ポリマーとは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 化学 > 化合物 > ポリマー > ポリマーの意味・解説 

ポリマー

読み方ぽりまー
【英】: polymer

有機化合物分子重合して生成する化合物をポリマー(重合体)という。基本になる分子モノマーmonomer単量体)といい、モノマー何分重合するかによって二量体三量体四量体などという。例えば、エチレン(H2C=CH2)が重合したものポリエチレン(H2C=CH2n と呼ばれ、石油化学代表的製品一つである。ポリマーのなかでも重合度それほど大きくなく、一般に分子量が 1,00010,000 程度液体またはグリース状のポリマーを特にオリゴマーと呼ぶこともある。

ポリマー

Polymer(高分子重合体)。ポリとは「多数」を意味する接頭語で、マーとは高分子化合物の1個の分子形成する繰返し単位のこと。したがってポリマーとは多数繰返し単位からなるものを意味し、重合体のことである。数多く繰り返された非常に大きな分子量を持つ重合体高分子という。普通取り扱う高分子分子量1万から数百程度のものが多い。高分子集合体高分子化合物または高分子物質である。これを一般的にプラスチックという。

ポリマー

重合したもので、高分子全体を指す言葉

ポリマー

構造中に鎖が連なるように、多数繰り返し単位を含む高分子量化合物をポリマーという。製品としてはブラスチックや合成繊維などがある。ポリマーは化合物同士が固く結び付いているため、とても安定した状態にあるといえる

ポリマー

英訳・(英)同義/類義語:polymer

同一分子群(単量体)が、多数重合して構成された分子総称

ポリマー


ポリマー


アクリルパウダー(ポリマー)

スカルプチャーの元となる粉。アクリル樹脂の元となるパウダー。アクリルリキッドと混ぜてミクスチャー呼ばれるアクリル樹脂作り出す

重合体

(ポリマー から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/10/03 00:37 UTC 版)

重合体(じゅうごうたい)またはポリマー: polymer)とは、複数のモノマー(単量体)が重合する(結合して鎖状や網状になる)ことによってできた化合物のこと。このため、一般的には高分子有機化合物である。現在では、高分子と同義で用いられることが多くなっている。ポリマー(polymer)の poly- は接頭語で「たくさん」を意味する。




  1. ^ A.J. Kovacs, J.J. Aklonis, J.M. Hutchinson, and A.R. Ramos (1979). “Isobaric volume and enthalpy recovery of glasses. II. A transparent multiparameter theory”. Journal of Polymer Science Part B: Polymer Physics 17 (7): 1097-1162. doi:10.1002/pol.1979.180170701. http://onlinelibrary.wiley.com/doi/10.1002/pol.1979.180170701/full. 
  2. ^ a b A.J. Kovacs (1958). “La contraction isotherme du volume des polymhres amorphes”. Journal of Polymer Science Part A: Polymer Chemistry 30 (121): 131-147. doi:10.1002/pol.1958.1203012111. http://onlinelibrary.wiley.com/doi/10.1002/pol.1958.1203012111/abstract. 
  3. ^ M. Goldstein and M. Nakoneezny (1965). European Journal of Glass Science and Techology. Part B. Physics and Chemistry of Glasses 6: 171-194. 
  4. ^ H. Suga, and S. Seki (1974). “Thermodynamic investigation on glassy states of pure simple compounds”. Journal of Non-Crystalline Solids 16 (2): 171-194. doi:10.1016/0022-3093(74)90123-9. http://www.sciencedirect.com/science/article/pii/0022309374901239. 
  5. ^ L.C.E. Struik (1878). Physical Aging in Amorphous Polymers and Other Materials. Elsevier, Amsterdam. 
  6. ^ a b c d e f 小澤美奈子 『基礎高分子化学』 社団法人高分子学会、東京化学同人、東京、2006年ISBN 978-4-8079-0635-2
  7. ^ A. J. Kovacs (1963). “Transition vitreuse dans les polymères amorphes. Etude phénoménologique”. Fortschritte der hochpolymeren-forschung 3: 394. doi:10.1007/BFb0050366. https://link.springer.com/chapter/10.1007/BFb0050366. 
  8. ^ H. Yoshida (1995). “Relationship between enthalpy relaxation and dynamic mechanical relaxation of engineering plastics”. Thermochimica Acta 266 (15): 119-127. doi:10.1016/0040-6031(95)02437-9. http://www.sciencedirect.com/science/article/pii/0040603195024379. 
  9. ^ 吉田博久 (1986). “高分子ガラスのエンタルピー緩和”. 熱測定 13 (4): 191. doi:10.11311/jscta1974.13.191. http://www.netsu.org/j+/Jour_J/pdf/13/13-4-191.pdf. 
  10. ^ 吉田博久 (1988). “エンジニアリングプラスチックスのエンタルピー緩和過程の解析”. 熱測定 15 (2): 65-69. doi:10.11311/jscta1974.15.65. https://www.jstage.jst.go.jp/article/jscta1974/15/2/15_2_65/_article/-char/ja/. 
  11. ^ a b c d 吉田博久 (1996). “非晶性高分子のエンタルピー緩和とフラジリティ”. 高分子論文集 53 (12): 874-876. doi:10.1295/koron.53.874. https://www.jstage.jst.go.jp/article/koron1974/53/12/53_12_874/_article/-char/ja/. 
  12. ^ G. Williams and D.C. Watts (1970). “Non-symmetrical dielectric relaxation behaviour arising from a simple empirical decay function”. Transactions of the Faraday Society 66 (0): 80. doi:10.1039/TF9706600080. http://pubs.rsc.org/en/Content/ArticleLanding/1970/TF/tf9706600080. 
  13. ^ 榮永 義之 (2010年4月4日). “高分子流変学 (PDF)”. 2014年5月25日閲覧。
  14. ^ 成沢郁夫 『繊維やフィルムの性質をしらべる、繊維・高分子測定法の技術』 繊維学会、朝倉書店、1985年
  15. ^ Teruo Fujimoto, Noriyoshi Ozaki and Mitsuru Nagasawa (1968). “Stress relaxation of monodisperse poly-α-methylstyrene”. Journal of Polymer Science Part A-2: Polymer Physics 6 (1): 129-140. doi:10.1002/pol.1968.160060106. http://onlinelibrary.wiley.com/doi/10.1002/pol.1968.160060106/full. 
  16. ^ 五十野善信「動的粘弾性とは何か」、『日本ゴム協会誌』第74巻第6号、2001年、 212-217頁、 doi:10.2324/gomu.74.212
  17. ^ 梶山千里 『講座・レオロジー』 レオロジー学会、高分子刊行会、1992年、96頁。
  18. ^ 田村 幹雄, 倉田 道夫, 小高 忠男, 山本 三三三「ワイセンベルク効果について」、『材料試験』第6巻第43号、1957年、 227-231頁、 doi:10.2472/jsms1952.6.227
  19. ^ Lawrence E. Nielsen 『高分子の力学的性質』 小野木重治訳、化学同人、1965年
  20. ^ a b Thor L. Smith (1958). “Dependence of the ultimate properties of a GR-S rubber on strain rate and temperature”. Journal of Polymer Science Part A: Polymer Chemistry 32 (124): 99-113. doi:10.1002/pol.1958.1203212409. http://onlinelibrary.wiley.com/doi/10.1002/pol.1958.1203212409/abstract. 
  21. ^ a b Thor L. Smith (1963). “Ultimate tensile properties of elastomers. I. Characterization by a time and temperature independent failure envelope”. Journal of Polymer Science Part A: Polymer Chemistry 1 (12): 3597–3615. doi:10.1002/pol.1963.100011207. http://onlinelibrary.wiley.com/doi/10.1002/pol.1963.100011207/full. 
  22. ^ a b D. H. Kaelble (April 1965). “Dynamic and tensile properties of epoxy resins”. Journal of Applied Polymer Science 9 (4): 1213–1225. doi:10.1002/app.1965.070090403. http://onlinelibrary.wiley.com/doi/10.1002/app.1965.070090403/full. 
  23. ^ a b c F. Bueche & J. C. Halpin (1964). “Molecular Theory for the Tensile Strength of Gum Elastomers”. Journal of Applied Physics 35 (1): 36. doi:10.1063/1.1713095. http://aip.scitation.org/doi/abs/10.1063/1.1713095. 
  24. ^ a b “Fracture of Amorphous Polymeric Solids: Time to Break”. Journal of Applied Physics 35 (11): 3133. (1964). doi:10.1063/1.1713191. http://aip.scitation.org/doi/abs/10.1063/1.17131911.1713095. 
  25. ^ Thor L. Smith (1965). E. H. Lee. ed. Proceedings of the 4th International Congress on Rheology, Part 2. New York: Interscience. 
  26. ^ Kamei, Eiichi; Onogi, Shigeharu (1975). “Extensional and fractural properties of monodisperse polystyrenes at elevated temperatures”. Applied Polymer Symposia 27: 19–46. doi:10.1295/polymj.8.347. https://www.nature.com/pj/journal/v8/n4/abs/pj197650a.html. 
  27. ^ 升田 利史郎, 桐栄 敬二, 来田村 実信, 小野木 重治 (1981). “スチレンーブタジエン・ブロック共重合体の伸長特性”. 日本レオロジー学会誌 9 (2): 77-82. doi:10.1678/rheology1973.9.2_77. https://www.jstage.jst.go.jp/article/rheology1973/9/2/9_77/_article/-char/ja/. 
  28. ^ E. Kamei and S. Onogi (1976). “Extensional and Fractural Properties of Concentrated Solutions of Monodisperse Polystyrene at Elevated Temperatures”. Polymer Journal 8: 347-362. doi:10.1295/polymj.8.347. https://www.nature.com/pj/journal/v8/n4/abs/pj197650a.html. 
  29. ^ I. H. Hall (October 1961). “The effect of temperature and strain rate on the stress-strain curve of oriented isotactic polypropylene”. Journal of Polymer Science Part A: Polymer Chemistry 54 (160): 505–522. doi:10.1002/pol.1961.1205416015. http://onlinelibrary.wiley.com/doi/10.1002/pol.1961.1205416015/full. 
  30. ^ a b 齋藤 隆則 (1984). “高分子材料の破損包絡線に関するモデル理論”. 高分子論文集 41 (1): 19-27. doi:10.1295/koron.41.19. https://www.jstage.jst.go.jp/article/koron1974/41/1/41_1_19/_article/-char/ja/. 
  31. ^ 古川淳二 (1979). 高性能エラストマーの開発. 東京: 大成社. pp. 50. 
  32. ^ 畑敏雄 (1968). “粘弾性体の破壊の理論”. 材料 17 (175): 322-325. doi:10.2472/jsms.17.322. https://www.jstage.jst.go.jp/article/jsms1963/17/175/17_175_322/_article/-char/ja/. 
  33. ^ 畑敏雄 (1968). L. H. Lee. ed. Recent Advances in Adhesion. London: Gordon and Breach. pp. 269. 
  34. ^ a b 根岸 道治, 伊東 平八郎 (1951). “纎維の衝撃引張りに關する研究(第3報) 天然,再生及び合成纎維の衝撃破壞エネルギーに及す衝撃速度の影響”. 繊維学会誌 7 (6): 306-308. doi:10.2115/fiber.7.306. https://www.jstage.jst.go.jp/article/fiber1944/7/6/7_6_306/_article/-char/ja/. 
  35. ^ R. N. Haward (1948). “The Fracture of Squares of Transparent Plastic Sheeting under Impact at Different Velocities”. Journal of the Society of Glass Technology 32: 211-215. 
  36. ^ a b D. R. Morey (1945). “Impact Testing of Plastics”. Industrial & Engineering Chemistry 37 (3): 255–263. doi:10.1021/ie50423a017. http://pubs.acs.org/doi/abs/10.1021/ie50423a017. 
  37. ^ D. S. Villars (1950). “Ultra Speed Tensile of Rubber and Synthetic Elastomers”. Journal of Applied Physics 21 (6): 565. doi:10.1063/1.1699708. http://aip.scitation.org/doi/abs/10.1063/1.1699708. 
  38. ^ a b c d 伊東 平八郎 (1954). “高分子の衝撃破壊現象”. 高分子 3 (5): 242-245. doi:10.1295/kobunshi.3.242. https://www.jstage.jst.go.jp/article/kobunshi1952/3/5/3_5_242/_article/-char/ja/. 
  39. ^ 根岸 道治, 伊東 平八郎 (1952). “酢酸繊維素繊維の衝撃破壊挙動に及ぼす衝撃速度及び温度の影響について”. 高分子化學 9 (92): 426-433. doi:10.1295/koron1944.9.92_426. https://www.jstage.jst.go.jp/article/koron1944/9/92/9_92_426/_article/-char/ja/. 
  40. ^ 伊東 平八郎『高分子学会』1953年
  41. ^ a b C. A. Sperati, W. A. Franta, H. W. StarkweatherJr. (1953). “The Molecular Structure of Polyethylene. V. The Effect of Chain Branching and Molecular Weight on Physical Properties”. Journal of the American Chemical Society 75 (24): 6127–6133. doi:10.1021/ja01120a009. http://pubs.acs.org/doi/abs/10.1021/ja01120a009. 
  42. ^ Howard W. Starkweather Jr., George E. Moore, John E. Hansen, Thomas M. Roder, Richard E. Brooks (August 1956). “Effect of crystallinity on the properties of nylons”. Journal of Polymer Science Part A: Polymer Physics 21 (98): 189–204. doi:10.1002/pol.1956.120219803. http://onlinelibrary.wiley.com/doi/10.1002/pol.1956.120219803/full. 
  43. ^ S. M. Ohlberg, J. Roth and R. A. V. Raff (January/February 1959). “Relationship between impact strength and spherulite growth in linear polyethylene”. Journal of Applied Polymer Science 1 (1): 114–120. doi:10.1002/app.1959.070010118. http://onlinelibrary.wiley.com/doi/10.1002/app.1959.070010118/abstract. 
  44. ^ C. F. Hammer, T. A. Koch, J. F. Whitney (March/April 1959). “Fine structure of acetal resins and its effect on mechanical properties”. Journal of Applied Polymer Science 1 (2): 169–178. doi:10.1002/app.1959.070010207. http://onlinelibrary.wiley.com/doi/10.1002/app.1959.070010207/abstract. 
  45. ^ 植松 市太郎 (1960). “高分子の結晶性と強さ”. 高分子 9 (7): 485-488. doi:10.1295/kobunshi.9.485. https://www.jstage.jst.go.jp/article/kobunshi1952/9/7/9_7_485/_article/-char/ja/. 
  46. ^ a b 深堀 美英 (1982). “高分子材料へのフラクトグラフィーの導入”. 日本ゴム協会誌 55 (2): 82-103. doi:10.2324/gomu.55.82. https://www.jstage.jst.go.jp/article/gomu1944/55/2/55_2_82/_article/-char/ja/. 
  47. ^ 石丸暁「高分子材料の力学的疲労に関する動的粘弾性による評価」、『日本ゴム協会誌』第71巻第11号、1998年、 662-669頁、 doi:10.2324/gomu.71.662
  48. ^ a b 藤本邦彦「疲労」、『日本ゴム協会誌』第38巻第10号、1965年、 843-853頁、 doi:10.2324/gomu.38.843
  49. ^ 佐藤良泰「粒子分散状のポリマーブレンドやブロック共重合体などの不均質物体の力学的解析法II 粒子界面に異質層や空隙ができる場合の内部場から導いた弾性率や構成方程式」、『日本ゴム協会誌』第58巻第2号、1985年、 101-108頁、 doi:10.2324/gomu.58.101
  50. ^ a b 藤本 邦彦, 西 敏夫「充てん剤系加硫ゴムの構造と力学的刺激による構造変化」、『日本ゴム協会誌』第43巻第6号、1970年、 465-476頁、 doi:10.2324/gomu.43.465
  51. ^ 藤本 邦彦, 御船 直人「三次元応力疲労におけるゴムの力学分散の形態の変化」、『日本ゴム協会誌』第59巻第10号、1986年、 584-589頁、 doi:10.2324/gomu.59.584
  52. ^ a b Motowo Takayanagi, Masatsugu Yoshino, Shunsuke Minami (September 1962). “State of crystallization of polyethylene terephthalate determined by the viscoelastic absorptions”. Journal of Polymer Science 61 (171): S7–S10. doi:10.1002/pol.1962.1206117129. http://onlinelibrary.wiley.com/doi/10.1002/pol.1962.1206117129/abstract. 
  53. ^ a b 石丸 暁, 松村 澄子, 秋葉 光雄「加硫ゴムの熱劣化および動的疲労に関する動的粘弾性による評価」、『日本ゴム協会誌』第69巻第10号、1996年、 693-700頁、 doi:10.2324/gomu.69.693
  54. ^ 和田八三久 『高分子の固体物性』 培風館、1971年、260頁。
  55. ^ 矢野 興紀, 和田 八三久「高分子科学最近の進歩」、『高分子』第30巻第9号、1981年、 705-710頁、 doi:10.1295/kobunshi.30.705
  56. ^ Kazuharu Shimizu, Okimichi Yano, Yasaku Wada, Yasuaki Kawamura (1973). “Dielectric and ultrasonic studies of the δ-relaxation of poly(ethyl methacrylate)”. Journal of polymer science Part B Polymer Physics 11 (8): 1641–1652. doi:10.1002/pol.1973.180110812. http://onlinelibrary.wiley.com/doi/10.1002/pol.1973.180110812/full. 
  57. ^ a b W. A. Phillips (10 November 1970). “Restricted access Low Temperature Dielectric Relaxation in Polyethylene and Related Hydrocarbon Polymers”. Proceedings of the royal society A 319 (1539): 565. doi:10.1098/rspa.1970.0193. http://rspa.royalsocietypublishing.org/content/319/1539/565. 
  58. ^ a b Okimichi Yano, Koichiro Saiki, Seigo Tarucha, Yasaku Wada (January 1977). “Dielectric loss of polyethylene below 4.2°K arising from proton tunneling”. Journal of polymer science Part B Polymer Physics 15 (1): 43-57. doi:10.1002/pol.1977.180150104. 
  59. ^ G Frossati and J leG Gilchrist (Dec 1977). “Oxidised polyethylene as a paraelectric”. Journal of Physics and Chemistry of Solids 10 (18): 509-516. doi:10.1016/0022-3697(77)90184-6. https://www.researchgate.net/publication/243305270_Oxidised_polyethylene_as_a_paraelectric. 
  60. ^ R. A. J. Carson (06 March 1973). “Low-Temperature Dielectric Relaxation in Polyethylene”. Proceedings of the royal society A 332 (1589): 255-268. doi:10.1098/rspa.1973.0024. http://rspa.royalsocietypublishing.org/content/332/1589/255. 
  61. ^ John Le G. Gilchrist (1773-1787). “Low-temperature dielectric spectrum of thermally oxidized polyethylene”. Journal of polymer science Part B Polymer Physics 16 (10): October 1978. doi:10.1002/pol.1978.180161006. http://onlinelibrary.wiley.com/doi/10.1002/pol.1978.180161006/full. 
  62. ^ Okimichi Yano, Takaya Kamoshida, Shigehiro Sekiyama, Yasaku Wada (679–688). “Dielectric loss of high-density polyethylene below 4.2°K”. Journal of polymer science Part B Polymer Physics 16 (4): April 1978. doi:10.1002/pol.1978.180160409. http://onlinelibrary.wiley.com/doi/10.1002/pol.1978.180160409/full. 
  63. ^ a b Okimichi Yano, Susumu Saito, Yoshio Sato, Toshifumi Takeda, Atsushi Tanaka, Yasaku Wada (February 1981). “Dielectric loss of polyethylene at very low temperatures in the frequency range from 1 kHz to 100 MHz”. Journal of polymer science Part B Polymer Physics 19 (2): 221–227. doi:10.1002/pol.1981.180190204. http://onlinelibrary.wiley.com/doi/10.1002/pol.1981.180190204/full. 
  64. ^ R. A. Thomas and C. N. King (1975). “Low−temperature dielectric loss in polyethylene”. Applied Physics Letters 26 (7): 406. doi:10.1063/1.88196. http://aip.scitation.org/doi/abs/10.1063/1.88196. 
  65. ^ J. leG. Gilchrist (May 1979). “Low temperature dielectric loss due to antioxidants in polyethylene”. Cryogenics 19 (5): 281-284. doi:10.1016/0011-2275(79)90144-9. http://www.sciencedirect.com/science/article/pii/0011227579901449?via%3Dihub. 
  66. ^ J. Williams, A. Eisenberg (1978). “Methyl Group Tunneling and Viscoelastic Relaxation in Poly(methyl methacrylate)”. Macromolecules 11 (4): 700–707. doi:10.1021/ma60064a017. http://pubs.acs.org/doi/abs/10.1021/ma60064a017. 
  67. ^ Kazuharu Shimizu, Okimichi Yano, Yasaku Wada (December 1975). “Dielectric relaxations in polymers with pendent phenyl or pyridine groups at temperatures from 4°K to 80°K”. Journal of polymer science Part B Polymer Physics 13 (12): 2357–2368. doi:10.1002/pol.1975.180131210. http://onlinelibrary.wiley.com/doi/10.1002/pol.1975.180131210/full. 
  68. ^ a b c 古川 猛夫「高分子科学最近の進歩」、『高分子』第36巻第12号、1987年、 868-871頁、 doi:10.1295/kobunshi.36.868
  69. ^ R. Hasegawa, Y. Takahashi, Y. Chatani and H. Tadokoro (1972). “Crystal Structures of Three Crystalline Forms of Poly(vinylidene fluoride)”. Polymer Journal 3: 600-610. doi:10.1295/polymj.3.600. http://www.nature.com/pj/journal/v3/n5/abs/pj197275a.html. 
  70. ^ Y. Takahashi, Y. Nakagawa, H. Miyaji, K. Asai「Direct evidence for ferroelectric switching in poly(vinylidene fluoride) and poly(vinylidene fluoride-trifluoroethylene) crystals」、『Journal of Polymer Science Part C: Polymer Letters』第25巻第4号、April 1987 1987、 153頁、 doi:10.1002/pol.1987.140250402
  71. ^ R. Al‐Jishi and P. L. Taylor「Equilibrium polarization and piezoelectric and pyroelectric coefficients in poly(vinylidene fluoride)」、『Journal of Applied Physics』第57巻第3号、1985年、 902頁、 doi:10.1063/1.334690
  72. ^ 千葉 明夫「II.興味ある話題 : 強誘電性高分子 (<特集> 高分子物理)」、『日本物理学会誌』第42巻第4号、1987年、 343-346頁、 doi:10.11316/butsuri1946.42.343
  73. ^ 川辺和夫 (1971). 強誘電体. 共立出版. pp. 156. 
  74. ^ a b 古川 猛夫 (1984). “高分子強誘電体におけるスイッチング現象”. 応用物理 53 (9): 752-760. doi:10.11470/oubutsu1932.53.752. https://www.jstage.jst.go.jp/article/oubutsu1932/53/9/53_9_752/_article/-char/ja/. 
  75. ^ H. Dvey-Aharon, T. J. Sluckin, P. L. Taylor and A.J. Hopfinger (15 April 1980). “Kink propagation as a model for poling in poly(vinylidene fluoride)”. Physical Review B 21 (8): 3700. doi:10.1103/PhysRevB.21.3700. https://journals.aps.org/prb/abstract/10.1103/PhysRevB.21.3700. 
  76. ^ T Furukawa, M Date, E Fukada「Hysteresis phenomena in polyvinylidene fluoride under high electric field」、『Journal of Applied Physics』第51巻第2号、1980年、 1135-1141頁、 doi:10.1063/1.327723
  77. ^ K. Matsushige, S. Imada and T. Takemura (1981). “Temperature Effect on Ferroelectric Polarization Switching in Poly(vinylidene fluoride)”. Polymer Journa 13: 493-499. doi:10.1295/polymj.13.493. http://www.nature.com/pj/journal/v13/n5/abs/pj198162a.html. 
  78. ^ Y. Takase and A. Odajima (1983). “γ-Ray Radiation-Induced Changes in Switching Current of Polyvinylidene Fluoride”. Japanese Journal of Applied Physics 22 (Part 2, Number 5): 318. doi:10.1143/JJAP.22.L318. http://iopscience.iop.org/article/10.1143/JJAP.22.L318. 
  79. ^ 湯浅公洋『第14回液晶討論会, 仙台』Sep. 29(1988)。
  80. ^ a b 関谷 隆司, 川嵜 健次「強誘電性高分子液晶の電場応答性」、『高分子』第40巻第7号、1991年、 454-457頁、 doi:10.1295/kobunshi.40.454
  81. ^ 柿沢 紀世雄「特許から見た導電性ゴム, プラスチック」、『日本ゴム協会誌』第58巻第9号、1985年、 553-560頁、 doi:10.2324/gomu.58.553
  82. ^ 吉野 勝美「新しい機能素材としての導電性高分子」、『化学』第40巻第5号、1985年、 317頁。
  83. ^ a b c 倉本 憲幸「導電性高分子の特徴と用途」、『日本ゴム協会誌』第80巻第5号、2007年、 184-190頁、 doi:10.2324/gomu.80.184
  84. ^ a b c d e 吉野 勝美「第3章 高分子導電材料」、『電氣學會雜誌』第105巻第11号、1985年、 1050-1053頁、 doi:10.11526/ieejjournal1888.105.1050
  85. ^ 丹羽 利夫, 中山 四郎「プラスチックが電気を通す-導電性高分子-」、『電氣學會雜誌』第110巻第9号、1990年、 773-776頁、 doi:10.11526/ieejjournal1888.110.773







ポリマーと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

ポリマーに関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「ポリマー」の関連用語

ポリマーのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

Microsoft Comfort Mouse 4500

ボランズ方式

スプリッタ

減価償却

エリートパナボード

ジャッキアップ・リグ

Adamo XPS

ディファレンシャル・エントラップメント





ポリマーのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2017 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
JOGMECJOGMEC
Global Disclaimer(免責事項)
本資料は石油天然ガス・金属鉱物資源機構(以下「機構」)石油・天然ガス調査グループが信頼できると判断した各種資料に基づいて作成されていますが、 機構は本資料に含まれるデータおよび情報の正確性又は完全性を保証するものではありません。 また、本資料は読者への一般的な情報提供を目的としたものであり、何らかの投資等に関する特定のアドバイスの提供を目的としたものではありません。 したがって、機構は本資料に依拠して行われた投資等の結果については一切責任を負いません。 なお、本資料の図表類等を引用等する場合には、機構資料からの引用である旨を明示してくださいますようお願い申し上げます。
※Copyright (c) 2017 Japan Oil, Gas and Metals National Corporation. All Rights Reserved.
このホームページに掲載されている記事・写真・図表などの無断転載を禁じます。
プラスチック処理促進協会プラスチック処理促進協会
Copyright(C) Plastic Waste Management Institute All Rights Reserved.
接着剤ツールファースト接着剤ツールファースト
© 2017 TOOLFIRST. All Rights Reserved.
SUUMO(スーモ)SUUMO(スーモ)
COPYRIGHT 2017 RECRUIT CO.,LTD
リクルート SUUMO(スーモ)住宅用語大辞典
JabionJabion
Copyright (C) 2017 NII,NIG,TUS. All Rights Reserved.
スターネイル・ジャパンスターネイル・ジャパン
Copyright (C) 2017 STAR NAIL JAPAN . All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの重合体 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS