染色体とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 生物 > 遺伝 > 染色体 > 染色体の意味・解説 

せん しょくたい [0] 【染色体】

真核生物細胞内にあって有糸核分裂の際に出現し,塩基性色素によく染まる小体染色質分裂時に染色糸となり,さらにこれが螺旋(らせん)状に幾重にも巻いて太くなったもの。生物種類や性によってその数・形は一定であり,遺伝や性の決定に重要な役割を果たす。現在では染色質も,原核生物ゲノムプラスミドなども染色体という。

染色体

染色体は、細胞中に存在し、細胞分裂のときに観察される棒状物質で、DNAヒストン結合した核タンパク質主体とし、塩基性色素ヘマトキシリンなど)によく染まる染色糸が密に巻いたらせん構造を持つ。細胞中のDNAのほとんどが染色体上に局在しており、遺伝情報担い手として重要である。染色体の大きさ形状、数などは生物種類固有である。人間染色体数は2本1組の23対、すなわち46である。放射線を受けると染色体異常生ずる。 放射線被ばく後、被ばく者の血液細胞放射線によって誘発される染色体異常頻度検査して被ばく線量推定されることがある

染色体

遺伝形質伝達遺伝子 1を介して行なわれ、遺伝子両親から子へと伝えられる。遺伝学 2は、遺伝因子伝達作用関わる科学である。遺伝子は、細胞位置するDNA(ディオキシリボ核酸)が糸状になって構成する染色体 3の上にある。染色体上の遺伝子位置遺伝子座 4呼ばれる同一遺伝子座占め遺伝子同一形質作用するが、その作用仕方はこの遺伝子座にある遺伝子様々な対立遺伝子 5それぞれに対応したものである。受胎(602-1)の過程二つ生殖細胞あるいは配偶子 6結合して形成する新し細胞は、接合子融合子) 7呼ばれる


染色体

英訳・(英)同義/類義語:chromosome, Cytogenetics; Karyotype

細胞内でDNAタンパク質形成した巨大複合体で、細胞分裂中期観察される構造を特にさすことが多い。細胞周期間期では染色体の構造見えずDNAタンパク質とまずヌクレオソーム形成し、これがさらにまとまってクロマチン繊維となとなった状態で内に存在すると考えられている。細胞分裂開始と共にこれがさらに折りたたまれて凝集し染色体が形成される。

染色体(細菌の)

同義/類義語:細菌ゲノム
英訳・(英)同義/類義語:bacterial chromosome

細菌ゲノムDNAをさすことが多い。細菌には真核生物の様な存在しないが、ゲノムDNA細胞内に一様に分布するのではなく特定の領域にとどまっており染色体とよぶ。

染色体

【英】: Chromosome
生物の体をつくりあげている細胞内部にあり、遺伝情報保存発現支配している。

染色体は、DNAタンパク質が集まった棒状構造体で、アルカリ性塩基色素によく染まることから「染色体」と名付けられた。生物体内一定の周期で起こる細胞分裂の際に染色体が観察でき、そのとき以外は染色質染色糸)とよばれる形がよくわからない構造をしている。

染色体の数や形は生物種類によって決まっている。たとえば人間では人種かかわらず46本で、チンパンジー48本、78本、アメリカザリガニ200本である。このように生物下等であるか高等であるかは染色体の数とは関係ないようである。また、染色体異常数的なもの、構造上など)があると先天性の疾患となる。

また、動物雄雌植物には常染色体の他に性別決定している性染色体存在する。
生物の体をつくりあげている細胞内部にあり、遺伝情報保存発現支配している。

染色体は、DNAタンパク質が集まった棒状構造体で、アルカリ性塩基色素によく染まることから「染色体」と名付けられた。生物体内一定の周期で起こる細胞分裂の際に染色体が観察でき、そのとき以外は染色質染色糸)とよばれる形がよくわからない構造をしている。

染色体の数や形は生物種類によって決まっている。たとえば人間では人種かかわらず46本で、チンパンジー48本、78本、アメリカザリガニ200本である。このように生物下等であるか高等であるかは染色体の数とは関係ないようである。また、染色体異常数的なもの、構造上など)があると先天性の疾患となる。

また、動物雄雌植物には常染色体の他に性別決定している性染色体存在する。
染色体
拡大表示

デオキシリボ核酸

細胞



遺伝

タンパク質


染色体

【仮名】せんしょくたい
原文chromosome

細胞の中で遺伝情報収納されている部分精子卵子を除くヒト全ての細胞46個の染色体をもっている。

染色体

扇形種細胞内の遺伝情報を担うDNAデオキシリボ核酸)が二重らせん状に組み合わされた糸状分子。数は生物によって一定している。人間場合、2n=46
ラン科植物の染色体数は、Guignardが1884~1886年に、Strasburger1888年調査して以来多く学者によって調べられた。

染色体

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/06/23 01:08 UTC 版)

染色体(せんしょくたい)は遺伝情報の発現と伝達を担う生体物質である。塩基性の色素でよく染色されることから、1888年にヴィルヘルム・フォン・ヴァルデヤー(Heinrich Wilhelm Gottfried von Waldeyer-Hartz)によって Chromosome と名付けられた。Chromo-ギリシャ語 χρῶμα (chroma) 「色のついた」に、-some は同じく σῶμα (soma) 「体」に由来する。


[ヘルプ]
  1. ^ Flemming, W (1882). Zellsubstantz, Kern und Zelltheilung. F.C.W. Vogel, Leipzig, Germany. 
  2. ^ Avery OT, Macleod CM, McCarty M (1944). “Studies on the chemical nature of the substance inducing transformation of Pneumococcal types: induction of transformation of a deoxyribonucleic acid fraction isolated from Pneumococcus type III”. J. Exp. Med. 79: 137-158. PMID 19871359. 
  3. ^ Hershey AD, Chase M (1952). “Independent functions of viral protein and nucleic acid in growth of bacteriophage”. J. Gen. Physiol. 36: 39-56. PMID 12981234. 
  4. ^ Watson JD, Crick FH (1953). “Molecular structure of nucleic acids; a structure for deoxyribose nucleic acid”. Nature 171: 737-738. PMID 13054692. 
  5. ^ Olins AL, Olins DE (1974). “Spheroid chromatin units (v bodies)”. Science 183: 330-332. PMID 4128918. 
  6. ^ Kornberg RD (1974). “Chromatin structure: a repeating unit of histones and DNA”. Science 184: 868-871. PMID 4825889. 
  7. ^ Blackburn EH, Gall JG (1978). “A tandemly repeated sequence at the termini of the extrachromosomal ribosomal RNA genes in Tetrahymena”. J. Mol. Biol. 120: 33-53. PMID 642006. 
  8. ^ Clarke L, Carbon J (1980). “Isolation of a yeast centromere and construction of functional small circular chromosomes”. Nature 287: 504-509. PMID 6999364. 
  9. ^ Brownell JE, Zhou J, Ranalli T, Kobayashi R, Edmondson DG, Roth SY, Allis CD (1996). “Tetrahymena histone acetyltransferase A: a homolog to yeast Gcn5p linking histone acetylation to gene activation”. Cell 84: 843-851. PMID 8601308. 
  10. ^ Taunton J, Hassig CA, Schreiber SL (1996). “A mammalian histone deacetylase related to the yeast transcriptional regulator Rpd3p”. Science 272: 408-411. PMID 8602529. 
  11. ^ Luger K, Mäder AW, Richmond RK, Sargent DF, Richmond TJ (1997). “Crystal structure of the nucleosome core particle at 2.8 A resolution”. Nature 389: 251-260. PMID 9305837. 



染色体

出典:『Wiktionary』 (2012/02/06 18:20 UTC 版)

名詞

染色 せんしょくたい

  1. 遺伝情報を担う物質遺伝子コードするDNAを含む。

発音

せんしょくたい
IPA: /senɕokɯtai/

派生語

翻訳






染色体と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

染色体に関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「染色体」の関連用語

染色体のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

改良型沸騰水型原子炉

確率的影響

国際単位系

核燃料輸送物

美浜2号機蒸気発生器伝熱管破断事故

核燃料サイクル

原子炉圧力容器

DSM





染色体のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2017 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
文部科学省文部科学省
Copyright (C) 2017 文部科学省 All rights reserved.
環境防災Nネットホームページ原子力防災基礎用語集
コンテンツはAttribution-Share Alike 3.0 Unportedのライセンスで利用することができます。
JabionJabion
Copyright (C) 2017 NII,NIG,TUS. All Rights Reserved.
バイテクコミュニケーションハウスバイテクコミュニケーションハウス
copyright© communication house of biotechnology
農林水産省
がん情報サイトがん情報サイト
Copyright ©2004-2017 Translational Research Informatics Center. All Rights Reserved.
財団法人先端医療振興財団 臨床研究情報センター
Park TownPark Town
(C)ParkTown H&M
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの染色体 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの染色体 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2017 Weblio RSS