monday, 6 August 2007
  53. ^ a b c d e f g h i j Derived from values in mmol/l, using molar mass of 386.65 g/mol
  54. ^ What Your Cholesterol Levels Mean. American Heart Association. Retrieved on September 12, 2009
  55. ^ American Association for Clinical Chemistry; HDL Cholesterol
  56. ^ Olson RE (February 1998). “Discovery of the lipoproteins, their role in fat transport and their significance as risk factors”. J. Nutr. 128 (2 Suppl): 439S–443S. PMID 9478044. http://jn.nutrition.org/cgi/pmidlookup?view=long&pmid=9478044. 
  57. ^ Wieland, H.; Dane, E. (1932). "Untersuchungen über die Konstitution der Gallensäuren." Z. Physiol. Chem. 210: 268–281.
  58. ^ a b 理化学辞典
  59. ^ Woodward, R. B.; Sondheimer, F.; Taub, D. (1951). "The total synthesis of cholesterol". J. Am. Chem. Soc. 73: 3548. doi:10.1021/ja01151a556
  60. ^ a b CYP51について







コレステロールと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「コレステロール」の関連用語

コレステロールのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す




コレステロールのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2014 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
独立行政法人科学技術振興機構独立行政法人科学技術振興機構
All Rights Reserved, Copyright © Japan Science and Technology Agency
JabionJabion
Copyright (C) 2014 NII,NIG,TUS. All Rights Reserved.
Bio WikiBio Wiki
Bio Wikiの記事を複製・再配布した「分子生物学用語集」の内容は、特に明示されていない限り、次のライセンスに従います:
CC Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported
e-血液.come-血液.com
Copyright 2014(c) Medical Science Publications,. Inc. All rights reserved
Supplement Kuchikomi RankingSupplement Kuchikomi Ranking
(C)2014 All Rights Reserved. 健康食品のあり方を考える日本サプリメント評議会の運営です。
厚生労働省厚生労働省
(C)2014 Ministry of Health, Labour and Welfare, All Right reserved.
e-ヘルスネット
がん情報サイトがん情報サイト
Copyright ©2004-2014 Translational Research Informatics Center. All Rights Reserved.
財団法人先端医療振興財団 臨床研究情報センター
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのコレステロール (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2014 Weblio RSS