ヒスタミンとは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 化学 > 化学物質 > 化学物質 > ヒスタミンの意味・解説 

ヒスタミン [0] 【histamine】

動物組織内広く存在する化学物質。普通は不活性状態にあるが,けがやにより活性型となり,血管拡張起こし発赤),不随意筋収縮する。またかゆみや痛み原因となるといわれる過剰活性化されるとアレルギー症状原因となる。

ヒスタミン

分子式C5H9N3
慣用名エラミン、テラミン、エルガミン、ヒスタミン、エルゴチジン、β-アミノエチルグリオキサリン、Eramin、Ergamine、Histamine、Theramine、Ergotidine、β-Aminoethylglyoxaline、4-(2-Aminoethyl)-1H-imidazole、1H-Imidazole-4-ethanamine、1H-Imidazole-5-(ethanamine)、1H-Imidazole-4-(ethanamine)、1H-Imidazole-5-ethanamine、2-(1H-Imidazole-4-yl)ethane-1-amine、5-(2-Aminoethyl)-1H-imidazole
体系名:2-(1H-イミダゾール-4-イル)エタンアミン、2-(1H-イミダゾール-4-イル)エチルアミン1H-イミダゾール-4-エタンアミン、4-(2-アミノエチル)-1H-イミダゾール1H-イミダゾール-5-(エタンアミン)、1H-イミダゾール-4-(エタンアミン)、1H-イミダゾール-5-エタンアミン、2-(1H-イミダゾール-4-イル)エタン-1-アミン、5-(2-アミノエチル)-1H-イミダゾール


ヒスタミン

英訳・(英)同義/類義語:histamine

アミノ酸であるヒスチジン誘導体で、ヒスチジンカルボキシル基除去する反応で作られる生体アミン異物組織損傷認識したマスト細胞などから分泌され、血管拡張作用などの一連の防御反応誘起する。

ヒスタミン

アレルギー反応起こしたときなどに細胞から放出される物質で、血管拡張させるなどの作用持ちます。

ヒスタミン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2014/04/24 05:53 UTC 版)

ヒスタミン (histamine) は分子式C5H9N3、分子量 111.14 の活性アミンである。1910年麦角抽出物中の血圧降下物質としてヘンリー・デールとパトリック・プレイフェア・レイドローが発見した。


[ヘルプ]


「ヒスタミン」の続きの解説一覧





ヒスタミンと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

ヒスタミンに関連した本

ヒスタミンに関係した商品

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

ヒスタミンのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す




ヒスタミンのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2014 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
独立行政法人科学技術振興機構独立行政法人科学技術振興機構
All Rights Reserved, Copyright © Japan Science and Technology Agency
JabionJabion
Copyright (C) 2014 NII,NIG,TUS. All Rights Reserved.
Supplement Kuchikomi RankingSupplement Kuchikomi Ranking
(C)2014 All Rights Reserved. 健康食品のあり方を考える日本サプリメント評議会の運営です。
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのヒスタミン (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2014 Weblio RSS