寿命とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 生活 > 人生 > 寿命 > 寿命の意味・解説 

じゅ みょう -みやう [0] 【寿命】

生物のいのち。生命長さ命数。 「 -が尽きる」
物が使用にたえる期間。 「このテレビはもう-だ」
素粒子原子核分子イオン遊離基などが,ある特定の状態にとどまってい時間一般に平均寿命をさす。


寿命

多く素粒子時間がたつとこわれて別の素粒子複数)になる。これを素粒子崩壊 と呼ぶ。こわれるまでの平均時間を寿命と言う。これは,素粒子ごとにきまっている。 似たような概念に「半減期」があるが,これは寿命の0.693倍である。寿命の短い粒子 については「不確定性原理」により,質量不確定性質量幅)に寿命の影響がでる。 寿命が比較的長かったり無限大である粒子安定粒子と呼ぶ。素粒子物理学業界で は,1ナノ秒の寿命を持つ素粒子安定素粒子呼ばれる

寿命

 寿命が長い粒子場合は、崩壊までの時間測定する。 崩壊までの時間が短くてそれを直接測定できない場合でも、粒子運動しており、速さ崩壊するまでに走った距離がわかっておれば 時間計算できる。素粒子の寿命というのは平均寿命なので、多く粒子についてこれを測定平均する必要があるまた、寿命は、 高速で走っている粒子場合相対論的効果伸びるので、これの 補正も必要である。
 もっと寿命の短い粒子場合は、質量不確定性(幅)から、 不確定性原理用いて、寿命を算出する。

じゅみょう 【寿命】

漢字「寿」には長命の意味がある仏教では『倶舎論』に、命根生命力)・煖(体温)・識(意識)の三つ持続されているうちは生命ありとし、これがなくなると永眠とする。生きているものの寿命は量が定まっているとして寿量とか定命とよぶが、仏は生命限りがないとされ、阿弥陀仏無量寿仏ともいわれる

寿命

読み方:ジュミョウ(jumyou)

作者 内田百閒

初出 昭和19年

ジャンル 随筆


寿命

読み方:ジュミョウ(jumyou)

作者 近松秋江

初出 明治39年

ジャンル 小説


寿命

読み方:ジュメイ(jumei)

所在 福岡県嘉穂郡桂川町

地名辞典では2006年8月時点の情報を掲載しています。

寿命

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/10/01 00:00 UTC 版)

寿命(じゅみょう)とは、がある間の長さのことであり、生まれてから死ぬまでの時間のことである。転じて、工業製品が使用できる期間、あるいは様々な物質・物体の発生・出現から消滅・破壊までの時間などを言うこともある。


  1. ^ Lack of telomere shortening during senescence in Paramecium.Proc Natl Acad Sci USA 1994 Mar 1;91(5):1955-8
  2. ^ Fabrizio, P., Longo, V., D. (2003) The chronological life span of Saccharomyces cerevisiae. Aging Cell 2: 73-81.
  3. ^ 田沼靖一 『アポトーシスとは何か』 p205-213、1998年6月25日、講談社現代新書、ISBN4-06-149308-6
  4. ^ 近藤 宗平、「寿命はプログラムされている」、『日本老年医学会雑誌』 Vol.25 (1988) No.2 P97-104
  5. ^ G. López-Lluch, N. Hunt, B. Jones, M. Zhu, H. Jamieson, S. Hilmer, M. V. Cascajo, J. Allard, D. K. Ingram, P. Navas, and R. de Cabo (2006). “Calorie restriction induces mitochondrial biogenesis and bioenergetic efficiency”. Proc Natl Acad Sci USA 103 (6): 1768–1773. doi:10.1073/pnas.0510452103. PMC 1413655. PMID 16446459. http://www.pubmedcentral.nih.gov/articlerender.fcgi?tool=pmcentrez&artid=1413655. 
  6. ^ Baker PT: The adaptive fitness of high – altitude population. In: The Biodogy of High Altitude Peoples. Cambridge University Press, Cambridge, 1978, pp317-350.
  7. ^ Leef A:長野敬 訳,現代の医学生と死『老化』.Science, 1981,別冊38: 31-40.
  8. ^ 高櫻英輔、長崎成良、田辺隆一・他:高所環境における肥満治療(第3報)─高所と運動による影響─、登山医学、1999、19: 129-136.
  9. ^ 常圧低酸素環境が運動中の呼吸循環代謝応答に与える影響、片山 訓博ほか、理学療法科学、Vol. 27 (2012) No. 4
  10. ^ 平成22年都道府県別生命表の概況、厚生労働省
  11. ^ a b 坂本信夫、日内会誌第78巻第11号 第86回日本内科学会講演会(1989年) 教育講演 内科診療の進歩糖尿病合併症の成因と対策
  12. ^ Sakamoto N, et al : The features of causes of death in Japanese diabetics during the period 1971-1980. Tohoku J Exp Med 141(Suppl) : 631, 1983
  13. ^ 川上正舒、糖尿病46(12):913~915,2003「動脈硬化症の分子機構」
  14. ^ 日本の長寿地域の現状 (1976年)、香川 靖雄ほか、栄養学雑誌、Vol. 34 (1976) No. 4
  15. ^ 近藤正二、第14回 日本医学会総会特別講演、p. 132 (1955) 医学出版協会
  16. ^ 近藤正二、臨床と研究、33 684 (1954)


「寿命」の続きの解説一覧

寿命

出典:『Wiktionary』 (2011/02/04 13:02 UTC 版)

名詞

寿じゅみょう、じゆうみやう、壽命

  1. 生物一生長さ

関連語






寿命と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「寿命」の関連用語

寿命のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

富岡鉄斎

ヴァンガード

正休寺

FACOM M-200

オジロビタキ

K 1200 R

火山砕屑岩

ラック





寿命のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2017 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
素粒子事典素粒子事典
(C) Copyright 2017 Sadaharu UEHARA and Junpei SHIRAI
この記事は、「素粒子事典」の2006年8月3日版を転載しております。
中経出版中経出版
Copyright (C) 2017 Chukei Publishing Company. All Rights Reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの寿命 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの寿命 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2017 Weblio RSS