サブルーチンとは?

Weblio 辞書 > コンピュータ > IT用語辞典 > サブルーチンの意味・解説 

サブルーチン

【英】subroutine

サブルーチンとは、随時利用される、目的の決まった小さなプログラムのことである。プログラム記述する際の基本的技法一つで、さまざまな場面利用できる処理手順ひとまとめしたものにあたる。

同じ目的の処理を何回か行わせる場合、その部分一つプログラム(サブルーチン)として独立させ、あとから呼び出して(サブルーチンコール)使えるようにすれば、同じ処理のプログラム何回も書く手間が省け、プログラム全体も見やすくなる。

このようにすることにより、プログラム全体開発効率が向上するだけでなく、デバックが容易になり、記憶領域容量節約にもつながる。

なお、サブルーチンには、オープンサブルーチンとクローズドサブルーチンの2つがあるが、一般にはクローズドサブルーチンをサブルーチンと呼んでいる。これに対して全体プログラム構成する基本的流れは主プログラムメインルーチン)と呼ばれる

プログラミングのほかの用語一覧
コーディング:  論理演算命令  ルーチン  再入可能  サブルーチン  再帰呼び出し  サイクルタイム  サブルーチンライブラリ

サブルーチン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2012/09/18 07:27 UTC 版)

サブルーチン: subroutine)は、コンピュータプログラミングにおいて、プログラム中で意味や内容がまとまっている作業をひとつの手続きとしたものである。ソースコード上ではコードブロックを形作る。繰り返し利用されるルーチン作業モジュールとしてまとめたもので、呼び出す側の「主」となるもの(メインルーチン)と対比して「サブルーチン」と呼ばれる。サブプログラム (subprogram) とも呼ぶ。


  1. ^ このためCは関数型言語である、としている文献などがあるが誤りである
  2. ^ 昔は返り値の型を書くのを省略すると、デフォルトとしてintを返すと解釈されたため、互換性を保つために、値を返さないことを明示しなければならない
  3. ^ http://perldoc.perl.org/perlsub.html には return statement とあるが、return 自体の解説は http://perldoc.perl.org/functions/return.html のように関数扱いになっている


「サブルーチン」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

サブルーチンに関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「サブルーチン」の関連用語

サブルーチンのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

画像から探す




サブルーチンのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2014 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2014 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリサブルーチンの記事を利用しております。
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのサブルーチン (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2014 Weblio RSS