電池とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 工業 > 装置 > 電池 > 電池の意味・解説 

でん ち [1] 【電池】

化学反応放射線温度差・光などにより電極間に電位差を生じさせ,電気エネルギー取り出す装置一般に広く用いられているものは化学反応による化学電池で,充電不可能な一次電池と,充電可能で繰り返し使用できる二次電池とがある。1800年ボルタ最初に作った。 〔訳語として中国語から借用した語〕


電池

読み方:でんち
【英】Battery

電池とは、化学反応などによって発生された電位差から変換された直流電力直接取り出す装置のことである。電位差発生させる仕組みとしては、化学反応のほかにも、放射線温度差光照射などがある。

電池の主な働きには放電充電があり、充電不可能である「使い切り」の電池である一次電池と、充電が可能であり何回使用できる二次電池とに大別される。一次電池中には家庭でよく用いられる乾電池が含まれ、二次電池には、携帯電話などのバッテリーとして多く用いられているリチウムイオン電池や、自動車搭載されている鉛蓄電池などが含まれる。この他、電力供給方法などによって、燃料電池太陽電池などに区別される。


【電池】(でんち)

Battery.

電気モーター電子回路接続し、動力となる電流供給する部品
ただし、以下のものは含まれない。

電池の区分

このうち最も製造維持管理が容易で、一般的に普及しているのは化学電池である。
ただし、化学電池はその特性上、構成材料によって特性効率がほぼ決まってしまうため、原理的改良が困難である。
現在の主流であるリチウムイオン二次電池も、近年消費電力増加傾向に対して出力の不足が指摘されて久しい


電池

英語 battery

化学変化温度差、光などの作用によって、電極(プラス極マイナス極)間に電位差を生じさせるエネルギー蓄積装置電気自動車用では、電池とは通常繰り返し放電可能な2次電池指している。電池を成する最小単位は、単電池またはセル(cell)と呼び複数個のセル直列結合して構成した、単位電圧(例えば6V、12V)を有するものを電池、これを2個以上の複数直列、または並列接続した1組の電池を組み電池と呼ぶ。

電池

※「大車林」の内容は、発行日である2004年時点の情報となっております。

電池

英訳・(英)同義/類義語:battery

酸化還元電位異な物質組み合わせ、その間に電子移動がおこるようにした装置生物ある意味では電池である。

電池

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/05/11 05:09 UTC 版)

電池(でんち)は、何らかのエネルギーによって直流電力を生み出す電力機器である。化学反応によって電気を作る「化学電池」と、熱や光といった物理エネルギーから電気を作る「物理電池」の2種類に大別される。




  1. ^ 電池では還元反応が起こる正極側を「カソード」と呼び、酸化反応が起こる負極側を「アノード」と呼ぶが、電気分解では逆に陽極を「アノード」、陰極を「カソード」と呼ぶので注意が必要である。
  2. ^ 電位窓が高いことを「電気窓が広い」と呼ばれる。
  3. ^ 起電力は電池に何も接続されず電流が流れていない状態での端子電圧を示す。
  4. ^ 梅尾良之著、『新しい電池の科学』、講談社、2006年9月20日第1刷発行、ISBN 4062575302
  5. ^ 端子電圧=起電力ー過電圧=起電力ー(抵抗過電圧+活性化過電圧+濃度過電圧)と表せる。
  6. ^ 梅尾良之著、『新しい電池の科学』、講談社、2006年9月20日第1刷発行、ISBN 4062575302
  7. ^ 梅尾良之著、『新しい電池の科学』、講談社、2006年9月20日第1刷発行、ISBN 4062575302
  8. ^ 梅尾良之著、『新しい電池の科学』、講談社、2006年9月20日第1刷発行、ISBN 4062575302
  9. ^ 「組電池」 - BAYSUN


「電池」の続きの解説一覧

電池

出典:『Wiktionary』 (2011/09/30 07:56 UTC 版)

名詞

(でんち)

  1. 電力生成する器具狭義には、電解液電極内部持ち化学エネルギー発生させるものを指し乾電池鉛蓄電池などがある。広義には、燃料電池太陽電池原子力電池なども含む。
  2. 懐中電灯を指す方言。主に北海道で用いられる。

発音

東京アクセント
で↘んち
京阪アクセント
でん↗ち

関連語

翻訳






電池と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

電池に関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「電池」の関連用語



3
98% |||||


5
98% |||||

6
98% |||||



9
ボルタ電池 国語辞典
96% |||||

10
一次電池 国語辞典
96% |||||

電池のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

ISOフィックス規格

早期警戒機

GALAXY Tab

エアサスペンション

Xperia GX SO-04D

ヘリコプター

オルティア

FOMAハイスピード





電池のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2016 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2016 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリ電池の記事を利用しております。
航空軍事用語辞典++航空軍事用語辞典++
この記事はMASDF 航空軍事用語辞典++の記事を転載しております。
MASDFでは航空及び軍事についての様々なコンテンツをご覧頂けます。
三栄書房三栄書房
Copyright c San-eishobo Publishing Co.,Ltd.All Rights Reserved.
JabionJabion
Copyright (C) 2016 NII,NIG,TUS. All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの電池 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの電池 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2016 Weblio RSS