ホルモンとは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 生物 > 生物学 > ホルモン > ホルモンの意味・解説 

ホルモン

ホルモンの語源は、ギリシャ語の「刺激する、興奮させる」という言葉。その名のとおり、からだの組織臓器刺激する化学物質です。その数は約40種類にのぼり、血液流れにのって情報伝達し、大切な生命活動コントロール行います。
ホルモンをつくる器官を、「内分泌器官内分泌腺)」といいます。脳の視床下部下垂体甲状腺副腎膵臓のほか、性腺女性では卵巣男性では精巣)が、これにあたるところです。


ホルモン

【仮名】ほるもん
原文hormone

体内の腺によって作られる多数化学物質。ホルモンは血流を介して循環し、特定の細胞臓器働き制御している。一部のホルモンは製造ラボにおいて合成することもできる。

ホルモン【ほるもん】

体内特定の組織器官産生される化学物質で、血液中に分泌され、血液によって運ばれて作用します。ホルモンによって、働きかける臓器内容異なります。たとえば、すい臓から分泌され血糖低下させるインスリン副腎から分泌されストレス反応働きかけるアドレナリンなど、さまざまな種類あります

ホルモン

作者筒井康隆

収載図書日本以外全部沈没自選短篇集 3 パロディ
出版社徳間書店
刊行年月2002.9
シリーズ名徳間文庫

収載図書陰悩録リビドー短篇集
出版社角川書店
刊行年月2006.7
シリーズ名角川文庫


ホルモン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/06/13 08:42 UTC 版)

ホルモンドイツ語: Hormon英語: hormone)は、狭義には生体の外部や内部に起こった情報に対応し、体内において特定の器官合成分泌され、血液など体液を通して体内を循環し、別の決まった細胞でその効果を発揮する生理活性物質を指す[1]。ホルモンが伝える情報は生体中の機能を発現させ、恒常性を維持するなど、生物の正常な状態を支え、都合よい状態にする[2]重要な役割を果たす[1]。ただし、ホルモンの作用については未だわかっていない事が多い[1][2]




[ヘルプ]


「ホルモン」の続きの解説一覧





ホルモンと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

ホルモンに関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「ホルモン」の関連用語

ホルモンのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

らくらくホン プレミアム

ゴールボール

2000系

フロックコート

サボンソウ

重信川

軒高

ハットゥシャス遺跡





ホルモンのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2017 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
JabionJabion
Copyright (C) 2017 NII,NIG,TUS. All Rights Reserved.
花王ロリエ花王ロリエ
Copyright © 1994-2017 KAO CORPORATION. All Rights Reserved.
がん情報サイトがん情報サイト
Copyright ©2004-2017 Translational Research Informatics Center. All Rights Reserved.
財団法人先端医療振興財団 臨床研究情報センター
QUPiOQUPiO
Copyright © 2017 Healthcare Committee, Inc. all rights reserved
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのホルモン (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS