酵素とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 化学 > 化学物質 > 酵素 > 酵素の意味・解説 

酵素

英訳・(英)同義/類義語:enzyme, Metabolic pathway

タンパク質のうちで、特に生体反応についての特異的触媒作用有するものの総称

酵素(コウソ)

タンパク質一種体内には数千種類もの酵素が存在化学反応の手助けをしています。

酵素(フィブリン分解酵素)

血液は、血管の外に出ると「フィブリン」という物質作用凝固する性質あります。ところが月経による出血は、子宮内膜はがれるときにいったんかたまるものの、「フィブリン分解酵素」と呼ばれる酵素のはたらきによって溶かされ、液状になって体外排出されるしくみとなっています。
ホルモン的に未熟場合、この酵素が十分にはたらかないので、経血がうまく分解されないことがあります出産経験したことのない若い女性月経痛は、狭い子宮口を、この血液かたまり通過するために起こるケース少なくありません。


酵素

Enzyme

【概要】 ある物質を他の物質変化させるときに触媒としてはたらく蛋白質変化する前の原料基質という。酵素反応は「くっつける=合成」と、「切る=分解」がある。反応自体で酵素は消費されず、一つ作業が終わると酵素は次の基質とりかかるまた、あまり大量エネルギーは必要でなく37度のような穏和環境反応が進む。 

【詳しく】 細胞の中ではたらく微量な酵素は、自動車工場の中でせっせと部品組み込む作業員のようである。酵素は間違いないよう基質構造のある部分認識して作業をする(=基質特異性)。HIV逆転写酵素RNAからDNAの複製をするはたらきがあるが、いいかげんな作業員で、よく間違った複製をしてしまう。これが変異株のできる原因と言われている。

《参照》 逆転写酵素プロテアーゼ変異耐性


酵素

【仮名】こうそ
原文enzyme

体内で起きる化学反応速度上げ蛋白

酵素【こうそ】

細胞内で作られて、体内化学反応代謝媒体 (なかだち) をするたんぱく質です。脂肪炭水化物消化促す酵素や、ホルモン神経組織バランスを整える代謝酵素があります

酵素

生物物質摂取してから排泄にいたるまで、生体内で起こる化学反応多く関与しており、生命維持活動不可欠です。生体内には極めて多く物質混在していますが、酵素は作用する物質をえり好みする性質特異性)と目的反応だけを進行させる性質選択性)を持つため、様々な化学変化秩序立って進みます。基本的には、タンパク質から構成されますが、カルシウムなどタンパク質以外のものを含んではじめ機能する場合あります。現在その働きが知られている酵素の種類は約4,000種類あり、酒や味噌などの発酵食品や、医薬品製造などに幅広く利用されています。

酵素 [Enzyme(s)]

 生体含まれるタンパク質で、生物が営むほとんど全ての反応(代謝)に係わり、その反応円滑に進めて生命維持に重要な役割をもっている。酵素自体反応前後変化しないから生体触媒ともいわれる生体内では細胞質膜細胞質内に多く血液などの体液にも含まれている。微生物ではその細胞の外へも産生される場合もある。また、本来存在すべき酵素が遺伝的にないため、種々の障害現れる酵素欠損症もある。
生体内のほとんどの代謝過程作用し、とくに発酵呼吸光合成をなどのエネルギー代謝をはじめ、核酸タンパク質多糖脂質やその他の種々の物質生合成分解反応あるいは物質膜輸送などに働くきわめて多種類の酵素が知られている。単一タンパク質場合もあるが、糖質脂質結合した複合体金属原子(亜鉛マンガンなど)を含む酵素もある。

酵素(こうそ)

生物がつくる蛋白質一種で、各種化学反応触媒をする。たとえば、α-アミラーゼ酸性プロテアーゼなど。

酵素(こうそ)

生物によってつくられた高分子物質で、それ自身変化せずに生物生きていくうえで必要な化学反応促進する性質触媒作用)を持ったものをいう。酵素の本体タンパク質であるので、有機触媒とも呼ばれる生命現象根源は酵素によって支配されている一連の化学反応基づいている。すなわち生物遺伝子染色体存在するデオキシリボ核酸(DNA)という物質であり、一つ遺伝子一つの酵素(タンパク質)をつくり出す鋳型役割をしている。酒類醸造は、微生物自分のためにつくった酵素を人間巧みに利用したものである。すなわち麹菌こうじきん)の生産する多種類の酵素のうち主にデンプン分解酵素の作用利用して穀類デンプン糖分変化させ、ついで酵母生産する一二種類アルコール発酵酵素系の作用利用して糖分アルコール変化させる。なお、アルコールのほか種種の風味成分もすべて微生物の酵素の作用でつくり出される。

酵素

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/08/08 04:07 UTC 版)

酵素(こうそ、: enzyme)とは、生体で起こる化学反応に対して触媒として機能する分子である。酵素によって触媒される反応を“酵素的”反応という。このことについて酵素の構造や反応機構を研究する古典的な学問領域が、酵素学 (こうそがく、: enzymology)である。




[ヘルプ]
  1. ^ "amylase", The Columbia Encyclopedia. 6th ed. Bartleby.com.
  2. ^ Theodor Schwann. Encyclopædia Britannica. 2007. Encyclopædia Britannica Online.
  3. ^ Harper, D (2001). "enzyme". Online Etymology Dictionary.
  4. ^ 徳重正信、「酵素」『世界大百科事典』(CD-ROM版、第2版)、日立デジタル平凡社、1998年。
  5. ^ Fischer E (1894). “Einfluss der Configuration auf die Wirkung der Enzyme”. Ber Dt Chem Ges 27: 2985-93. http://gallica.bnf.fr/ark:/12148/bpt6k90736r/f364.chemindefer. 
  6. ^ 1946 Nobel prize for Chemistry laureates at http://nobelprize.org
  7. ^ 1989 Nobel prize for Chemistrylaureates at http://nobelprize.org
  8. ^ Eisenmesser EZ, Bosco DA, Akke M, Kern D (2002). “Enzyme dynamics during catalysis”. Science 295: 1520-3.  PMID: 11859194.
  9. ^ Agarwal PK (2005). Role of protein dynamics in reaction rate enhancement by enzymes. journal=J Am Chem Soc. 127. pp. 15248-56.  PMID: 16248667.
  10. ^ Eisenmesser EZ, Millet O, Labeikovsky W, Korzhnev DM, Wolf-Watz M, Bosco DA, Skalicky JJ, Kay LE, Kern D (2005). “Intrinsic dynamics of an enzyme underlies catalysis”. Nature 438: 117-21.  PMID: 16267559.
  11. ^ "E.C." や "EC." と表記される例もある。
  12. ^ EC番号は酵素の特性によって分類されるので、同じ EC番号であっても異なる配列のタンパク質の酵素が含まれる。
  13. ^ 吉岡 政七, 遠藤 克己『新生化学ガイドブック』南江堂、1969年、82-119ページ。
  14. ^ a b c d 一島英治『酵素の化学』朝倉書店、1995年。ISBN 4-254-14555-1
  15. ^ Sang-Hwan Oh, Ganther HE, Hoekstra WG (1974). “Selenium as a Component of Glutathione Peroxidase Isolated from Ovine Erythrocytest”. Biochemistry 13: 1825-9.  [1]
  16. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u "Molecule of the Month" RCSB PDB
  17. ^ 長倉三郎他編「補欠分子族」『理化学辞典』5版、岩波書店、1998年。長倉三郎他編「補酵素」『理化学辞典』5版、岩波書店、1998年。
  18. ^ 『レーニンジャーの新生化学[上]』第4版、廣川書店、監修/山科郁男 編集/中山和久
  19. ^ 吉岡 政七, 遠藤 克己『新生化学ガイドブック』南江堂、1969年、89ページ。
  20. ^ 1,000cal/molが約4.2kJ/molに相当する。
  21. ^ 長倉三郎他編「代謝調節」 『理化学辞典』5版、岩波書店、1998年。
  22. ^ a b 今井誠一『味噌』農山漁村文化協会、2002年。27-29頁。
  23. ^ 夏目漱石 『吾輩ハ猫デアル』 上巻、大倉書店、1905年。119頁。
  24. ^ 荻原弘道 『日本栄養学史』 国民栄養協会、1960年。29頁。
  25. ^ 日本化学会近畿支部『もっと化学を楽しくする5分間』化学同人、2003年。117-118頁。ISBN 978-4759809398
  26. ^ 検索語「酵素」(日本薬局方データベース)
  27. ^ 消化酵素製剤 エクセラーゼ配合錠
  28. ^ 高機能バイオセンサー事業部会編『高機能バイオセンサー』化学工業日報社、2003年。ISBN 4-87326-429-4
  29. ^ T.A. Brown著、村松正實監訳『ゲノム 新しい生命情報システムへのアプローチ』メディカル・サイエンス・インターナショナル、2000年。ISBN 4-89592-237-5
  30. ^ Nitta I, Ueda T, Watanabe K (1998). “Possivble involvement of Escherichia coli 23S ribosomal RNA in peptide bond formation”. RNA 4: 257-67. 
  31. ^ Nitta I, Kamada Y, Noda H, Ueda T, Watanabe K (1998). “Reconstitution of peptide bond formation with Escherichia coli 23S ribosomal RNA domains”. Science 281: 666-9.  PMID: 9685252.
  32. ^ Scott WG, Klug A (1996). “Ribozymes: structure and mechanism in RNA catalysis”. Trends Biochem Sci 21: 351-5. 
  33. ^ Szathmary E, Smith JM (1993). “The evolution of chromosomes. II. Molecular mechanisms”. J Theoret Biol 164: 447-54. 
  34. ^ Csermely P (1997). “Proteins, RNAs and chaperones in enzyme evolution: a folding perspective”. Trends Biochem Sci 22: 147-9. 
  35. ^ Giovanna Ghirlanda, "Old enzymes, new tricks", Nature 453, 164-166 (2008). doi:10.1038/453164a



酵素

出典:『Wiktionary』 (2012/03/09 15:09 UTC 版)

名詞

こうそ

  1. 生化学触媒作用をもち、生化学反応関わる生体物質。主にタンパク質であるが、RNAにもリボザイム呼ばれる酵素活性を持つ分子種がある。

関連語

発音

こ↘ーそ
IPA: /??/
X-SAMPA: /??/

翻訳






酵素と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

酵素に関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「酵素」の関連用語

酵素のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

66モデル

幅木

ルブロッション

オニイグチ

心のケア

コリドラス ホワイトフィン

φ2.5 モノラルプラグ

オーバルホール





酵素のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2016 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
JabionJabion
Copyright (C) 2016 NII,NIG,TUS. All Rights Reserved.
Supplement Kuchikomi RankingSupplement Kuchikomi Ranking
(C)2016 All Rights Reserved. 健康食品のあり方を考える日本サプリメント評議会の運営です。
花王ロリエ花王ロリエ
Copyright © 1994-2016 KAO CORPORATION. All Rights Reserved.
中四国エイズセンター中四国エイズセンター
Copyright (C) 2016, Chugoku-Shikoku Regional AIDS Center
がん情報サイトがん情報サイト
Copyright ©2004-2016 Translational Research Informatics Center. All Rights Reserved.
財団法人先端医療振興財団 臨床研究情報センター
QUPiOQUPiO
Copyright © 2016 Healthcare Committee, Inc. all rights reserved
食品安全委員会食品安全委員会
Copyright © 2006 - 2016 Food Safety Commission. All Right Reserved.
微生物管理機構微生物管理機構
Microbes Control Organization Ver 1.0 (C)1999-2016 Fumiaki Taguchi
日本酒日本酒
(c)Copyright 1999-2016 Japan Sake Brewers Association
本格焼酎と泡盛本格焼酎と泡盛
Copyright (C) 日本酒造組合中央会 2016.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの酵素 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの酵素 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2016 Weblio RSS